ビスケットの缶

<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

summer day

c0033994_09373952.jpg

Trader Joe'sで買ったMangociniは白ワインベースで微炭酸なマンゴーのお酒。さわやかで夏にぴったりです。

2か月半の子供たちの長い夏休みが始まりました。
夏休み最初はお友達の家にプールパーティにお邪魔しました。
夏の日差しとシュワシュワと発泡酒が本当に気持ちのいい夏の午後でした。
子供たちはプールで水鉄砲やら、本気のレースやら。
c0033994_09453109.jpg
c0033994_09472845.jpg

日が長くなったのも夏の楽しみのひとつ。
カリフォルニアに来て、苦手だった夏が好きになりました。
子供たちの歓声と夕焼けと。
c0033994_09442160.jpg

ディナーには友人がステーキをBBQでグリルしてくれました。
ガーリックトーストと。BBQでグリルすると食材がさらにおいしくなります。
気の置けない友人とすごす夏の日。
美しい夏の日、夏のはじまりでした。
c0033994_09421998.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2017-06-13 09:52 | まいにちのこと | Comments(0)

卒業式

c0033994_09320207.jpg
弟くんがエレメンタリーを卒業しました。
6年間通ったエレメンタリーともこれでお別れ。
親子ともども頑張った6年間でした。
建築で言う基礎工事のように、この6年間の頑張りが大きな支えになると思います。
駆け抜けた6年間、本当にお疲れさま。
弟くんがエレメンタリーの6年間を一言で表したのは、「仲間」という言葉。
本当にお友達に支えられた6年でもありました。
みんな同じミドルスクールに進めることもとても幸せなことだと思います。
あなたが踏み出す新しい旅路を心から応援しています。

[PR]
by cinnamonspice | 2017-06-13 09:32 | こども | Comments(2)

未来への手紙

c0033994_11563827.jpg

お兄ちゃんがミドルスクールの英語の授業で先生から、最後の宿題に「高校を卒業する自分に向けた手紙を書く」という宿題をもらってきました。
封筒に自分の住所と宛名を書いて、切手を貼って先生に提出します。
先生はお兄ちゃんたちが高校を卒業する年、5年後にその手紙を投函してくれるのだそうです。
お兄ちゃんが書いた手紙を一度だけ、内緒、と約束してこっそり見せてもらいました。

「今は僕は二階建てのアパートに住んでいます。僕は引っ越したいです。
君は今、同じところに住んでいますか。
モカは生きていますか?
僕は今サッカーが好きで、一番好きな選手は〇〇で、好きなチームはFCバルセロナだけど、君はどこのチームが好きですか。
僕は将来建築家になりたいので、〇〇大学に行きたいけれど、あなたは今どう考えていますか。
僕は今、シャイで、静かな人だけど、君は変わっていませんか?

僕は行きたいところは日本だけど、君は日本のおやつは何が好きですか?
友達のA,D,Rのことは覚えてる?
今、先生は〇〇、〇〇....に教わっているけれど、今はどうですか。


c0033994_11575999.jpg

未来の自分への問いかけがきりがないほどレターサイズのそっけない罫線の紙に、英語でびっちり小さな文字で書かれていました。
手紙からたくさんの未来があふれてきて、読んでいるうちに胸がいっぱいになりました。
5年後の君は今どうしていますか。
どうかたくさん笑っていますように。


[PR]
by cinnamonspice | 2017-06-09 10:45 | こども | Comments(0)

cocktail

c0033994_10450846.jpg

だんなさまが思い立ってカクテルづくりに挑戦しました。
まずは、ウォッカを使った簡単なカクテルを。
家でカクテルを飲むなんて、なんだか不思議な感覚です。
c0033994_10453266.jpg

初めに作ったのはモスコミュール。
ジンジャーエールが甘めだったので、今度は辛口のもので、ライムジュースはフレッシュなライムを絞るだけでよさそう。
この夏は奥深くて楽しい、カクテルの世界にはまりそうです。
[PR]
by cinnamonspice | 2017-06-06 10:48 | たべもの | Comments(0)

ティーンのはじまり

c0033994_09461179.jpg

お兄ちゃんが13歳の誕生日でした。
thirteen
いよいよティーンエージャーのはじまりです。
好奇心が旺盛で、やさしくて、努力家のお兄ちゃん。
好きなことをどんどん追求して、すばらしい出会いに満ちたティーンになりますように。

誕生日当日は、お兄ちゃんの親友で同じお誕生日のお友達の家にディナーに出かけたので、お誕生日さん不在でしたが、帰ってから家族でケーキを囲んでお祝いしました。



[PR]
by cinnamonspice | 2017-06-06 09:54 | Comments(2)

宿題

c0033994_10083757.jpg

弟くんのElementaryの卒業が近づいて来ました。
波のように押し寄せるイベントに抹茶でひと息、呼吸を整えます。
c0033994_10083832.jpg

弟くんたち5年生の最後の英語の読み物は「Gloval Seed Vault」という災害に備えて人類に必要な穀物などの種を保存する貯蔵庫についての記事でした。「Gloval Seed Vault」とは、大災害が起きたときに、人類がこれらの種から再び植物を育て食料にすることができるために何百万もの種を保存しているというもので、北極に近いノルウェーのスピッツベルゲン島の山深くに埋められたその貯蔵庫で永久凍土に守られていた種が、近年の気候の変化や地球温暖化の影響で深刻な問題に直面しているとのことでした。このあたりでは世界の他の場所より早いスピードで温暖化が進んでいるのだそう。それは科学者たちの予想よりも早く変化しているということでした。今は溶けた水は貯蔵庫には到達していないので安全ですが、少しずつ溶けているその水から貯蔵庫を守るために山ぞいに側溝を掘ったり、ポンプを設置したりする対策を取っているのだと記事は締めくくられていました。

私はそもそもこういう試みがあることを今回この記事を読んで初めて知りました。この種の貯蔵は、もしもや万が一、に備えたものだけど、近年の気候の変化などによる自然災害や、戦争、核爆弾などその万が一だった可能性のパーセンテージは変わって来ているのかもしれません。つい最近、「風の谷のナウシカ」の漫画を再び全巻読んだことを思い出しました。人類が汚してしまった土地、それを浄化するために生まれた腐海。今もなお人間が繰り返すあやまちの中で、私たちはもしもの時生き延びられるのでしょうか。いろんな想像を掻き立てられる記事でした。
c0033994_10083815.jpg







[PR]
by cinnamonspice | 2017-06-04 08:20 | Comments(0)