ビスケットの缶

タグ:アメリカ生活 ( 41 ) タグの人気記事

c0033994_00110671.jpg
日本では、横浜の赤レンガ倉庫でアイススケートをしました。

時差ボケも良くなり、日常が戻ってきました。
日本から帰って数日たったころ、ハイスクールのお兄ちゃんが、
「昨日、僕ベッドの中でどうしてたと思う?」
と言いました。
不意な質問に???の私に、
「僕、泣いてたんだよ。
じいじとばあばに会いたいなーって。
日本にいたのが夢みたい」
幾つになっても変わらないお兄ちゃんです。
弟くんも、
「日本に住みたいなー」
と言う呟きもやっと少し減ってきて、みんな日常へと戻ってきました。
c0033994_00150656.jpg
c0033994_00272359.jpg
チームブライアンならぬチームシナモン(笑)

by cinnamonspice | 2019-01-16 00:09 | こども | Comments(0)

ただいま

c0033994_14240094.jpg
 アメリカに戻りました。
 家に帰ってほっとしたのもつかの間、空港から家に使ったUberにお兄ちゃんがiPhoneを置いてきたと言うので大慌て。(なんとか返ってきました。)
 飛行機は午前中着でしたが、お昼も食べる時間もなくそんなことをしてたら気がついたら日が暮れて、モカや魚たちも預かってくれていた友人宅からピックアップを済ませたら1日が過ぎていました。ふう。長い1日でした。
でも今年は私はおみくじが大吉だったし何はともあれ一件落着。

by cinnamonspice | 2019-01-06 14:23 | 今日のおやつ | Comments(0)

Thanksgiving 2018

c0033994_12075635.jpg

今年も我が家のサンクスギビングは好きなものをあれこれつまみながら食い倒れがテーマ。
c0033994_12081384.jpg

c0033994_12162779.jpeg
前菜はチーズをあれこれとスモークサーモンのマリネ。
c0033994_12154362.jpeg
きのこのスープ
c0033994_12170131.jpeg
メインはバジルソースを添えたラムチョップ。
我が家はターキーは焼きません。(ターキーはいつもお友達の家でごちそうになるのが定番です。笑)
家ごはんは帰りの心配もないのがうれしい。
駆け足で過ぎていくホリデーシーズンはサンクスギビングで一息いれてまた走り出します。
翌日はBlack Fridayの買い物へ。
今はオンラインでも済ませられるけれど、お祭り的イベント気分で長い車の列、人の波を縫いながら出かけました。
町はサンクスギビングから一夜明けてクリスマス一色に染まります。
モールの大きなクリスマスツリーや電飾のデコレーション、この季節ならではのきらきらとした空気を感じながらのお買い物が楽しみの一つです。
c0033994_12271051.jpeg

by cinnamonspice | 2018-11-28 12:13 | まいにちのこと | Comments(0)

余韻

c0033994_09390714.jpg

クリスマスのオーナメントはいろんな人の夢を映して輝くシャボン玉のようで、眺めているだけで幸せな気もちになるので、蚤の市で見つけるとついつい買い求めるアイテム。
特にヴィンテージのものは、今のものにないのんびりとした空気が魅力的です。
静かな雪の夜(クリスマスイヴかな)を描いたクリスマスオーナメント。しんしんと積もる雪と、それを照らす月と星。とても静かだけど美しい風景を描いたオーナメントです。

