ビスケットの缶

静かに涙がこぼれたんだよ。

c0033994_13355973.jpg

先週末、弟くんがフットサルの大会で足を12針縫うけがをしました。年明け早々、年男ついてないです。
試合に一緒に行っていただんなさまの話では、それだけの怪我をしたのに、怪我直後は泣かずにコートから出たのでチームメイトも怪我したことにも気づかなかったくらいだったそう。それなのに、救急病院で縫うときは怖くて涙をぽろぽろこぼして泣いていたとのこと。痛みより、恐怖が勝つのが弟くんらしいとしみじみでした。
数日たって、私たちがそのときのことをからかうと、「声は出して(泣いて)ないよ。静かに涙がこぼれたんだよ。」と、弟くん、11歳。
一般的な11歳より幼い弟くんの言葉はいつでもまっすぐで、濁りがありません。
トイレで歌を歌うのを注意すると、「だって、(大きいほうが出て)幸せなんだもん。」そういわれると、注意したこちらがばかばかしくなってしまうこともしばしば。謎が多い彼の個性を、こんがらがったひもをほどくように、少しずつ知りつつあります。
c0033994_13462877.jpg

[PR]
# by cinnamonspice | 2018-02-02 13:50 | こども | Comments(0)

一歩

c0033994_06513630.jpg

キング牧師の連休は毎年、お正月明けの呼吸を整えるようにのんびりすごします。
自然に出かけたくて、Laguna Beachへピクニックに行きました。

2018年が始まったと思ったら、もう半ばも過ぎました。
みなさん、今年の目標は立てられましたか。
新年が始まって間もなく、南極点無補給単独徒歩を達成した萩田さんのニュースを見て、萩田さんの言葉が強く心に残りました。
小さな一歩を重ねれば、どんな遠くにも行ける。
確かそんな言葉でした。
萩田さんのような大冒険ではないけれど、私たちの日々も同じ。
山のように見える日々のやるべき掃除や家事やイベントも、日々の中の小さな一歩を着実に重ねていけば、必ずたどり着ける。
その一歩を丁寧に。
今年もたくさん笑って一歩一歩歩んでいこうと思います。
c0033994_06514973.jpg

[PR]
# by cinnamonspice | 2018-01-22 07:02 | まいにちのこと | Comments(0)

2018 あけましておめでとうございます

c0033994_02452585.jpg

新年、あけましておめでとうございます。
ご無沙汰しています。みなさまいかがおすごしですか。
12月は風のように吹き抜けて、クリスマスから年末は、友人たちや家族と楽しい年末年始を迎えました。
健康で、笑って笑って、今年もよい年にしたいと思います。
みなさまにとっても笑顔あふれる一年になりますように。
c0033994_02453338.jpg

大掃除もおせちも無理なく、をテーマに、今年はおせちは黒豆と栗きんとんと、お雑煮の下ごしらえだけしました。
お刺身をふんだんにと言いたいところですが、育ち盛り食べ盛りの子供たちに食べられないように、彼らの好きなかっぱ巻きをたくさん作る作戦で。
c0033994_02545436.jpg

お雑煮は昆布と鰹節と干し椎茸の出汁に鶏肉が我が家の味。
にぎやかにのんびり楽しく、のお正月です。
おせちも食べ尽きて、今日からは通常の朝ごはんです。

[PR]
# by cinnamonspice | 2018-01-04 02:56 | まいにちのこと | Comments(2)

12月

c0033994_13263026.jpg

今日から12月。
今年がもうあと一か月だなんて、信じられません。
先週末、ぽかぽかと暖かな陽気の中、クリスマスツリーを買いに行きました。
ボーイズはいくつになってもうれしいようです。
c0033994_13265609.jpg

最後の星はやっぱり二人で。
お兄ちゃんはイスに乗らないでも届くようになっていました。
c0033994_13271685.jpg

モミの木のクリスマスの香り。
夢の季節はまだまだ続きます。
[PR]
# by cinnamonspice | 2017-12-02 13:32 | まいにちのこと | Comments(0)

ターキーとおせち

c0033994_08512193.jpg

今年のサンクスギビングも我が家はターキーではなくだんなさまのビーフシチュー。
c0033994_08494209.jpg

ついつい前菜を食べすぎてデザートにたどり着かないのは、我が家あるあるです。
c0033994_08491519.jpg

サンクスギビングが近づくと、今年はターキーを焼くかどうか、と必ず聞かれます。
「大変なのよね」と言いながら、ターキーを焼く奥さんたちの姿は、おせちを作る日本のお母さんの姿と重なります。伝統にに対する誇りのようなものがあるからかもしれません。私はアメリカに来て10年以上、一度もターキーを焼いたことがなくてそう言うと、かなり驚かれるのもおせちに似ていると思います。ターキーはいつまでたっても私には敷居が高くて、ごちそうになるのが理想なんて、娘ぶいています。
c0033994_08500278.jpg

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-26 08:56 | まいにちのこと | Comments(0)