ビスケットの缶

チーズケーキの研究

c0033994_15035626.jpg

チーズケーキの研究中。
アトリエタタンのレシピのチーズケーキ
シンプルなケーキほど好みを探すのが難しい。

「僕は、小さなものが動いてるのが好きなんだ。」
Nゲージの動画をYoutubeでみては、鼻歌を歌いながらちまちま手を動かすお兄ちゃん。
お兄ちゃんはこれを作っていました。
c0033994_2355483.jpg

Nゲージのための街なのだとか。
グレーの建物をペイントで塗ったり、ヨドバシカメラ(彼には夢の場所)の看板や、セブンイレブンの看板が立体になっているところや、銀行の自動ドアなど、こだわりだそうです。
c0033994_15035624.jpg

お友達のお母さんレシピチーズケーキ。
子供達にはこっちが人気でした。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-01-29 14:59 | Comments(0)

teen

c0033994_10422045.jpg

何歳までがティーンって言うのか知ってる?
お兄ちゃんが聞いた。
19歳?
正解。
お兄ちゃんが答えた。
100歳になったらまたティーンが来るんだよ。
若返ることができるんだよ。113歳になったら、またバイクに乗って走れるんだ。
100歳のティーン、考えてもみなかった。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-01-25 10:35 | Comments(0)

バウキスとピレモン

c0033994_14562717.jpg
お正月にも作ったなかしましほさんのレシピの抹茶ババロア、おいしかったのでまた作ってみました。

昨日読んだギリシャ神話にこんなお話がありました。「バウキスとピレモン」というお話で、あるときジュピターとマーキュリーの二人の神様は人間の姿で旅をしていて、疲れてある村で一晩泊めてほしいと一軒ずつ家々を回って行きます。しかし、不親切な村の人々は誰も二人を泊めてくれません。最後にとても貧しい家を訪ねると、その家のバウキスというおばあさんとピレモンというおじいさんが二人を暖かく迎え入れてくれました。とても貧しい暮らしなのに、おじいさんとおばあさんは神様とは知らず旅人の二人にできる限りの心をこめたもてなしをします。手を洗うために温かなお湯を張って、庭で野菜を取ってきて天井に吊るしたベーコンを一切れ切ってシチューを作ります。食べる前にはいい香りのする香草でテーブルを拭いたり、そのもてなしの描写は質素だけれど、読んでいる私たちも幸せな気持ちになるような温かなものでした。最後に神様はバウキスとピレモンを連れて高い丘に行き、迎えてくれなかった村人たちに罰を与えると言って村を湖に沈めてしまいます。(こういう神様が少々手荒いところがギリシャ神話っぽい。)バウキスとピレモンの家だけが残りそこに神殿を建てました。そして、おじいさんとおばあさんに二人の願いを聞きます。二人は、この神殿でお坊さんになって神殿を守るといい、最後は二人仲良く暮らしてきたから、死ぬときも同じときに死にたい、と神様伝えます。神様は二人の願いを聞き、二人はよぼよぼに歳をとってある日話をしていると、体から木の葉が芽をだしてきます。そして木の葉の冠が頭を覆い、二人はものが言えるうちに、
「さようなら、おばあさん」
「さようなら、おじいさん」
と言い終わると木の皮が二人の口を覆いました。
それ以来その二人はボダイジュとかしの木になって立っているというおはなしでした。

「さようなら、おばあさん」
「さようなら、おじいさん」
命が尽きるとき、そう言い合って、一緒に最後を迎えられたら、とてもすてきだと思いました。
[PR]
# by cinnamonspice | 2017-01-21 14:12 | 今日のおやつ | Comments(0)

雪景色

c0033994_14181973.jpg
アメリカは3連休(子供たちは4連休です。)、雪景色が見たくて、雪山へ行きました。
朝5時に家を出発して、向かったのは車で1時間半のMt. High。
c0033994_14165163.jpg
着いたときには山に朝日が照らして、夜が明けてきました。
c0033994_14191247.jpg
見たかったのはこの景色。
北欧のテキスタイルみたいに美しくて寒さを忘れるほど。

c0033994_1417917.jpg
レトロなリフトの建物がスターウォーズの基地のようでかっこいい。
子供たちは初めてのスキー。
Full Dayのスキークラスに入りました。
c0033994_142058.jpg
大きな木の樹氷が見事で、思わず見上げてしまいます。
c0033994_14214062.jpg

c0033994_142119100.jpg
モカは初めての雪の冷たさに驚いていました。
積もった雪に乗ってはずぼっと沈むのが楽しいようで、繰り返し遊んでいました。
c0033994_14202498.jpg
午後になると、日差しで木々に積もった雪から蒸気が昇ってとても幻想的でした。
c0033994_14204453.jpg
ゲレンデにステージがあってロックバンドが演奏しているのも、アメリカらしくてかっこいい。
久しぶりの雪を満喫した一日でした。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-01-17 14:57 | まいにちのこと | Comments(0)

神話とおやつ

c0033994_2574327.jpg

子供たちの寝かしつけの本は、ギリシャ神話を読んでいます。
私自身、小学生3年生くらいのころ、世界の神話に夢中になって、学校の図書館から本を借りて家までの帰り道読みながら帰ったことを思い出しました。
ギリシャ、北欧、ロシア、中国、日本、国によってさまざまですが、不思議と似ている話もいくつもあったことが新鮮でした。
ギリシャの神様はやきもち焼きで、人間よりも人間らしく、怒ったり、恋に落ちたり、呪ったり、欲望に正直で面白い。神様なのに、悪態をついたり、焼きもちで魔法をかけたり、人間くさいところがまた子供たちには面白いようです。
今まで読んだお話の中には、ロミオとジュリエットや、裸の王様のようなお話もありました。
いくつもの勘違いが悲劇を生んでいく様子は子供たちも歯がゆく感じているようです。
そして、最後にはいつも死が存在します。
時には残酷な描写もあるけれど、古い物語はそういうもの。
みんな守られた世界でいつまでも生きていることはできないのだから。
知らぬ間に少しずつ毒を飲んで、免疫をつけていたのかもしれません。
死、無常、欲、苦しみ、悲しみ、怒り、生、喜び、恋、美
神話にはいろんなものが濃縮されてぎゅっと詰まっているように感じます。
[PR]
# by cinnamonspice | 2017-01-12 02:54 | 今日のおやつ | Comments(2)