ビスケットの缶

静かに涙がこぼれたんだよ。

c0033994_13355973.jpg

先週末、弟くんがフットサルの大会で足を12針縫うけがをしました。年明け早々、年男ついてないです。
試合に一緒に行っていただんなさまの話では、それだけの怪我をしたのに、怪我直後は泣かずにコートから出たのでチームメイトも怪我したことにも気づかなかったくらいだったそう。それなのに、救急病院で縫うときは怖くて涙をぽろぽろこぼして泣いていたとのこと。痛みより、恐怖が勝つのが弟くんらしいとしみじみでした。
数日たって、私たちがそのときのことをからかうと、「声は出して(泣いて)ないよ。静かに涙がこぼれたんだよ。」と、弟くん、11歳。
一般的な11歳より幼い弟くんの言葉はいつでもまっすぐで、濁りがありません。
トイレで歌を歌うのを注意すると、「だって、(大きいほうが出て)幸せなんだもん。」そういわれると、注意したこちらがばかばかしくなってしまうこともしばしば。謎が多い彼の個性を、こんがらがったひもをほどくように、少しずつ知りつつあります。
c0033994_13462877.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2018-02-02 13:50 | こども | Comments(2)
Commented by Shin's mama at 2018-02-03 00:09 x
お久しぶりです。
いや~、あまりの無邪気さに笑ってしまいますね。
うちの子にちょっと似ているかも!
痛みより恐怖に弱いのもとても似ています。
同じ種類の痛みでも、2回目ならへっちゃら。
初めてのタイプの痛みだと、何かわからないので、
恐怖を感じるようです。
Commented by cinnamonspice at 2018-03-27 13:08
+Shin's mamaさん+
こんにちは。
ご返事が大変遅くなってすみません。
もうすぐイースターですね。
LAは今年はゆっくり冬が来たので、春の訪れもゆっくりになりそうです。
痛みと恐怖、面白いですよね。痛みを知らない子供らしい反応のかもしれませんね。
それにしても男の子はびっくりするような怪我を本当にするから驚きの連続です!