ビスケットの缶

3月の終わり

c0033994_65915.jpg
長かった3月の終わり。
久々にケーキが食べたくてふわふわチョコレートケーキを焼きました。

風の谷のナウシカの漫画全7巻を読み終えました。
人間の業、悲しみ、怒り、痛み、喜び、平穏、幸福、愛、いろんな思いがめぐる体験でした。
読みながら強く受け取ったのことは“生きるということ”。
日本で起きた大震災そしてまだ終わりの見えない原発事故というこのタイミングでもう一度読むことができてよかったと思いました。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-03-31 21:04 | 今日のおやつ | Comments(10)
Commented by Shin's mama at 2011-04-01 16:01 x
こんにちは。久しぶりにのぞいてみましたが、お子様、肺炎にかかってらしたのですね。なんだか不思議です。うちの子も先日初めての肺炎だったのです。同じ本を同じ時期に読んでいたこともありましたね。我が家の時間はバタバタ、cinnamonspiceさんちの時間は静かにゆっくり流れているように感じるのはなぜでしょう。
震災、わたしたちもいろんなことをして少しでも役に立てれば、と活動しています。1日も早く静かな、もしくはバタバタした平和な時間が被災者の方々に戻りますように。
Commented by miholife at 2011-04-01 16:55
*cinnamonさん、こんにちは^^*
風の谷のナウシカ好きです。
映画でしか観たコトがないのですが、観る度にいろんなコトを教えられます。
自然との共存・許すココロ・大きな愛・・・。
今日本で起きているコトと重なる部分を感じます。
テレビで観る被災者の方々から伝わってくる「生きようとするパワー」。
人間の強さを感じました。
ふわふわのチョコレートケーキおいしそうですね^^。

小人くんと弟小人くんの身体の調子はよくなりましたか?
Commented at 2011-04-01 17:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruinyoro at 2011-04-01 21:26

cinnamonspice さん、こんばんは。
『風の谷のナウシカ』、アニメも大変素晴らしいのですが
全7巻の漫画は圧倒されますよね。
アニメははじまりに過ぎなかった!という。
我家でも永久保存版です☆


震災、本当に酷い事になりました・・・。
毎日TVをつけるとキリキリします。
でも目をそらさず、向き合っていきたいと思いました。
原発もどうなるか不安で一杯ですが、それでも子供は
元気です。
私達は未来を考えていかないといけない。
世界が大きく変るかもしれません。


Commented by usadeppa at 2011-04-02 01:32
cinnamonさんのひとりごと、心にしっくりすとんと落ちるものがありました。

今、訪れている出来事によって、人はみんないろんなことを感じているということを、こうやってつながっている人が綴る言葉で感じています。だから、私もcinnamonさんのことばに触れることができてよかったな、と思いました。

