ビスケットの缶

夏休みの過ごし方

c0033994_11290847.jpg
お友達とレドンドビーチに行きました。
近くまでイルカが泳ぎに来ていて感動しました。
そこにいたイルカを見つめる人たちみんなでいっすおに幸せを共有しました。

 皆さんはどんな夏をお過ごしですか。
2ヶ月に渡る長いアメリカの夏休み。アメリカでは働くお母さんの多いので夏休みは子供をサマーキャンプに入れて働くお母さんが多いですが、今年はお兄ちゃんと弟くんは特にサマーキャンプに入れませんでした。いつも宿題などで慌ただしい日々を過ごしているので、ゆっくり夏休みにしかできないことをして過ごしてもいいねとだんなさまと決めました。お兄ちゃんたちにも、せっかくだから自分が興味があることについて本を読んだり、調べたりするのもいいよね、と話しました。
自分の好きなことを追求する。絵をかくのが好きなら好きな画家を見つけてデッサンを真似したり、映画が好きなら、好きな映画監督を見つけてメイキングの本を読んだり、ピアノが好きなら好きなピアニストの曲を聴きこんでみたり。羽生くんのプルシェンコやジョニーウィアーのように、好きな人を見つけるというのは大きな一歩になるのだと思います。その人に惚れこんで、その人の演技を目に焼き付けて、真似をしてみる。そこからいろんな道がはじまるように思います。この夏の間に、自分の好きなものをひとつでも見つけてくれたらいいなと思います。

+++
今日の羽生くん

2016年 NHK杯 FS"Hope & Legacy"



 羽生くんのプログラムの中で、"Hope & Legacy"は特に試合ごとにジャンプ構成も違うことが多く(最高難度の構成ゆえに)イナバウアーの仕方や最後のポーズも異なってその試合ごとの空気を楽しめるプログラムです。NHK杯の演技は、ふわふわと重力を感じさせない軽やかなスケーティングやしなやかな上半身の動き、やわらかな表情がとびきり美しく世界最高得点を出した世界選手権のときとはまた違う魅力のある大好きなパフォーマンスです。見ていると透明感のある妖精のような羽生くんが、魔法を使って次々と私たちに美しい自然の景色を見せてくれるような気持ちになります。
 「エレガンスさと強さと両方を持っている」、ユーロスポーツの解説も演技終了後の羽生くんの「あと少し」やKiss&Cryの様子も大好きな試合です。マイナスイオンあふれる羽生くんの演技で涼んでください。

[PR]
by cinnamonspice | 2018-08-01 11:28 | まいにちのこと | Comments(2)
Commented at 2018-08-03 02:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinnamonspice at 2018-08-03 08:20
+鍵コメントさま+

おかえりなさい!
今年もカリフォルニアの夏がきましたね。いかがお過ごしですか。お母さんにも夏休みは必要ですね。何もしない時間を楽しまれてくださいね(^^)

好きなことに没頭する夏、家の中では実は私が一番楽しんでいるかもです(羽生くん三昧です。笑)お兄ちゃんたちもそれぞれ、目下好きな人についての本を読んでいるようで、そこから何か見つけたらいいなと思います。
何かに没頭することって、学校がある日常では残念ながらなかなか最近は子供たちも忙しくてできないのかもしれませんね。昔は部活とか、習い事(塾ではなく)とか、何もしない時間も含めてもっと子供たちにも余裕があったように思います。羽生くんのように、誰かにほれ込むほど夢中になる人やものが見つけることができたら幸せですね。
息子さんは高校受験が控えているのですね。その前に夏はカリフォルニアでたくさん充電してまた新しい学期を迎えてくれますように。きっとカリフォルニアで過ごす夏も息子さんの未来への種蒔きのひとつになりますね。
どうかすてきな夏を!!