ビスケットの缶

タグ:暮らし ( 21 ) タグの人気記事

Easter 2017 egg hunt

c0033994_01341784.jpg

今年はお友達と合わせて199個のイースターエッグを用意しました。
たまご=ボールと思っているモカは気になって仕方がない様子。

c0033994_01101558.jpg
年齢が上がって、ビーチフラッグのようにもなっていますが、まだまだ楽しいそうです。
お父さんイースターバニーが隠したたまごをモカも一緒に探します。

c0033994_05111817.jpg
さて、いくつ見つけたかな。

[PR]
by cinnamonspice | 2017-04-19 05:23 | まいにちのこと | Comments(0)

Joshua Tree Camp

c0033994_03575049.jpg

春が来て、またキャンプの季節のはじまりです。
Joshua Tree National Parkへキャンプに行きました。
今回はジョシュアツリー国立公園内のキャンプグラウンドにチャレンジしました。

c0033994_03584957.jpg

ジョシュアツリーの国立公園内のキャンプグラウンドは人気の上予約を受け付けないので、空いているところを自分で見つけて取ります。
今回は希望していたHidden Valleyに空きを見つけることができました。
大きな岩山や木は木陰と風よけにもなるのですごく大切です。

c0033994_05535706.jpg
裏にはトレイルもあって散歩も楽しそうです。


c0033994_05530109.jpg
ボーイズはさっそく岩山を探検していました。


c0033994_05560513.jpg


c0033994_05585743.jpg
めいいっぱい自然の中を駆けまわって一日をすごします。



[PR]
by cinnamonspice | 2017-04-06 06:23 | キャンプ | Comments(0)

春休み

c0033994_06014351.jpg
家の中に少しずつイースターを。
アンティークのシェーカーボックスにポーランドの手描きのイースターエッグを入れて。
作られた国も年代も違うけれど、古いものはすっぽりまあるくひとつの空気を作ります。
たまごのまあるい形は見ていると心もまるくなるように感じます。


子供たちの春休みが始まりました。
春休み前の大きな学校のプロジェクト、弟くんの大きなState Reportが終わり、みんなほっと一安心しました。
7th Gradeのお兄ちゃんは英語の授業で自由なテーマでエッセイを書く宿題をいつの間にかおわらせていましたお兄ちゃんはミドルスクールに入って一人で大きなレポートもいつの間にか終えるようになり、自立しました。
みんなそれぞれやり遂げて楽しい春休みへ。

母が好きな言葉に、海援隊の曲で「贈る言葉」の「人は悲しみが多いほど人には優しくできるのだから」という言葉があります。
人の痛みが分かる人、はそういう人なのかもしれません。
少し前から、子供たちにたずさわるお仕事をさせていただいています。
そういう気持ちで、心をこめて子供たちと向き合う日々です。

さて、そろそろ自然が恋しくなってきました。
からからの大地に水がしみこむように、春休みの間に自然のエネルギーのシャワーを受けにキャンプに行けたらいいなと思います。





[PR]
by cinnamonspice | 2017-03-26 06:17 | すきなもの | Comments(0)

生命力

c0033994_02195169.jpg

雨の日が続いています。
この数年、歴史的な干ばつ(過去をさかのぼると周期があるのだそう)が問題になっていたCAも今年はたっぷり潤ったでしょうか。

夜の読み聞かせは相変わらずギリシャ神話を読んでいます。
お兄ちゃんは学校の英語の授業でギリシャ神話を読んでいるのだそうです。
ギリシャ神話を読んでいて見えてきたギリシャ神話あるある。
神様は頭から生まれてくる。
竜の歯をまくと人間が出てくる。
神様を敬わないと酷い目に合う。(家族全員殺されるのはよくあること。しかもなかなかグロテスクな最後を遂げる。)
美しい娘は女神にねたまれ牛に変えられがち。
人間への戒め、教訓もありますが、不条理があるのも神様の世界ならではです。
むごい仕打ちにははじめは怖がっていた子供たちでしたが、ギリシャ神話あるあるで盛り上がるようになりました。
c0033994_02180445.jpg

蚤の市で買った多肉を少し植え替えてみました。
緑が欲しくなったのも春が近いからかもしれません。

[PR]
by cinnamonspice | 2017-02-12 07:29 | まいにちのこと | Comments(0)