 羽生選手のロステレコム杯での優勝の余韻からまだ抜け出せずにいます。羽生選手の演技は、みんなに夢を見せてくれるようなところが見る人を惹きつけるように思います。シーズンを通じて同じプログラムを滑るけれど、試合のたびに違う輝きを見せてくれるプログラムは夢のような時間です。
 今季世界最高得点を出した美の結晶のようなSP「Otonal」、指の先まで魂のこもった芸術的なFS「Origin」、怪我という苦しい出来事もあったけれど、表彰式の羽生選手の表情を見て、怪我をおしてもどうしても羽生選手が滑りたかったロシアの地でつかんだ優勝を喜びたいという気持ちになりました。 
 このロステレコム杯で、かつてライバルだったプルシェンコさんのプログラムの曲で滑る羽生選手のFS演技をを、ヤグディンさんが解説席でタラソワさんと祈るように見守る動画を見て、とても心温まる思いがしました。それだけでなく、観客席の”We are always together with you”のバナーや、”Yuzu we love you from all over the world”のバナーなど、羽生選手は日本だけでなく世界中から愛されていて、その愛でファンをはじめタラソワさんんもヤグディンさんもプルシェンコさんも、スケートを愛する人がみんなが手と手をつないでいるような、目に見えない絆のようなものを感じました。競技なのに、羽生選手の演技を見る人々はみんな国境を越えて言葉にしなくても「愛」という連帯感で繋がっている、そんな感動的なFSでした。
 今は周りからいろんな声があって、いろいろ考えることがあるかもしれないけれど、そんな周りの雑音に惑わされることなく(羽生選手は自分の道をみつめてベストな選択をしてくれると信じていますが)どうか怪我をきっちり治して(その先の人生にも関わる怪我ですから)休む試合はきちんと休んで万全な状態で戻ってきてくれることを心から願っています。ファンの願いは羽生選手の幸せですから。
by cinnamonspice | 2018-11-20 10:08 | すきなもの | Comments(2)

Bohemian Rhapsody、カリスマ性について

c0033994_13502184.jpg

週末は結婚記念日をお祝いしました。
気が付けば一緒に連れ添って17年、という年月が過ぎていました。
24本の大きなバラの花束をいただきました。(だんなさまがレジに並んでいたら、おばさまたち3人に、褒められたのだと得意げでした。)
バラの花を見ていると、一本一本それぞれに泣いたり笑ったり、あっという間でしたがとても重い17年でした。

記念日にはQueenの映画「Bohemian Rhapsody」を観てきました。
映画としては賛否分かれるようですが、中学生以来のライトファンの私には、型破りな奇跡を起こしていくQueenというバンドの道のり、ヴェールに包まれたようなフレディ マーキュリーについて目の前に広げて見せてくれるようで、とても胸が熱くなりました。
ボヘミアン ラプソディーが生まれた奇跡のような瞬間は、扉を蹴り破るような爽快感がありました。そして、ラストのLive Aidのパフォーマンスでは、ボヘミアンラプソディーの歌詞が、改めて胸にしみました。最後7万人の観客と歌うWe are the Championsには、歌詞に込められたフレディマーキュリーの愛に気づかされて目の奥が熱くなりました。思わず映画を見ていることを忘れて、体感しているような感覚になりました。

 映画では、フレディ マーキュリーという人のとびぬけたカリスマ性が印象的ですが、でも、そんなフレディ一ひとりではQueenという魅力的なバンドにはならず、一人一人のバンドメンバーのピースが集まって化学反応のようにして奇跡ができたんだと感じたのもおもしろい発見でした。
 そんなフレディのカリスマ性について考えていたとき、思い出したのは羽生選手のことでした。
カリスマというのは作られるのではなく生まれもったものだということ。フレディ マーキュリーのライブを見ていると、レコード(CD)のパフォーマンスは始まりであり、ライブで完成されるのだと感じます。Queenに伝説的なライブがあるように、羽生くんのプログラムも試合ごとに異なり、いくつもの伝説的な試合(2012年のニースや、2015年のGPFのSEIMEIをはじめ)があるのもそうしたカリスマの共通点のように思います。パーフェクトな演技だったから伝説なのではなく(最高得点を出したということだけでなく)、ニースの試合のラスト指を突き上げるしぐさやそのあとの涙、2015年のGPFのSEIMEIの最後印を結ぶしぐさなど、一時も目が離せないそういう人がカリスマなのだと。フレディー マーキュリーも羽生くんも、ほかの人が同じ格好で同じようにパフォーマンスをしても決して真似できるものではなく、そんな類まれな才能に恵まれた人たちに出会えた私たちはなんて幸せなんだろうという気持ちになります。
 羽生くんのグランプリシリーズ第2戦ロステレコム杯もいよいよ今週、また奇跡の舞台を見せてもらえると思うと今からわくわくします。

