ビスケットの缶

<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

子供たちとしたいこと

c0033994_433660.jpg
お花のクッキーを焼いておやつ。
ざくざくという音もおいしい。

 少し前まで読んでいた佐々木正美さんの「子どもへのまなざし」の本の中に、豊かさが破壊したもの、という章があります。
私たち人間が豊かさをもとめた結果、壊したのは自然だけでなく人の心も破壊している、と語られていました。皮肉なことに、豊かさや自由や平等や平和を手にした結果、大人たちの間では孤独によるアルコール依存症や薬物依存症が増えているのだそうです。
 私たちは豊かさと便利さを手にすることで、がまんをする習慣がなくなってきていると。本当にそうだと思いました。水道をひねれば水が出る、スイッチを押せば電気がつくし、コンビニに行けばなんでも手に入ります。大人ががまんができなくなってきているのだから、子供もがまんができなってきているのだと。がまんができなくなってきているひとつの結果として、人間同士の関係にもがまんができなくなってきていて、離婚率の上昇や家庭の中のいざこざなどにもつながっているのだと。
 でも、豊かで便利な生活から昔の生活に戻ることは難しい。私も自分たちの暮らしをみつめたときに、その問題を解決する糸口として、もしかしたらキャンプがなっているのだと思いました。Joshua Treeのような砂漠のキャンプサイトでは水道はないので、トイレも水洗ではないし、手を洗うにも飲み水も、水はとても貴重だと感じます。火も自分たちで起こさなければあたたかな食事も食べられません。寝袋で眠るとベッドの贅沢さに気づかされます。キャンプで私たちは小さながまんと引き換えに大きな自然という贈り物を手にします。そんな不自由があっても、自然の中でキャンプをしているとなぜか自由になった気持ちがします。においや音、目に入るものにも敏感になって人間本来の感覚が研ぎ澄まされるような気がします。毎日を昔の人のような大変な生活に戻ることは難しいですが、時々普段甘やかされている自分たちに負荷をかけるような時間を持つことが大きな刺激になっているのだと思います。
 この夏もキャンプへ行こうと思います。私たち家族が子供たちと一緒にできること、したいことはそういうことです。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-26 10:05 | 今日のおやつ | Comments(6)

夏の空想

c0033994_14514268.jpg
熟れすぎたバナナがあったので、バナナケーキを焼きました。
テーブルクロスにはスカートを作ろうと思って買ったトモタケさんの布を。
私が着るには大胆な柄のように思えたのでテーブルクロスに。
和にも洋にも似合う気がします。

夏休みもいよいよ近づいてきた。
学校のイベントも目白押しで駆け抜けるように一週間が過ぎていく。
そんななか、夏の計画を少しずつたてている。
この夏、お兄ちゃんはスケードボードのサマーキャンプを取ろうと考えている。
長い夏休みは、新しいことに挑戦するのにぴったりだ。
サマーキャンプ、国立公園でのキャンプ、旅行、思い切り遊べたらと思う。
最近、お兄ちゃんは街づくりに夢中になっている。
時間ができるとメラミンスポンジでジオラマのようなものをせっせと作っている。
毎日、「今日、僕の街にはデパートとDMVができたんだよ。」とか、「車のディーラーができたんだよ。」
とか教えてくれる。
米粒職人のように小さな車を量産している。
小さいころから、彼はミニカーにはじまり、プラレール、ナノレール成長とともにかわりつつも彼の興味の中心には街づくりがある。
どこか行くときは無印良品のスケッチブックを持ち歩いている。
時間ができると漫画のようなものを一生懸命描いている。
絵を描けるってすてきだなと思う。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-22 15:23 | こども | Comments(2)

c0033994_14175545.jpg

ある日、弟くんがつぶやいた。

ママに家を建ててあげるからね。
お城なんだよ。
そしたら、おっきい豪華なダイニングテーブルを置いてあげるからね。
それで、僕は隣に家を建てて住むんだよ。

大きなお城にぽつんと置かれた豪華なダイニングテーブル、ピンポイントなこだわりがなぞ。
しかも隣に住むというのも、かなり気になるなぁ。
ご飯を作ってもらおうとか、そっちが狙いなんじゃないか、なんて疑心暗鬼になったりして。


