ビスケットの缶

カテゴリ:まいにちのこと( 735 )

日本とアメリカ

c0033994_03520339.jpeg
日本文化を世界に発信するという目的で新しくハリウッドにオープンしたJapan Houseのオープニングパーティに行ってきました。
LAに住んでいても、チャイニーズシアターは日本からゲストが来たときくらいしか来ないのでこれで3回目くらい?
いつ行っても世界中から人が訪れる人気スポットですね。日本のことを世界の人の知ってもらうにはいい場所かもしれません。

c0033994_03353811.jpg
ゲストのYoshikiさん。
初めて拝見して感動でした。やはりオーラがありました。
c0033994_03355145.jpg
私は存じ上げなかったのですが、映画「スタートレック」などに出られた有名な俳優のジョージタケイさん。
c0033994_03360109.jpg
パーティが始まるまで、友人たちとJapan Houseの施設を見てきました。
夕焼け空とよく冷えたスパークリングワインがおいしい。
c0033994_03361173.jpg
Japan Houseのひとつ和食のレストランも、これからグランドオープンするそうです。内装だけ見せていただきました。とても雰囲気があって、LAの景色の中いただく本格和食、特別な気持ちになりそうです。記念日にぴったり。
c0033994_03595213.jpg
パーティではダンスグループElevenplayのパフォーマンスがあり、最後にYoshikiさんが英語で曲の紹介をしつつピアノで4曲弾きました。
Yoshikiさんが話すのを初めて聞きましたが、ハートでお話される方なんだなという印象を受けました。演奏にも人柄が反映されるのですね。とても繊細な人柄が伝わってくる演奏でした。
途中、「よその国から来た自分を受け入れてくれたアメリカに感謝して、」とアメリカ国歌の演奏したときは会場の人たちもとても喜んでいました。
いろんな方のお話を聞いていて、過去から今へいろんな人一人一人の日本とアメリカの絆が一つ一つは糸のように細くても繋がった糸は束になり、しっかりと結ばれているのだと感じ一日でした。

+++
改めて世界へ発信したい羽生くんのスケートの芸術をご紹介します。(笑)
2016 Scate Canada EX ”The Swan(ノッテ ステラータ")


 昨日は、24時間テレビで羽生くんのアイスショーが放送されたので、朝の4時半からテレビの前に座っていました。
これまでの羽生くんの被災地とのつながり、取り組みについて丁寧に伝えられて改めて一本筋の通った羽生くんの生き方に胸が熱くなりました。
金メダル取る前も取ったあとも被災地に寄り添う変わらない気持ち。テレビ画面を通じてではなく、実際に被災地を訪れて羽生くんに直接会うことができた方たち一人一人の人生に大きな喜びや幸せをもたらしたと思うと、すばらしいことだなと思います。生きていく上で(お金以上に)大きな支えになる希望や夢を、直接会うことでかかわった方たちみんなにプレゼントしたのだと思います。
 昨日の「ノッテ ステラータ」の演技もとてもすばらしいものでした。ハイドロブレーディングの場面では湖面で羽根を広げた白鳥そのものでした。
ここでは私が好きな2016年のスケートカナダのパフォーマンスをご紹介します。
エレガントで、繊細で優しい白鳥にまばたきするのを忘れるほど。氷の音だけが響く水を打ったように静まりかえった会場からも伝わる見る人の心を掴んで離さない美。羽生くんのスケートは芸術ですね。


[PR]
by cinnamonspice | 2018-08-27 03:50 | まいにちのこと | Comments(0)

静寂

c0033994_08440323.jpg
静寂。
夏休み最後のキャンプにセコイヤ国立公園へ。

[PR]
by cinnamonspice | 2018-08-16 08:43 | まいにちのこと | Comments(0)

夏休みの過ごし方

c0033994_11290847.jpg
お友達とレドンドビーチに行きました。
近くまでイルカが泳ぎに来ていて感動しました。
そこにいたイルカを見つめる人たちみんなでいっすおに幸せを共有しました。

 皆さんはどんな夏をお過ごしですか。
2ヶ月に渡る長いアメリカの夏休み。アメリカでは働くお母さんの多いので夏休みは子供をサマーキャンプに入れて働くお母さんが多いですが、今年はお兄ちゃんと弟くんは特にサマーキャンプに入れませんでした。いつも宿題などで慌ただしい日々を過ごしているので、ゆっくり夏休みにしかできないことをして過ごしてもいいねとだんなさまと決めました。お兄ちゃんたちにも、せっかくだから自分が興味があることについて本を読んだり、調べたりするのもいいよね、と話しました。
自分の好きなことを追求する。絵をかくのが好きなら好きな画家を見つけてデッサンを真似したり、映画が好きなら、好きな映画監督を見つけてメイキングの本を読んだり、ピアノが好きなら好きなピアニストの曲を聴きこんでみたり。羽生くんのプルシェンコやジョニーウィアーのように、好きな人を見つけるというのは大きな一歩になるのだと思います。その人に惚れこんで、その人の演技を目に焼き付けて、真似をしてみる。そこからいろんな道がはじまるように思います。この夏の間に、自分の好きなものをひとつでも見つけてくれたらいいなと思います。

