ビスケットの缶

+++

c0033994_34226.jpg
震災の発生を知って以来、家にいる間はずっと日本のニュースを放送するテレビを消せずにいます。今、自分の生まれた国で起こっていることをひとつも逃すことなく捕まえたい、そういう思いなのかもしれません。
 福島の原発のニュースには、無力感とともに息が苦しくなるような恐怖を感じます。目に見えない核という怪物を相手に、危険な現場で戦い続けている人たち、その家族の方のことを思うと…言葉にできません。
母国が深く深く傷つくのを見るのはとても悲しいです。
それを誰にも止めるができないのはもっと悲しいです。
みんながんばっていることを思うと、とても辛いです。
祈っても祈っても、次から次へと知らされる悲しい事実に、涙ばかりがこぼれます。テレビのスイッチを切ってしまったらどんなに楽だろう、そんな思いがよぎるけれど、やっぱり母国のことを知りたいのです。
あまりの現実に立ち上がれないような絶望感が黒い影のように覆いかぶさってくるけれど、子供たちを見ていると、奮い立たされます。
小さくても、自分にできることをしようと思います。そんな日本人みんなの思いが集まったら、大きな力になると信じています。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-03-15 12:35 | いろいろ