ビスケットの缶

12月

c0033994_13263026.jpg

今日から12月。
今年がもうあと一か月だなんて、信じられません。
先週末、ぽかぽかと暖かな陽気の中、クリスマスツリーを買いに行きました。
ボーイズはいくつになってもうれしいようです。
c0033994_13265609.jpg

最後の星はやっぱり二人で。
お兄ちゃんはイスに乗らないでも届くようになっていました。
c0033994_13271685.jpg

モミの木のクリスマスの香り。
夢の季節はまだまだ続きます。
[PR]
# by cinnamonspice | 2017-12-02 13:32 | まいにちのこと | Comments(0)

ターキーとおせち

c0033994_08512193.jpg

今年のサンクスギビングも我が家はターキーではなくだんなさまのビーフシチュー。
c0033994_08494209.jpg

ついつい前菜を食べすぎてデザートにたどり着かないのは、我が家あるあるです。
c0033994_08491519.jpg

サンクスギビングが近づくと、今年はターキーを焼くかどうか、と必ず聞かれます。
「大変なのよね」と言いながら、ターキーを焼く奥さんたちの姿は、おせちを作る日本のお母さんの姿と重なります。伝統にに対する誇りのようなものがあるからかもしれません。私はアメリカに来て10年以上、一度もターキーを焼いたことがなくてそう言うと、かなり驚かれるのもおせちに似ていると思います。ターキーはいつまでたっても私には敷居が高くて、ごちそうになるのが理想なんて、娘ぶいています。
c0033994_08500278.jpg

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-26 08:56 | まいにちのこと | Comments(0)

Thanksgiving

c0033994_15595747.jpg

Happy Thanksgiving!
楽しい日も、苦しい日もあるけれど、今に感謝して。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-24 16:04 | まいにちのこと | Comments(0)

c0033994_02002640.jpg

軒先に飾られたイルミネーションや、美しい包みのギフトを両手いっぱいにもった人々や、どこからか聞こえてくるクリスマスソング、ホリデーシーズンのこの季節は夢の中を歩いているような気持ちがして、自然とふわふわと足取りも軽くなります。

週末の蚤の市では、たくさんのクリスマスグッズが並んでいて、私は古いクリスマスのガラスのオーナメントを買いました。
毎年、意識して探してはいないけれど、山積みに置かれたオーナメントの箱の中から一つか二つ、気に入ったものを見つけると買い求めています。
c0033994_02382634.jpg

カラフルなものもかわいいけれど、私が手に取るのはシンプルなガラスらしい手吹きガラスのもので、ぷうと膨らませたシャボン玉のように軽く、その薄いガラスの中に、当時の空気が作り手の手にした人の夢が詰まっているようでうっとり見入ってしまいます。はかない夢が目に見えるとしたらこんな形なのかもしれない、そう思うとそっと壊れないように手に取ってひとつひとつ覗いていると時間を忘れます。このシャボン玉のようなオーナメントひとつひとつがクリスマスツリーを照らしているところを想像するとまぶしい気持ちになります。
お店のおじさんやおばあさんと「きれいですね。」「きれいでしょう。」と話している時は、そんな夢を共有したような気持ちがして幸せな気持ちになります。そして、その夢ひとつひとつに代金を払って手にして帰るときはほくほくとくすぐったいような気持ちがします。
クリスマスグッズを見る人々の顔はぱっと明るく、大人も子供にかえったようないい顔をしています。
蚤の市のそこここにそんな笑顔があふれるホリデーシーズンは本当に魔法のような季節で、みんなで同じ夢を見ているのかもしれません。

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-19 02:44 | すきなもの | Comments(4)

ホリデーシーズンと映画

c0033994_13122992.jpg

ご無沙汰をしています。
みなさまお変わりありませんでしょうか。
私たちは元気にしています。
気が付けば、もう11月。サンクスギビングも近づき、ホリデーシーズンの始まりに、子供も大人も胸が高鳴る季節になりました。

週末、子供たちと久しぶりに映画をいくつか見ました。
お兄ちゃんと弟と一緒に英語版のハリーポッターを読んでいるのですが、一番の遅い読者の私が一巻を読み終えたので、約束通り一作目の映画と、「ルドルフとイッパイアッテナ」、「ドラえもん Stand By Me」、「この世界の片隅に」の4本。なかでも、「この世界の片隅に」の作品は悲しいテーマをたんたんと朗らかに描いていて、泣いたり笑ったり、すてきな作品でした。すずさん役ののんさんの声もとても主人公のキャラクターにあっていて、苦しいテーマもとてもやわらかく包み込んでいました。
戦争があって、原爆投下があったこの映画の中の時代が今から80年ほど前だったなんて、信じられないほど、世界は変わってものが豊かになっているけれど、私たちは賢く豊かに暮らせているだろうか。大切なものとは。いろんなことを考えさせられました。
初めて知る戦時中の暮らしに、お兄ちゃんも弟くんも、それぞれの視点で感じるものがあったようでした。
c0033994_13114592.jpg

[PR]
# by cinnamonspice | 2017-11-08 13:34 | 今日のおやつ | Comments(2)