+++
Queenといえば

2015年のグランプリファイナルのエキシビションでのワンシーン。
ファンの方が撮ってくれた町田樹選手のエキシビションのプログラムへのオマージュ?の貴重な羽生くんのエアギター。
羽生くんはエキシビションまで目が離せないんですよね。(魅せてくれますね。)
by cinnamonspice | 2018-11-14 07:48 | まいにちのこと | Comments(2)

Hugの力

c0033994_13260514.jpg
 子供たちがお世話になった方が亡くなられたと聞きました。
 最後にお会いしたのはこの夏休みの前でした。胃がんを患われてお休みをされていると聞いていたのですが、以前の職場に遊びにいらしていました。元々痩せられていましたが、さらにとても痩せられて闘病生活の厳しさを感じました。
 数日前、訃報を聞いた時、あの時したハグの温もりを思い出しました。ハグをしたら、家族のような親しいきもちになっていろんなかんじょうが胸にこみ上げました。
 昔アメリカに来たばかりの頃は、慣れないハグは恥ずかしくてぎこちなくて苦手でした。でも最近は、空港で別れる時自分の母やだんなさんのお義母さんともハグをするようになりました。ハグをすると言葉以上のものが伝わるように感じます。アメリカに来て14年たった今は、ハグってすてきな文化だなと思うようになりました。
 一年くらい前から、お兄ちゃんは、私が元気がないと”You need a hug!” と言って冗談めかしながらハグしに来ます。素直にハグをもらう時ももらえない時もあるけれど、気分が落ち込んだ時あの笑顔とハグをもらうと、なによりも力をもらいます。ハグはいろんな気持ちを包みこんで、心にぽっかりと空いた穴も傷も治してしまう力があるのですね。

by cinnamonspice | 2018-10-10 13:25 | 今日のおやつ | Comments(0)

秋の空気

c0033994_10232376.jpg

カナダへの旅は一泊三日という強行旅でした。
お土産は空港でバタバタと自分たち用にメープルバターを買いました。
カナダの国旗の赤とメープルリーフのパッケージのデザインもかわいい。
結構甘めでコンデンスミルクのメープルシロップ版のような感じで、トーストしたベーグルと。
メープルシロップの甘い香りがとろんとした眠たくなるような秋の空気と溶け込んで、まだオータムクラッシックの余韻に浸っています。

+++
ネーベルホルン杯も終わりましたね。
ザギトワちゃんの圧巻の演技、素晴らしかったです。ロシアのテストスケートのときはまだ未完成な雰囲気だったFSのカルメンも完璧な演技でした。鐘の音で始まる冒頭の表情には貫禄すら感じるほど。本当に16歳?と思ってしまいます。衣装もディーテールがあってすてきでしたね。赤と黒のコスチュームも黒い透け感のあるレースのトップスが大人っぽくて手首の縁取りの赤いレースもアクセントになっていて効果的ですね。SPの「オペラ座の怪人」の」コスチュームも白のシフォンのドレス風のコスチュームにグレーのレースが影を落とす感じがすてきです。
ザギトワちゃんも羽生くんリスペクトと聞くので、ついつい結びつけたくなってしまうのですが、オペラ座の怪人のジャンプの音ハメ(オペラ座の怪人のプログラム自体も)や、カルメンのラストのあたりのドラ?のような音は「Origin」を思い出しました。ドラの音は偶然?(ドラの音ってそんなに使わないですよね。笑)

