ビスケットの缶

Hunter X Target

c0033994_11215111.jpg

春、お買い物が楽しい季節ですね。ちょこちょことお買い物をしました。
HunterとTargetのコラボは知ったときには欲しいものはほとんど売り切れでしたが、自分用にはバッグを、お兄ちゃんと弟くんにラッシュガードとTシャツなどを買いました。去年のビクトリアベッカム、その前の年のマリメッコもそうでしたが、Targetとブランドのコラボは商品のクオリティもいいのでお買い得です。
今回のコラボも春夏にぴったりな元気が出るような色合いの商品も多くて、見ているだけでもわくわくする品物がいろいろでした。その中で私には珍しくオレンジ色のバッグを手にしました。ゴム製なので、ビーチタオルや水着を入れてビーチやピクニックに出かけるときに便利そうです。
自然へ出かけるのが楽しみです。
c0033994_11233444.jpg


+++
今日の羽生くん (個人が過去の試合を振り返ります。)

2014年 中国杯 FS「オペラ座の怪人」


 羽生選手がソチオリンピックで金メダルを取って最初のシーズン、羽生選手とハン・ヤン選手の衝突事故があった2014年の中国杯の試合。羽生選手という人を知るうえで欠かせない衝撃的な試合です。
衝突事故はフリープログラムの試合直前の6分間練習で起きました。(羽生選手はあごを7針、頭を3針縫っただけでなく、足もねん挫等の大変な怪我を負いました。)
衝突の衝撃で氷上に打ち付けられた羽生選手。息ができずすぐに起き上がれずに練習は中断されます。しばらくして、顎から血を流して起き上がった羽生選手は医師たちにより脳震盪等がないか確認をしたのち、応急処置で頭に包帯を巻いた姿で現れます。そして、試合に出たいという羽生選手の意思で、再びリンクに戻りフリーの演技をしました。
 大きな事故のすぐ後で、青ざめた表情のままリンクに向かう羽生選手を張り詰めた面持ちでブライアン オーサーコーチがほとんど言葉もなく見送るところからは二人の信頼関係を感じます。試合中、ただ今この試合に出たいという強い意志とともに、ジャンプで5度転倒するもののそのたびに起き上がり試合を続ける羽生選手の姿は、プログラムのオペラ座の怪人の姿と重なり鬼気迫ります。そのなかで、ジャンプやスピン、ステップ、ひとつひとつのエレメンツを戦う羽生選手の姿からアスリートの魂を感じて、見る人の心を強く揺さぶる演技です。
 
 全力を尽くした演技を終え、kiss and cryでブライアン オーサーコーチと一緒に得点を見た羽生選手が、感極まって声を上げて泣くシーンは見ているこちらも胸が詰まって目の奥が熱くなります。羽生選手はこの試合で2位になり、この試合で結果を出したことでグランプリファイナルへの進出が決まります。


[PR]
by cinnamonspice | 2018-04-25 13:11 | おかいもの | Comments(0)