ビスケットの缶

タグ:子育て ( 40 ) タグの人気記事

好きを育てる

c0033994_15330571.jpg

お兄ちゃんのチームは学校のロボティックのクラスのコンテストで3位になったとのこと。
賞金にアマゾンのギフトカードがもらえると小走りで帰ってきました。
ロボティックのクラスに、私たちの子供の頃の時代とのギャップを感じてしまいます。学校の授業に企業のスポンサーがついて賞金が出るというのもアメリカらしくていいなと思います。
好き、の種をどんどん撒いてくれたらいいな。
c0033994_15330527.jpg

今日のアドヴェントカレンダーはキャンディケーン。
マシュマロいっぱいのココアと。チョコミント。



[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-11 15:27 | こども | Comments(0)

The Broad ギフトショップ

c0033994_01161114.jpg

ミュージアムのギフトショップを覗くのも楽しい時間です。
入場時間まで時間があったので、先にギフトショップを訪ねました。

c0033994_01161231.jpg

草間彌生のコーナーも。
インパクトあります。

c0033994_01161288.jpg

アートとは何か。
帰りの車でだんなさまと話しました。

c0033994_01161338.jpg

展示を見て外に出るとすっかり日が傾いていました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-09 01:07 | まいにちのこと | Comments(0)

アートな1日

c0033994_00293375.jpg

楽しみにしていた新しくできたコンテンポラリーアートの美術館The Broadへ。

c0033994_00293324.jpg

建物のデザインもとてもすてきでした。


c0033994_00293444.jpg

内部は天井や床に曲線がたくさん使われていて、今までの美術館の四角いイメージと違って新鮮です。

c0033994_00293421.jpg

入ってすぐにあったお皿がいっぱい積まれたインスタレーション。

c0033994_00293595.jpg

バスキアの書く文字がかわいい。

c0033994_00293585.jpg

バスキアのJoeおじさんも味があって気になります。

c0033994_00293501.jpg

輪になって会話しているかのような木彫りの熊。

c0033994_00293633.jpg

バルーンの犬はステンレス製とは思えない柔らかさ。

c0033994_00293692.jpg

小人気分を味わったり

c0033994_00293749.jpg

弟くんが好きと言った村上隆の作品。
お兄ちゃんが見たいと言った草間彌生の作品は、予約制とは知らず見れなかったのが少し心残りでしたがアートに触れた1日でした。


[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-09 00:14 | まいにちのこと | Comments(0)

12月

c0033994_1423256.jpg

12月。
波に洗われて海深い貝が浜辺に打ち寄せられるように、一年の日々も流れ流れて必ず12月という浜辺にたどり着ききます。
今年はさらにスピードが速く感じた一年でした。
しみじみとした気持ちで始まる月。
少し時間ができて、子供たちのアドヴェントカレンダーの中身もぎりぎりセーフで用意できました。
子供たちに負けずに中身が気になるモカです。
c0033994_1352182.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-03 01:45 | まいにちのこと | Comments(0)

クリスマスツリーを買いに

c0033994_13172832.jpg

週末はクリスマスツリーを買いに行きました。
少し前までぽかぽかしていましたが、いつもクリスマスツリーを買いにいくころには、ちゃんと冬らしい空とつんと冷たい空気になります。
お兄ちゃんも弟くんも、ずいぶん大きくなりましたが、まだクリスマスツリーを買うのを楽しみにしているようです。選んでいる最中は今年も子犬のようにはね回っていました。
今年は小ぶりなものが見つかったので(いつも小さいものは売り切れていることが多いのです。)ちょうどいいサイズを買うことができました。
c0033994_1318789.jpg
少しずつ今年もクリスマスが近づいてきました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-12-01 13:30 | まいにちのこと | Comments(0)

おはぎづくり

c0033994_125168.jpg
サンクスギビングの連休の最後は、だんなさまの一声でおはぎづくりをしました。

c0033994_12515098.jpg
おはぎづくりは家族行事。
気が付けば、私は小豆を炊いただけで、だんなさまの指導のもと、子供たちだけで作ってくれました。
小豆、黒ゴマ、きなこ、の三種類はだんなさまの実家の味。

c0033994_1252921.jpg
中にはあんこが入っています。
みんなおいしくいただきました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-11-30 12:55 | まいにちのこと | Comments(0)