+アリーナ・ザギトワ Nebelhorn 2018 FS 「カルメン」


エキシビションのプログラムもかっこよかったですね。今回のエキシビションのナンバーは革のパンツ(羽生くんはエナメルな感じですが)や、ジャケットを脱ぐところも羽生くんの「Hello, I Love You」のトリビュートのようにも感じて、年齢的にもどちらも16歳、17歳と合っていて並べるとすてきだなと思いました。

+アリーナ・ザギトワ Nebelhorn 2018 EX


+羽生結弦 Scate America 2012 EX ”Hello, I Love You”
 

by cinnamonspice | 2018-10-01 10:54 | たべもの | Comments(2)

オータムクラッシック 2018 男子 FS

c0033994_05342364.jpg
男子のFSの最後のグループの時に、隣の列にメドベージェワ選手と樋口新葉選手が来て観戦していました。近くて思わずドキドキ。

羽生くんの前にはカナダのロマン・サドフスキー選手が「シンドラーのリスト」の曲で滑っていて、このメロディーをきくと思わずソチのオリンピックのリプニツカヤ選手のパフォーマンスを思い出して胸が熱くなります。
c0033994_05335044.jpg
いよいよ、大歓声とともに羽生くんの登場。あぁ、見ている私たちもドキドキします。
c0033994_05335118.jpg
羽生くんがポジションにつく時には、あれほどの歓声がピタリと止まって、会場は信じられないほどの静けさに包まれました。こんなにたくさんの人がいるのに咳払い一つ、物音一つせず、みんな息を止めてるかのようなぴんと張り詰めた空気の中、「Origin」の演技が始まりました。
c0033994_05335301.jpg
ファンの人もそうでない人も、会場中の視線が羽生くんに注がれます。羽生くんのエレメンツ一つ一つにおこる拍手。ジャンプの前には祈るような気持ちで。オータムクラッシックに来る前は、「Origin」を生で見てたら泣いてしまうかもと思っていたのですが、当日はあまりの緊張感の中での演技に(私が緊張することもないのですが。笑)無我夢中で見守る4分でした。
初戦、いろんな思いがあったとは思いますが、羽生くんの想いのこもった「Origin」を見れて幸せでした。きっとファンはみんな同じ気持ちだったと思います。オリンピック金メダル連覇後も現役を続けてくれて、また新しいシーズンを見ることができる喜びに包まれていました。久しぶりに見る羽生くんの悔しがる姿もいいですね。

羽生くんの直後のジュンファンくんは「ロミオとジュリエット」の曲でしたね。この曲を聞くだけで、羽生くんのニースを思い出して泣きそうになってしまいます。(女子のテネル選手も今回FSで使っていましたね。)曲かけの練習の時から「ロミオとジュリエット」の曲と「シンドラーのリスト」の曲と、そして羽生くんの「Origin」と。ニースの世界選手権、ソチオリンピック、そして今へと。羽生くんとジェフリーバトルさんが、思い出のアルバムをめくるシーンをイメージしたという「秋によせて」も思い出されてなんだか胸がいっぱいになりました。
羽生くんも、あの曲を聴いて思い出したりするのかな。ノスタルジックな気持ちに浸るフリースケーティング、きっとそういう気持ちの方がたくさんいたのかではないかなと思います。

by cinnamonspice | 2018-09-25 05:19 | まいにちのこと | Comments(0)