cinnamonさんの言葉から、あるがままの自分の言葉を私は感じました。それが、とても心に響くものがありました。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-02 13:42
+Shin's mamaさま+
Shin's mamaさん、こんにちは。
息子さんも肺炎にかかられていたのですね。具合はいかがですか。
夜中も咳で眠れなくて、体力も奪われてしまってそばにいてかわいそうですよね。どうか早く元気になりますように。
 同じ時期に肺炎を…遠く離れているのにすぐ近くに感じてしまうような不思議な偶然を感じますね。小人も今回が初めての肺炎でした。高い熱と咳が辛そうだったのですが、まさか肺炎とは思わず、診断されたときは驚きました。幸い、病院でいただいた薬が効いて、劇的によくなって今は駆け回っています。その後、風邪の最終走者の弟小人もよくなり、ほっと胸をなでおろしたところです。
 本当に、バタバタとしたあたり前の毎日がありがたいですね。今は小人の学校が春休みなので、この機会に小人たちとゆっくりとすごしたいと思います。この震災はいろんなことを考えさせてくれますね。今までの価値感が大きく変わったような気がします。
 自分たちにできることを。世界中が日本のことを思ってくれていることを幸せに感じます。その思いが目に見えない大きなエネルギーになりますね。Shin's mamaさんもどうかすてきな春をお迎えください。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-02 13:42
+miholifeさん+
mihoさん、こんにちは。
小人たちにあたたかい言葉をありがとうございます。
春の訪れとともに、小人たちもおかげさまで元気になりました。
自然は誰かが号令をかけなくても、きちんと春の訪れを知っていて、すごいなと思います。人間もそんな動物のひとつ。小人たちも春のエネルギーに癒されたのかもしれません。
 「風の谷のナウシカ」のお話は、遠い未来のことのようで、今はとても近くに感じますね。「生きること」。たくさん心に傷を負いながらも、懸命に生きることを見つめる被災者の方たちの姿は、ナウシカたちと重なるのかもしれませんね。日本中みんなが被災地の方たちのことを家族のように思っている。小さな国だけど、大きな大きな力を感じます。
 春。みんな新しい一歩を踏み出すときですね。あたたかな日差しも一緒に背中を押してくれますように。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-02 15:59
+鍵コメントat 2011-04-01 17:04さま+
こんにちは。
あたたかいお気遣い、ありがとうございます。私もだんなさまも家族・友人みんなと、無事の連絡が取れました。
鍵さんのご家族やご友人の方々はご無事でしたか。
今回の震災は、本当に広い範囲で大きな揺れを感じたということで、家や物が壊れたりする被害がなかった方でも、みんな心に傷を負っていることを感じます。これから来る美しい桜の季節が、少しでも傷ついた方たちの心を癒してくれればと思います。
 ナウシカの話を今と重ねて感じている方はきっとほかにもいらっしゃると思います。希望を持って生きるということ。同じように共感していただけたらうれしいです。
 鍵さんのおっしゃるとおり、今は誰かを責めるのではなく、みんなで力をあわせて、ものごとを前に進めることが大切なのだと思います。今、原発の現場で必死に働いてくださっている作業員の方たちや自衛隊の方など被災地で活動をされている方たちに感謝しつつ、少しでも事態がよいほうへ進むようにみんなで応援したいですね。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-03 01:23
+ruinyoroさん+
こんにちは。
コメントありがとうございます。
「風の谷のナウシカ」の漫画のお話ができてうれしいです。アニメの映画もとても好きですが、初めて漫画を読んだときは、その長さとトーンの違いにとても驚いたことを覚えています。漫画はもう少し精神世界や人の罪などについてより深く掘り下げていますよね。人の罪深さ、すばらしい部分、すべてをすくいあげた上で、それでも、生きることの輝きが伝わってきて、読み終えたあと、おなかの底から熱い生きる力がわいてくるような気持ちがしました。(我が家も永久保存版デス。)
 震災後、ruinyoroさんがブログで計画停電の夜の町の様子を書かれた記事で、駅も町も、このくらい(明るさ)がちょうどいい、という言葉にとても共感しました。私たちは発展という名のもとに夢中でかけていくうちに、不必要なものを身に着けすぎていたのかもしれません。子供たちは、どんなときも未来を見せてくれますね。今回の災害をきっかけに、日本は余計なものをそぎ落として、よりいい国に変われると信じます。
Commented by cinnamonspice at 2011-04-03 02:00
+usadeppaさん+
こんにちは。
お子さんたちはお元気ですか。
子供たちを見ていると、おひさまの光のように、エネルギーをもらいます。
 ひとりごとに共感していただけてうれしいです。震災後、私たちは長い眠りから覚めたように、個々に日本のことを真剣に考えているのはすてきなことですね。この機会に、たとえば太陽エネルギーの開発や設置を進めたり、クリーンエネルギーについてほかの国の手本になるような国になれたらいいなと思います。 未来に向けて、人の賢さをいいほうに使っていけたらいいですね。