ビスケットの缶

美しいもの

c0033994_11393612.jpg
時差ぼけの目をこすりながら、ピアスを作りました。
海ぶどうのような小さなつぶつぶのピアス。
黄色いサンダルと合わせようと思います。

 日本に帰ったとき、お義父さんが、最近俳句を始めたと話していました。毎晩、眠れないとき、今まではむくむくと嫌なことや楽しくない考えが起こることがあったけれど、俳句を始めてからは俳句のことを考えるようになったとのことでした。
 目や耳を研ぎ澄まして、季節や日々の中のきらきらした部分をすくいとるような俳句のある生活は、心の中がきれいなことで満たされるようで、清らかですてきだと思いました。
 同じころ、姉からは、眠れないときのおまじないのような話を聞きました。姉は眠れないとき、めいいっぱい幸せなことを想像するのだとか。昨日は、家のドアの前にたくさんの仔犬が捨てられているのを発見して、抱っこするところだったと話していました。家族全員アレルギーがある姉の家では動物を飼うことはできないからこその空想、するとことんと深い眠りに落ちたのだと話していました。
 お義父さんも、姉も、空想するものは違っても、人は眠れないときに、幸せなことや美しいもののことを想像すると眠れるのかもしれないと、不思議な結びつきを感じました。夜の闇の妄想に打ち勝つのは美しいものなんだと思ったら、雲間から月が現れるような気持ちがしました。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-07-31 14:58 | ひとつだけのもの