+++
今日の羽生くん

2016年 NHK杯 FS"Hope & Legacy"



 羽生くんのプログラムの中で、"Hope & Legacy"は特に試合ごとにジャンプ構成も違うことが多く(最高難度の構成ゆえに)イナバウアーの仕方や最後のポーズも異なってその試合ごとの空気を楽しめるプログラムです。NHK杯の演技は、ふわふわと重力を感じさせない軽やかなスケーティングやしなやかな上半身の動き、やわらかな表情がとびきり美しく世界最高得点を出した世界選手権のときとはまた違う魅力のある大好きなパフォーマンスです。見ていると透明感のある妖精のような羽生くんが、魔法を使って次々と私たちに美しい自然の景色を見せてくれるような気持ちになります。
 「エレガンスさと強さと両方を持っている」、ユーロスポーツの解説も演技終了後の羽生くんの「あと少し」やKiss&Cryの様子も大好きな試合です。マイナスイオンあふれる羽生くんの演技で涼んでください。

[PR]
by cinnamonspice | 2018-08-01 11:28 | まいにちのこと | Comments(2)

旅の思い出

c0033994_10385264.jpg
この夏、日本から遊びにきてくれた義父母よ行ったヨセミテ、セコイヤの旅のフォトブックをShutterflyで作りました。今回はハードカバーでマットの表紙を選びました。以前から利用しているShutterflyのフォトブックのサービスも、デザインもクオリティもだんだんよくなってきて、なかなか満足のいく仕上がりになりました。義父母へプレゼント、喜んでくれるといいな。
c0033994_01493941.jpg


+++
今日の羽生くん

2011年 四大陸選手権 SP"White Legend"


 この"White Legend"の羽生くんは16歳ながら大人っぽくて色っぽさもあります。少年と青年の間の繊細な空気をまとったこの透明感、うっとりと見入ってしまうほど美しさがあります。
 冒頭のトリプルアクセルは空へ飛んでいきそうな高さ、白鳥のように軽やかで印象的です。中盤のリンクぎりぎりのジャンプも、体中から精一杯さが伝わってみる人の胸をうちます。
白鳥の湖をアレンジしたプログラム、ソチのオリンピックのエキシビションでも演じましたが、本当にこの年でなんて色っぽいんだろうと思います。このときにしかないきらめき、儚さ、そんな美しい瞬間が詰まった見るたびにため息がこぼれるプログラムです。涼やかな透明感あふれる羽生くんで涼んでください。

[PR]
by cinnamonspice | 2018-07-27 10:38 | まいにちのこと | Comments(0)

エンジェルス戦へ

c0033994_05495076.jpg
大谷選手を応援しようと、友人家族とエンジェルス対アストロズの試合に行きました。前回来たのはイチロー選手と松井選手の試合だったからどれだけ前か、わかってしまいますね。(汗)
野球は詳しくないので、大谷くん&エンジェルスファンの友人の解説付きで見ました。贅沢。今回で野球の審判のことは"Umpire"ということを初めて知って子供たちに笑われたけれど、サッカーはレフリー、フィギュアスケートはジャッジとなんでこんなにいろいろな呼び名なの?
c0033994_05495147.jpg
この日は子供たちはトラウト選手のユニフォームシャツがもらえる日だったのでお兄ちゃんも弟くんもさっそく着てにわかエンジェルファン気分です。これでみんなと心はひとつ。
c0033994_05495312.jpg
試合の前に上にステーキをトッピングしたボリュームたっぷりのナチョスをつまんで。
c0033994_05495632.jpg
来た来た〜
大谷選手は5番目の打者で登場。(こういう表現であってるかな。)
c0033994_05495800.jpg
試合はホームランも出てエンジェルスが14対5で圧勝。ビールも美味しい!
みんなでわーわー言ってすっきり、夏休みらしい一日でした。

[PR]
by cinnamonspice | 2018-07-24 05:47 | まいにちのこと | Comments(0)

夏を感じる日

c0033994_05172924.jpg
週末、友人家族と夕方のTopanga Beachへ。
c0033994_05173173.jpg
日中のビーチは暑いけれど、夕方は風も心地よい。(じっとしてると肌寒いくらい)
c0033994_05173258.jpg
友人のだんなさんはサーフィン、子供はフリスビーとサッカー、私たちは海を眺めてのんびり。
c0033994_05173440.jpg
日がくれたらシーフードの「Reel Inn」というお店へ。
c0033994_05173630.jpg
シーフードマーケットとレストランを兼ねたお店は長い列ができる人気店でした。
c0033994_05175966.jpg
友人のお勧めのマグロの炙り(外側だけ軽くグリルした)絶品でした。今度はわさび醬油を持参しようとみんなで一致団結。ストリングライトの下コロナビールと、夏を感じる1日でした。

