ビスケットの缶

ミニチュアの自然風景

c0033994_09294218.jpg
水草水槽を作りました。種を蒔いてミスト式で水草を育てて1週間。芽が出てから水を入れて2週間ほどで水槽完成です。
水槽の主役はこんもりとした水草の絨毯。小さな水槽なので住人は鼻の赤い(まだ来たばかりで鼻の色は薄いですが)ラミーノーズテトラと
c0033994_09294415.jpg

c0033994_09294547.jpg
ギンガムチェックのような柄の尻尾がオシャレ
c0033994_09322537.jpg
あとはヤマトヌマエビの兄弟のみです。
毎日水草の芝生の丘をツマツマしながら、散歩するエビたち。ミニチュアの自然の景色ではエビが羊で魚が鳥のように見えてきて、眺めていると時間を忘れます。

[PR]
# by cinnamonspice | 2018-10-17 09:25 | すきなもの | Comments(0)

Hugの力

c0033994_13260514.jpg
 子供たちがお世話になった方が亡くなられたと聞きました。
 最後にお会いしたのはこの夏休みの前でした。胃がんを患われてお休みをされていると聞いていたのですが、以前の職場に遊びにいらしていました。元々痩せられていましたが、さらにとても痩せられて闘病生活の厳しさを感じました。
 数日前、訃報を聞いた時、あの時したハグの温もりを思い出しました。ハグをしたら、家族のような親しいきもちになっていろんなかんじょうが胸にこみ上げました。
 昔アメリカに来たばかりの頃は、慣れないハグは恥ずかしくてぎこちなくて苦手でした。でも最近は、空港で別れる時自分の母やだんなさんのお義母さんともハグをするようになりました。ハグをすると言葉以上のものが伝わるように感じます。アメリカに来て14年たった今は、ハグってすてきな文化だなと思うようになりました。
 一年くらい前から、お兄ちゃんは、私が元気がないと”You need a hug!” と言って冗談めかしながらハグしに来ます。素直にハグをもらう時ももらえない時もあるけれど、気分が落ち込んだ時あの笑顔とハグをもらうと、なによりも力をもらいます。ハグはいろんな気持ちを包みこんで、心にぽっかりと空いた穴も傷も治してしまう力があるのですね。

[PR]
# by cinnamonspice | 2018-10-10 13:25 | 今日のおやつ | Comments(0)

秋の空気

c0033994_10232376.jpg

カナダへの旅は一泊三日という強行旅でした。
お土産は空港でバタバタと自分たち用にメープルバターを買いました。
カナダの国旗の赤とメープルリーフのパッケージのデザインもかわいい。
結構甘めでコンデンスミルクのメープルシロップ版のような感じで、トーストしたベーグルと。
メープルシロップの甘い香りがとろんとした眠たくなるような秋の空気と溶け込んで、まだオータムクラッシックの余韻に浸っています。

+++
ネーベルホルン杯も終わりましたね。
ザギトワちゃんの圧巻の演技、素晴らしかったです。ロシアのテストスケートのときはまだ未完成な雰囲気だったFSのカルメンも完璧な演技でした。鐘の音で始まる冒頭の表情には貫禄すら感じるほど。本当に16歳?と思ってしまいます。衣装もディーテールがあってすてきでしたね。赤と黒のコスチュームも黒い透け感のあるレースのトップスが大人っぽくて手首の縁取りの赤いレースもアクセントになっていて効果的ですね。SPの「オペラ座の怪人」の」コスチュームも白のシフォンのドレス風のコスチュームにグレーのレースが影を落とす感じがすてきです。
ザギトワちゃんも羽生くんリスペクトと聞くので、ついつい結びつけたくなってしまうのですが、オペラ座の怪人のジャンプの音ハメ(オペラ座の怪人のプログラム自体も)や、カルメンのラストのあたりのドラ?のような音は「Origin」を思い出しました。ドラの音は偶然?(ドラの音ってそんなに使わないですよね。笑)

+アリーナ・ザギトワ Nebelhorn 2018 FS 「カルメン」


エキシビションのプログラムもかっこよかったですね。今回のエキシビションのナンバーは革のパンツ(羽生くんはエナメルな感じですが)や、ジャケットを脱ぐところも羽生くんの「Hello, I Love You」のトリビュートのようにも感じて、年齢的にもどちらも16歳、17歳と合っていて並べるとすてきだなと思いました。

+アリーナ・ザギトワ Nebelhorn 2018 EX


+羽生結弦 Scate America 2012 EX ”Hello, I Love You”
 

[PR]
# by cinnamonspice | 2018-10-01 10:54 | たべもの | Comments(2)