10年

c0033994_9155154.jpg
アボカドのチョコレートケーキを焼いておやつ。

アメリカに住んで10年が過ぎて、最近やっといろんな買い物が上手に出来るようになったと感じます。スーパーマーケットもオーガニックで高級なものから庶民的なところまで色々あるけれど、アメリカに来た当初は分からず全ての食品をWholefoods Marketで買う贅沢な暮らしをしていた時代もありました。今でも時々Wholefoodsでお買いものもしますが、今は食材によって買いものに行くスーパーマーケットを使い分けています。
c0033994_6233815.jpg

例えばヨーグルトもいろいろ試してきたけれど、今はこの二つを食べることが多いです。毎朝のヨーグルトには左のTrader Joe'sのPlainタイプにメープルシロップを入れて食べています。ランチやスナックにTargetでChobaniのフルーツソースの入ったものを。
ヨーグルトだけでも様々な歴史があるけれど、今はこれで落ち着いています。
c0033994_06312564.jpg


あと、今気に入っているのがこのサラダ。サラダもドレッシングやカレンツやナッツ、チーズなどもセットになって混ぜるだけになったこうしたものがとても便利で、時々使っています。中でも、今はTrader Joe’sの新商品のこのサラダがおいしくてリピートしようと思っています。
今でもわからないことや初めて知ることがたくさんですが、10年かかって暮らしができてきんだと思います。お腹にいたお兄ちゃんや弟くんを見ると、10年の重さと速さをしみじみと感じます。


[PR]
by cinnamonspice | 2017-02-04 03:01 | たべもの | Comments(0)

バウキスとピレモン

c0033994_14562717.jpg
お正月にも作ったなかしましほさんのレシピの抹茶ババロア、おいしかったのでまた作ってみました。

昨日読んだギリシャ神話にこんなお話がありました。「バウキスとピレモン」というお話で、あるときジュピターとマーキュリーの二人の神様は人間の姿で旅をしていて、疲れてある村で一晩泊めてほしいと一軒ずつ家々を回って行きます。しかし、不親切な村の人々は誰も二人を泊めてくれません。最後にとても貧しい家を訪ねると、その家のバウキスというおばあさんとピレモンというおじいさんが二人を暖かく迎え入れてくれました。とても貧しい暮らしなのに、おじいさんとおばあさんは神様とは知らず旅人の二人にできる限りの心をこめたもてなしをします。手を洗うために温かなお湯を張って、庭で野菜を取ってきて天井に吊るしたベーコンを一切れ切ってシチューを作ります。食べる前にはいい香りのする香草でテーブルを拭いたり、そのもてなしの描写は質素だけれど、読んでいる私たちも幸せな気持ちになるような温かなものでした。最後に神様はバウキスとピレモンを連れて高い丘に行き、迎えてくれなかった村人たちに罰を与えると言って村を湖に沈めてしまいます。(こういう神様が少々手荒いところがギリシャ神話っぽい。)バウキスとピレモンの家だけが残りそこに神殿を建てました。そして、おじいさんとおばあさんに二人の願いを聞きます。二人は、この神殿でお坊さんになって神殿を守るといい、最後は二人仲良く暮らしてきたから、死ぬときも同じときに死にたい、と神様伝えます。神様は二人の願いを聞き、二人はよぼよぼに歳をとってある日話をしていると、体から木の葉が芽をだしてきます。そして木の葉の冠が頭を覆い、二人はものが言えるうちに、
「さようなら、おばあさん」
「さようなら、おじいさん」
と言い終わると木の皮が二人の口を覆いました。
それ以来その二人はボダイジュとかしの木になって立っているというおはなしでした。

「さようなら、おばあさん」
「さようなら、おじいさん」
命が尽きるとき、そう言い合って、一緒に最後を迎えられたら、とてもすてきだと思いました。
[PR]
by cinnamonspice | 2017-01-21 14:12 | | Comments(0)

はじめの

c0033994_10565195.jpg

今年最初のソーイングは自分用にCheck&Stripeさんの布で後ろがギャザーのタックスカートを縫いました。
そして、今年最初の読み物は宮沢賢治の「よだかの星」を読みました。