オータムクラッシック 2018 男子公開練習

c0033994_22051083.jpg
オータムクラッシックは指定席ではなく先着順なので、男子のFSがおこなわれる最終日は、8時からの男子FSの公開練習を目指して行くつもりがうっかり寝過ごしてしまいました。急いで身支度してホテルのチェックアウトも済ませて8:30に会場についたのですが、前日から徹夜された方たちも多くいたので、当然ジャッジ側の席はほぼ埋まっていました。でも、正直小さな会場なので、どの席もびっくりするほど選手が近く見ることができるのが嬉しいです。
c0033994_22051254.jpg
羽生くんの練習は10時過ぎでした。
シンプルな練習着で真剣な表情で最後の演技のチェックをする選手たちを見てると、当たり前ですが、改めてフィギュアスケートってスポーツなんだなと感じます。特に無駄のない美しさにコスチュームとも言われる羽生くんの練習着姿を間近で見れて感動です。(みんな黒い練習着ですが、やっぱり羽生くんはすぐわかります。)
練習着の羽生くんは、野生動物のような感覚のするどい勝負の表情になっていました。触ったら怪我をしそうな空気に目の前を滑って行くだけで見ている観客たちは息を飲みます。
高いジャンプはふわっと軽やかであまりに静かな着氷に、4回転ジャンプだったことに後で気がついて驚くほどでした。どの選手もバンバンジャンプを飛んでいくのですが、特に目の前で羽生くんの美しい3Aが観れて感無量でした。
この日の練習で羽生くんは、4回転ジャンプで一回転倒があって、そのあとの曲がけの通しの練習は途中4回転トーループのところで転倒があった後、コーチのところへ行って4回転トーループ、トリプルアクセルのコンビネーション(すごくきれい)を跳びなおしていますね。(訂正しました。)確認できて安心したのかな。曲かけ練習の後、ほかの選手より早めに練習を終えていたので、怪我がなかったのか少し心配になりました。でも、それ以外はジャンプも決まっていたので満足して早く切り上げたのかもしれませんね。とにか本当に怪我だけはして欲しくないですね。他の選手もシーズン始めのせいか結構転んでいて、見ててその度にひやっとしました。心臓に悪いです。みなさん怪我なくと祈ります。
目の前で、何度も繰り返し同じジャンプを確認したり、スピンや振り付けを確認する、普段試合などの表では見ることのない選手たちのアスリートとしての表情からは緊張感がびりびりと伝わって来ました。こうした努力の積み重ねがあって、あの美しいパフォーマンスができあがるんですね。


by cinnamonspice | 2018-09-23 22:02 | まいにちのこと | Comments(0)

オータムクラッシック 2018 観戦 女子


c0033994_04535044.jpeg
大会2日目の男子のSPの後に行われた女子のFSも見て来ました。
優勝はアメリカのテネル選手、2位がロシアのメドベージェワ選手、3位がフランスのメイテ選手でしたね。
c0033994_22002956.jpeg
2位のメドベージェワ選手は少し悔しそうな表情でした。惜しかったですので、次はきっと一番高い表彰台にいるでしょう。
c0033994_21383351.jpg
個人的には、メドベージェワ選手のSPの「Orange Colored Sky」のプログラムが曲も振り付けもすごく好きです。一番最初のリズムをとって始まる振り付けかっこいいですね。FSの「Libertango」のプログラムも大人っぽくて魅力的です。
c0033994_21590736.jpeg
目の前でタノジャンプが見れてその迫力に圧倒されました。本番で一個ジャンプの転倒が惜しかったですね。
c0033994_21383543.jpg
樋口新葉ちゃんは6分間練習でジャンプでひやっとするシーンもありましたが、FSの「ビバルディ 四季」力強くて素敵でした。(後で知りましたが、衣装は間に合わなくて「愛の讃歌」のものとか。新しい衣装もこの後楽しみですね。)新葉ちゃんは表現力も素晴らしいですね。美しいラストのスピンも好きです。今回はメダルは残念でしたが、SPの「エナージア」のこれからの進化も楽しみです。
写真はないですが、テネル選手のFS「ロミオ&ジュリエット」はは全体的にキレがあって素晴らしかったですね。特にジャンプが綺麗に決まっていて気持ちが良かったです。強いジュリエットがアメリカらしい?のかななんて思いました。
松田悠良選手の演技も丁寧で上品で素敵でした。白の衣装もとても可愛いくてにあっていました。

by cinnamonspice | 2018-09-23 21:34 | まいにちのこと | Comments(0)