+++
+今日の羽生くん

2015年 FaOI Makuhari / U2 "Vertigo"


Rockなかっこいい羽生くんをもうひとつ。
2011年シーズン当時16歳のエキシビションのプログラムをFaOIで再演したときのもの。16歳で大人っぽいかっこいいプログラムをやっていたんだなぁと思います。羽生くんはジュニア時代などの昔のプログラムもこうして再演したりしてとても大事にしていてプログラムに対する愛情を感じます。当時はあどけなさが残っていたけれど、20歳になってしっかりなじんだ感じがして、同じプログラムでもその歳その歳の魅力を感じることができます。
日本も猛暑が続いているみたいですね。かっこいい羽生くんと涼しいアイスリンクの空気をお楽しみください。



[PR]
by cinnamonspice | 2018-07-18 05:16 | まいにちのこと | Comments(0)

お別れのとき

c0033994_14095738.jpg
じいじばあばが日本へ帰って行きました。
あっという間の10日間。
c0033994_14095872.jpg
「ばあば、どこかなー」
c0033994_14100075.jpg
小さい頃に犬に噛まれてから犬が苦手なお義母さんとモカのことが心配でしたが、私たちの心配をよそに仲良くなって、モカはお腹を見せて抱っこされるほどに心を許していました。

 学校でお見送りに行けなかった弟くんは、「さみしい。」と失恋したみたいに食欲もなくずっとため息ばかりこぼれます。
ばあばたちのお見送りから家に帰ったお兄ちゃんは、「じいじばあば、今日はお昼寝から起きて来ないなー」と自分に言い聞かせるようにぶつぶつ。でも、夜には諦めたのか「じいじばあばが来てくれたのが夢みたいだね。みんなで同じ夢を見てたみたい。」とつぶやいていました。
みんなでやったトランプ、ババ抜き、七並べ、モノポリーゲーム、たくさんの思い出がめぐります。また会える日まで

[PR]
by cinnamonspice | 2018-07-06 14:09 | まいにちのこと | Comments(0)

夏の旅 Yosemite 6

c0033994_03434175.jpg
自然に溶け込むように立つThe Majestic Yosemite Hotel(旧:The Ahwahnee)
c0033994_03434346.jpg
重厚感のあるインテリアもすてき。
c0033994_03434598.jpg

c0033994_03434694.jpg
ヨセミテ最後はYosemite Fallsへ。
水量もあってなかなかの迫力。
さよならヨセミテ、また今度。


[PR]
by cinnamonspice | 2018-07-06 03:40 | まいにちのこと | Comments(0)

夏の旅 Yosemite 5

c0033994_08252385.jpeg
Yosemite最後の夜。
ロビーではピアノの生演奏がありお酒を傾けながら時にはみんなで歌ったりとてもアットホームな雰囲気で素敵でした。(カントリーロードだったかな?)
c0033994_08253402.jpeg
廊下ではチェスをする宿泊客も。(ボードゲームを無料で借りることができます。)
みんなそれぞれに心地よい時間を楽しんでいました。
19世紀に建てられたというロッジはミュージアムに泊まってるような気持ちになります。
c0033994_08255705.jpeg
翌朝はダイニングで朝食をいただきました。
c0033994_08261454.jpeg
国立公園のロッジにいることを忘れるほど丁寧な接客と暖かなもてなしで一番美味しい食事でした。(量は一皿で2人分ぐらいありましたが。笑)

[PR]
by cinnamonspice | 2018-07-04 07:52 | まいにちのこと | Comments(0)

夏の旅 Yosemite 4

c0033994_06362362.jpg
帰り道、大好きなTenaya Lakeでひと休み。

c0033994_06362467.jpg
子供たちは水遊び。
大人は足だけ水に浸して涼をとった後、だんなさまはお昼寝。

c0033994_06362636.jpg
澄んだ雪解けの水の中、こどもたちがあそぶすぐ近くで魚が泳ぐのどかな景色。
森と、岩山と、砂と澄んだ水のグラデーション。
時折吹き抜ける風。
時間が止まったような場所。

c0033994_06362888.jpg
お義母さんとお義父さんと、途中買ったチェリーを湖の水で冷やしていただきました。
c0033994_07532334.jpg
1日の終わりはGlacier Pointへ。
夕焼けに染まるHalf Dome。
c0033994_07532479.jpg
この地形を氷河が削りとったと思うと自然のエネルギーに圧倒されます。
c0033994_07532690.jpg
こういう景色を前にすると、言葉も不要ですね。心の中が浄化されるような気持ちがします。

[PR]
by cinnamonspice | 2018-07-03 06:32 | まいにちのこと | Comments(0)