よだかは、実にみにくい鳥です。

という書き出しで始まる物語。
鳥仲間が顔をそむけるほど嫌われるよだか。
くちばしはひらたくて、耳までさけていて、かえるの親戚のようと、うわさされます。
鷹という名前がつくのに、鷹の兄弟でも親戚でもなく、かわせみや蜂すずめ(ハチドリ)のお兄さんだといいます。
きけば聞くほどよだかが気になって、思わずインターネットで調べてみると、ひな鳥はピグモンのような愛嬌のある顔立ちで、思わず笑みがこぼれました。
大晦日の日、友人のお子さんが、学校の演劇で「よだかの星」のよだかの役をやると聞いて、それはよかったというと、
「とても悲しい役なの」
ときいて、手に取ったお話は、本当に苦しくて悲しいお話でしたが、実際のかわいらしいよだかの姿にとても救われるような気持ちがしました。

今年最初のソーイング、今年最初の読書、初めてづくしの新年のはじまりは、生まれ変わって赤ちゃんになるようでなんだかわくわくします。
c0033994_10574893.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2017-01-08 11:15 | ひとつだけのもの | Comments(0)

年の終わりに

c0033994_10445589.jpg

今年は大掃除を頑張りました。
子供たちの部屋のクローゼットを整理したら、古いハロウィンの衣装やらもう着られない洋服、おもちゃ、いろいろ出てきて何袋ものごみ袋がいっぱいになりました。
キッチンもきれいになってすっきり、家の中の風通しがよくなっていい年の終わりを迎えることができそうです。

今年は始まりはさまざまな高い波が寄せては返して、苦しいスタートでしたが、年の終わりには波もおさまり、穏やかな海にもどりました。
振り返れば、家族みんな大病もなくよい年だったのだと思います。
去年、皮膚がんをやってから、生き方が少しだけ変わったように思います。
ストレスはガンを作るということ。
いい加減(よい加減)に、やりたいことをして心の中には悪いもの苦しいものをためない。
肩の力が抜けたように思います。
来年も、いい加減に。
家族寄り添って楽しく暮らせたらと思います。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-31 10:52 | まいにちのこと | Comments(0)

クリスマス旅行

c0033994_2451589.jpg
クリスマスの旅行に行きました。
最初に寄ったのはワイナリー。
リースやクリスマスツリーが飾られていてクリスマス一色に染められていてすてきでした。
ワインテイスティング($10、ワインを購入すると無料)をして、友人のお土産に一本選びました。
テイスティングは白2種類、赤3種類、私はお酒が弱いのでもうふらふらです。(気に入らないものは捨ててもいいのですが、つい飲んでしまったので。)
あれこれワインに合うオリーブやクラッカーも選びました。
c0033994_2454826.jpg
テイスティングのあとは持ってきた生ハムとチーズとパンで簡単ピクニックランチをしました。
青空と緑ののどかな景色に心がほどけます。

c0033994_9264370.jpg
LAから車で3時間程度、今回の旅の目的地シカモア温泉に着きました。
お部屋の用意ができるまでハイキングに行くことに。
c0033994_9422849.jpg
傾斜のある山道を30分ほど歩くとこの景色がありました。
c0033994_9464692.jpg
お部屋に入って夕飯の前にさっそくお風呂の準備。
家族みんなで入りたかったので、水着を着て入りました。
意外と広くて家族4人でゆったり入れました。
外のツンと冷たい空気を感じながら入るお風呂は本当に幸せ。
体のすみずみまでぽっかぽかになりました。
c0033994_10411317.jpg
夕飯はシーフード。
お兄さんが豪快にテーブルに広げてくれたシーフードの山。
いろんな道具を使ってカニをみんなで無言でいただきました。
余談ですが、このお店でテーブル担当のお兄さんに弟くんがハイチェアが必要か聞かれて、10歳なんだけど、と家族で後々話題になりました。
いつも年寄りだいぶ年下に見られる弟くんならではの今年最後のいいエピソードでした。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-22 10:00 | まいにちのこと | Comments(0)

The Broad ギフトショップ

c0033994_01161114.jpg

ミュージアムのギフトショップを覗くのも楽しい時間です。
入場時間まで時間があったので、先にギフトショップを訪ねました。

c0033994_01161231.jpg

草間彌生のコーナーも。
インパクトあります。

c0033994_01161288.jpg

アートとは何か。
帰りの車でだんなさまと話しました。

c0033994_01161338.jpg

展示を見て外に出るとすっかり日が傾いていました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-09 01:07 | まいにちのこと | Comments(0)