人気ブログランキング |

ビスケットの缶

タグ:お出掛け ( 26 ) タグの人気記事

Pnnacles National Park キャンプ

c0033994_02572334.jpg
春休み、Pnnacles National Parkにキャンプに行きました。
LAから車で4時間半。のどかな牧草地を抜けてたどり着きました。
c0033994_03003477.jpg

c0033994_03003615.jpg

c0033994_03003836.jpg

c0033994_03003996.jpg
ピナクルズ国立公園は、オバマ大統領の時に定められたカリフォルニアで1番新しい国立公園だそう。
まだ新しいこともあってか、レンジャーステーションやお店もこじんまりとしていました。(でも、対応はあたたかい。)でも、着いた時には最後のチャーコールが売れてしまったとのことで、近くのお店を教わるも20マイルほどの距離とのこと。この日の洞窟探検は諦めることにしました。

by cinnamonspice | 2019-04-05 02:57 | キャンプ | Comments(0)

四大陸選手権 男子SP

4大陸選手権の続きです。
女子のSPに続き、夜は男子のSPの試合の前に、オープニングセレモニーがありました。そこで、ゲストで2018年の全米選手権で最年少で優勝した13歳のAlysa Liu選手の演技を見ることができました。滑る喜びに満ちた光の尾を引くようなキラキラ輝く演技がとても印象に残りました。
c0033994_06194082.jpg
見事3Aも決めて、本当にスターですね。
c0033994_06194160.jpg
さて、いよいよ男子SP。
実は四大陸のチケットを取ったのも、羽生選手が来るかもという淡い期待を持ってだったので、そういう意味では今回は残念でしたが、リラックスして試合を楽しむことができました。(オータムクラッシック の時は緊張して見た気がしないほどだったので。笑)
c0033994_06281629.jpg
今回楽しみにしていたのはジュンファン選手とジェイソンブラウン選手、アメリカの樋渡知樹選手の演技でした。
c0033994_06194378.jpg
宇野選手と友野一希選手の演技も見れてよかった。
c0033994_06194523.jpg
宇野選手は試合ごとに衣装をいろいろ変えられますが、この衣装とても似合っていますね

男子のSPはジュンファン選手の「シンデレラ」が好みでした。バレエっぽい始まりの曲がしなやかなジュンファン選手に合っていますね。途中の時計がカチコチ鳴るリズムに合わせてステップを踏むのも好きなシーン。ジェイソンブラウン選手はスピンやスケートが一つ一つが美しくてうっとり見入ってしまいます。樋渡選手は魂で滑る感じが羽生選手にも通じて、個性のある演技がとても心に残りました。

by cinnamonspice | 2019-03-03 06:16 | まいにちのこと | Comments(0)

c0033994_00110671.jpg
日本では、横浜の赤レンガ倉庫でアイススケートをしました。

時差ボケも良くなり、日常が戻ってきました。
日本から帰って数日たったころ、ハイスクールのお兄ちゃんが、
「昨日、僕ベッドの中でどうしてたと思う?」
と言いました。
不意な質問に???の私に、
「僕、泣いてたんだよ。
じいじとばあばに会いたいなーって。
日本にいたのが夢みたい」
幾つになっても変わらないお兄ちゃんです。
弟くんも、
「日本に住みたいなー」
と言う呟きもやっと少し減ってきて、みんな日常へと戻ってきました。
c0033994_00150656.jpg
c0033994_00272359.jpg
チームブライアンならぬチームシナモン(笑)

by cinnamonspice | 2019-01-16 00:09 | こども | Comments(0)

初詣

c0033994_22275238.jpg
明けましておめでとうございます。
2019年もみなさまにとって素晴らしい一年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。

10年ぶりぐらいに日本で迎えるお正月。
子供たちにとってはじめての初詣に鎌倉の鶴岡八幡宮に行きました。人人人。お祭り気分。
c0033994_22275333.jpg
トンビが飛ぶ青い澄んだ空に神社の朱が映えます。
c0033994_22275406.jpg

c0033994_22275575.jpg
帰り道の参道の出店も初体験。
お兄ちゃんは小さいりんご飴を。
c0033994_22275618.jpg
弟くんは綿菓子にウキウキ。
おみくじは私が大吉、お兄ちゃんが中吉、弟くんが末吉。
大晦日のお酒で二日酔い気味のだんなさんはお留守番。
人混みも、和服の若者たちも、人々の高揚も彼らの胸に刻まれたはず。

by cinnamonspice | 2019-01-01 22:26 | まいにちのこと | Comments(0)