Orange Colored Sky

c0033994_12554936.jpg
帰りの飛行機から見えた夕焼け。
c0033994_12555033.jpg
今シーズンのメドベージェワ選手のSP「Orange Colored Sky」を思い出しました。このプログラム、曲も振り付けも大好きです。

+メドベージェワ オータム クラッシック 2018 SP "Orange Colored Sky"


今シーズンでは、羽生くんの「秋によせて」も、見るほどに好きになる味わいのあるプログラムですね。第一印象はFS「Origin」の方が強かったですが、光と陰のようにこの二つのプログラムは全く別のようで実は羽生くんの繊細さと強さという二つを組み合わせた表裏一体のような素晴らしいバランスだなと思います。バラード1番も見れば見るほどに好きになったように、「秋によせて」もそうなる予感たっぷりです。もちろん「Origin」は言うまでもありませんが。この二つはセットで伝説的なプログラムになりそうですね。

+ オータム クラッシック 2018 SP「秋によせて」

継ぎ目のない美しいプログラムは見れば見るほどうっとりと世界に引き込まれます。
実はこの動画に観客席の私たちも映りこんでいるんです。偶然ですが、いい思い出になりました。

今シーズンでは、ほかにはジェイソン・ブラウン選手のSP「Love Is A Bi#tch」とチャ・ジュンファン選手のSP「The Price」もそれぞれの選手に合っていて素敵ですね。
今日から始まるネーベルホルン杯に出場する本田真凜選手のSP「セブン・ネーション・アーミー」も曲も振り付けも好きなので見るのが楽しみです。


[PR]
# by cinnamonspice | 2018-09-27 12:55 | すきなもの | Comments(0)

オータムクラッシック 2018

c0033994_12062706.jpg
今回オータムクラッシックの会場は想像以上に小さくてアットホームでとてもいい雰囲気でした。会場に入った瞬間、この距離で選手が見れるんだとびっくりするほどリンクとの距離が近く感じました。
またこの大会では、チケットは一日ずつの券とAll Eventの券だったので、例えば金曜日はアイスダンスのリズムダンス)、男子シングルのSP、ペアのFS、女子FSが行わたので、その日行われる全ての競技(公開練習から)を見ることができてとってもお得に感じました。そのせいか、誰か特定のスケーターのファンという人だけでなく、シングルやアイスダンス、ペア、全ての垣根を超えて、フィギュアスケートが純粋に好きな地元のファンなどいろんな人が入れ替わることなく集まっていました。中には連日仲良くお揃いのカナダの国旗柄のお洋服で観戦にきている(一日過ごしていらっしゃいました)おばあちゃまもいらっしゃって、このイベントを心から楽しみにしているんだなーと胸が温かくなりました。
選手の演技中や練習でエレメンツが成功した時だけでなく、ジャンプなどの失敗があった時も観客から暖かい声援と拍手が送られて、選手の緊張をほぐすような暖かい空気に胸が熱くなりました。アイスダンスなどはいい演技にはその都度掛け声やノリノリの曲には手拍子が送られるのも素敵ですね。
c0033994_12062906.jpg
今回の大会は指定席ではなかったので、競技ごとに空いてる別の席から見て楽しむことができたのも魅力的でした。場所によっては、シングルの選手の演技冒頭の難しいジャンプをよく跳ぶところとか、全体を見渡せて見やすい場所とか、キスクラに近い選手とコーチとのやりとりが見やすい場所とか、座る位置でも色々試合の見え方が違って楽しめます。
 そのうちのジャッジと反対側の席に座っていた時、少し後ろに座ってた方が全員のスケーターの演技が終わるたびに小さなぬいぐるみを投げ入れていました。初めは気づかなかったのですが、その人はお花やぬいぐるみが一つももらえない選手がないように、タイミング良くどの選手ももらえるようにしているようでした。演技を終えたスケーターの方が嬉しそうにぬいぐるみを拾いに来て、お礼を言っていく姿はとても暖かい光景でした。(今回羽生くんもプーさんを拾っていましたね。)そういう選手と観客の暖かいやりとりが見られるのも、観客席とリンクが近い小さな会場ならではの楽しみのように感じました。今回私たちは一日中リンクで全ての競技を見ていたら、今までほとんど見たことがなかったアイスダンスの楽しさを知ることができました。目の前で滑る生の迫力を見ていたら、全ての選手に尊敬の念と惜しみない拍手を送る気持ちがわかりました。

[PR]
# by cinnamonspice | 2018-09-26 12:06 | まいにちのこと | Comments(0)