お小遣いの使い道

c0033994_3512029.jpg

お兄ちゃんがミドルスクールに入ってお小遣いを増やしました。
日本で育った自分のころを思うと少ない金額だと思うけれど、学校の行きも帰りも習い事もみんな親が送り迎えするので、コンビニによって自分でおやつを買うこともないので、足りているようです。
そのお小遣いをためていつもはおもちゃを買ったりしていたけれど、今回初めて自分で洋服を買うと言いました。
洋服と言ってもAddidasのパーカーだけど、なんだか成長を感じて微笑ましく感じました。
オリジナルの価格から、セールになっていて、さらにBlack Fridayセール(もう始まっていた!)で値引きされ半額以下に、そして送料無料だった、と嬉しそうに言っていました。
お金の使い道は時間の使い道と同じだと最近しみじみと思います。
持っているお金と時間をどう使うか、やりくり上手になってくれたらいいなと思います。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-11-24 04:00 | 今日のおやつ | Comments(0)

Gratitude Tree

c0033994_12312092.jpg

Thanksgivingももうすぐ。
お兄ちゃんと弟くんでGratitude Treeを作りました。
感謝するものひとつひとつを葉っぱに書いて、木につけていきます。
Dad, Mom, grandparents, Mocha, family...

弟くんは、お友達の名前をいくつも書いていました。
お兄ちゃんは、my life, school, water, Youtube、大切に思うものはみんなそれぞれ。
改めて文字にしてみるとおもしろいです。
c0033994_1231437.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2016-11-23 12:36 | まいにちのこと | Comments(0)

出発の前夜

c0033994_5225767.jpg
少しずつハロウィーン。
怖カワイイが癖になります。

弟くんが2泊3日の学校のキャンプ(お泊り遠足)へ出かけていきました。
しんと静かな家。
一人いないだけなのに、家の中にぽっかり大きな穴が開いたようでした。

出発の前日の夜、、初めてのお泊り遠足に弟くんの中でいろんな気持ちがこみあげているようでした。
夕飯のときには、
「僕がいない間に、みんなでカレー食べたらだめだよ。(弟くんの好物)」
とか、
「僕がいない間にお兄ちゃんにYoutube見せたらだめだからね。」
とか、家族が自分がいない間に宴でも開くかのようにスネていました。

そして寝る前になったら今度しゅんとして
「ママが死んだらお墓を作って僕はそのお墓の隣でずっと抱っこしてるんだ。
そのお墓の隣に僕の家をいっぱい作って住むんだよ。
それとも家の中にお墓を作ろうかな。」

そのあとはお兄ちゃんも加わってママが死んだら話で盛り上がっていた二人。
なんだか複雑な心境です。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-10-01 01:00 | まいにちのこと | Comments(0)

好奇心というエンジン

c0033994_11234275.jpg

日曜日の朝はお兄ちゃんの焼いたポケモンパンケーキで朝ごはん。

お兄ちゃんのエンジンは好奇心。
小さいころからいろんなことに興味があって、10歳くらいからは料理に興味を持って初めて作ったのはお味噌汁でした。今もジャムづくりや大好きなスープ作り、週末になると、私たちのベッドルームへきて、「パンケーキ焼こうか?」と、言ってパンケーキを焼いてくれます。今朝はパンケーキで絵を描きたくて相談を受けました。
彼は好奇心というエンジンでどんどん前に進んでいきます。
新しいことにも怖いとか、心配ということよりも先に好奇心が勝ってぐんぐん前に進んでいくタイプ。
去年日本へ帰ったときも、日本の小学校に入って一週間もしないうちにあったお泊りでの臨海学校。
お友達もできたかできないか日本の学校生活にもまだ慣れないなかでのお泊りに、学校からも参加するかどうかの確認があった時恐る恐るお兄ちゃんに聞いてみると二つ返事で「行く」とのことでした。
新しいお友達とのお泊り、「みんなで火を起こすところからご飯を作ったのがとーっても楽しかった」というのがお兄ちゃんの帰ってきた第一声。
今でも臨海学校の話が出るたびに、「みんなで作ったカレーが(水っぽかったけど)楽しかった」とか、「みんなで寝たのが楽しかった」とか、きらきらした瞳で話すところを見ると、親から離れて初めて子供たちだけで過ごす時間は新鮮で楽しかったのだと、不安だったけれど貴重な体験をさせていただけてよかったとうれしくなります。
見たことのないものを見て見たい、その先にあるものが見たい、そんな思いで新しいところにもポンと飛び込んでいく、好奇心は彼の宝物だなぁと思います。
そのお兄ちゃんの後を追うように、目下反抗期の弟くんもほんの少しずつトンネルの先が見えてきました。
彼はどんなエンジンで進んでいくのかな。
兄弟それぞれのたからもの。
そっと見守っていこうと思います。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-09-26 11:38 | たべもの | Comments(0)