通天閣へ

c0033994_11054040.jpg
大阪城の後は通天閣へ。
昭和な雰囲気にタイムスリップ。
c0033994_11054275.jpg
人生初の串カツへ。
通天閣の周りの通りは全てと言っていいほど串カツ屋さんが並びます。
その中でも老舗というお店へ。
実は子供の頃から豚カツが苦手でしたが、串カツは野菜も豊富で楽しいですね。
隣のお客さんと肩と肩をくっつけて食べるのが楽しい。

c0033994_12030633.jpg

c0033994_11054567.jpg
帰りは射的も体験。
惨敗でしたが(笑)お店の方のお心遣いで大きなお菓子の包みをいただいて恐縮でした。
みんな始めて尽くしの大阪体験でした。

by cinnamonspice | 2018-12-26 11:03 | まいにちのこと | Comments(0)

大阪城へ

c0033994_08472576.jpg
大阪最後の日はボーイズたちのリクエストで大阪城へ。この堀の大きさ。
c0033994_08473179.jpg
ガイドの方の話では、何度も建て替えられた天守閣よりも、門を入ってすぐの巨石などの石垣にこそ歴史的価値があるとのこと。
きらびやかな天守閣につい目がいってしまうけれど、実は当時のままに残る城を守る石垣のしみじみとした美しさが印象的でした。
c0033994_08473779.jpg

c0033994_08474327.jpg
天守閣からの眺め。時空を超えるような景色。

by cinnamonspice | 2018-12-24 08:45 | まいにちのこと | Comments(0)

東大寺へ

c0033994_22093779.jpg
くるみの木の後は東大寺へ。
早速鹿が迎えてくれました。
c0033994_22094251.jpg
初冬の東大寺は詫びた空気がとても美しい。
c0033994_22094980.jpg
鹿の絵馬がかわいい。
c0033994_22095477.jpg
ひょっこりどこからでも顔を出してきます。
c0033994_22095967.jpg
日本は狭いと思っているけれどこのスケールに圧倒されます。
c0033994_22102910.jpg


by cinnamonspice | 2018-12-23 22:05 | まいにちのこと | Comments(0)

くるみの木へ

c0033994_05494086.jpg
翌日は用事を済ませてから、足を伸ばして奈良へ。
くるみの木さんへ行きました。
(大阪から電車で50分くらいで行けるんですね。)
c0033994_05494658.jpg
初冬のくるみの木。
自然と調和して詫びた雰囲気が美しい。
c0033994_05495268.jpg
抹茶好きの長男は大和茶のオーレのアイスクリーム乗せ。次男は子供のおむすびとほうじ茶ミルクティ(名前を忘れました。)をオーダー。ケーキはあまり食べない長男がベリーのケーキを食べて、しきりに美味しい、美味しい、と呟いていました。次男もおむすびを頬張ってにっこり。素材ひとつひとつから愛情を感じます。
c0033994_05495779.jpg
ダークチェリーのケーキはぷっくらと大粒のダークチェリーとクリームが幸せ。
c0033994_05500355.jpg
時間を忘れるような気持ちのいい空気が流れます。

by cinnamonspice | 2018-12-20 05:48 | まいにちのこと | Comments(0)

大阪へ

c0033994_05382675.jpg
日本に着きました。
今回がはじめての関西国際空港。
まずはお友達おすすめの551のシュウマイを食べて食い倒れの街、大阪の旅のスタート。
c0033994_05412930.jpg
日本のホテルの朝ごはんは本当に魅力的。
c0033994_05383234.jpg
夢のよう。
c0033994_05383895.jpg

c0033994_05384568.jpg
大浴場とホテルの朝ごはんだけで幸せで涙が出そうになります。

by cinnamonspice | 2018-12-20 05:36 | まいにちのこと | Comments(0)

オータムクラッシック2018 観戦

c0033994_08500364.jpeg

6分間練習の途中、羽生くんがジャージを脱いだ瞬間新しい衣装に悲鳴に近い歓声が会場から上がりました。
2018-2019 シーズンのSP「秋によせて」の衣装を着た羽生くんは、透明感に溢れていて、目の前にいるのに実在しないかのような美しさで、通る先々でなぎたおされるように悲鳴が上がっていました。
c0033994_12272198.jpg

「秋によせて」の演技、とても素晴らしかったですね。美しいピアノの旋律が、繊細な羽生くんの内面と重なるようで、試合ということを忘れるような美しくて切ないきもちになるパフォーマンスでした。ジョニー・ウィアーさんのとはまた違う作品になっていますね。
c0033994_08511641.jpeg
最後のスピンの後ステップシークエンスに入るところで、会場では感極まって観客から大きな歓声が上がっていました。会場が一つになった瞬間に胸が熱くなりました。(映像で知りましたが、)羽生くんここで笑っていますね。楽しんで滑れたのかなと嬉しくなりますね。
c0033994_09043271.jpeg
c0033994_09000131.jpeg

by cinnamonspice | 2018-09-22 12:16 | まいにちのこと | Comments(6)