また別の日、車に乗っているとおにいちゃんが言った。

ママ、僕はママに家を建ててあげるよ。
30階建ての家でね、
20階には、ワンフロア使って眺めのいいカフェラウンジを作るんだよ。
あと、ワンフロア収納だけのフロアと、映画を見るシアターのフロアも作るんだよ。

君たちの空想を聞いているだけで、おなかがいっぱいだよ。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-18 15:20 | こども | Comments(0)

さなぎ

c0033994_13292066.jpg

幼虫がさなぎになり蝶になるのを観察する、蝶の観察の授業。
教室の5匹のさなぎがこの数日の間に蝶になりました。
この日は、子供たちが見ている目の前で、さなぎから蝶が出て羽をゆっくりゆっくり広げていました。
毎日さなぎを見て、いつ出るのかな、何色の蝶かな、と楽しみにしていた子供たち。
子供たちの歓声が教室いっぱいに響きました。
カレンダーも時計もないのに、同じ時期にきちんとさなぎから出てくる蝶たち。
生物とは思えない茶色のさなぎの中から、たった今眠りから覚めるように。
言葉も話さないのに、あうんの呼吸で一羽、また一羽と、静かにさなぎの衣を脱いで、神聖な儀式のように、折りたたまれた羽根をゆっくりと広げていきました。
自然の不思議を、子供たちと一緒に息を呑んで見つめました。
c0033994_13293161.jpg

こちらは相変わらず遊んでは眠っての生活。
(ついにイームズのロッカーにも座れるようになりました。居心地のいい場所を知っている。)
スピッツの、「猫になりたい」の歌ではないけれど、犬になりたい。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-13 13:44 | まいにちのこと | Comments(2)

母の日

c0033994_1248227.jpg

母の日はおにいちゃんがパンケーキを焼いてくれました。
母になって、カードをいただいたり目に見える目に見えないプレゼントをもらうようになって、毎年母の日は子供のの成長をしみじみと感じます。
c0033994_12494315.jpg

弟くんが「ナイショがあるんだよ。」とわくわくしていたのは学校で作った左のカード。
上から顔をのぞかせたモカがカードをくわえています。
右にいるのは自分。
ママの絵は描き忘れてしまったそうですが。(汗)
おにいちゃんのカードはお花が飛び出すカード。
それぞれの味が出ているどちらもたからものです。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-10 12:54 | まいにちのこと | Comments(0)

花束

c0033994_14424258.jpg

5月3日はNational Teacher Appreciation Dayだそうで、今月は子供たちの学校でも先生たちにありがとうを伝えようと、毎週いろんなプレゼントを贈ります。
私もお花をプレゼントしていただきました。
花のある生活はすてきですね。
最近乾きがちな女子力がみずみずしくよみがえるような気持がします。

学校では子供たちが母の日に向けて、色画用紙を使って工作をしていました。
お母さんへ、色画用紙を切った茎の部分にメッセージを書いてその上に色とりどりの色画用紙を切り抜いた花をつけて植木鉢のポケットへ入れていくというもの。
この一年で習ったひらがなやアルファベットを使って書いた一本一本の茎に書かれたメッセージの文字に目の奥が熱くなりました。お母さんへの言葉の花束。花の数はみんなそれぞれ違うけれど、2本の子も20本以上の子も思いは同じなのだと思いました。
お母さんの話をするときは子供たちの顔が太陽に照らされたようにいつもの何倍も輝いていたのがまぶたに焼きついています。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-06 14:51 | まいにちのこと | Comments(0)

ぽたん、ぽたん。

c0033994_849755.jpg
週末に焼いた大きなプリン。
カラメルが鏡のよう。
ケーキのように切っていただきます。

ぽたん、ぽたん、
何の音だろうと見上げると、
ジャカランダの花が紫色の雨のように降っていた。
芝生の緑の上に広がった紫色の花のじゅうたん。
自然は花も実も、美しいものを惜しげなくふるい落としていく。
私がしがみついているものや手放さずに持っているものは、なんて小さなものだろうと思えてくる。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-04 08:58 | 今日のおやつ | Comments(0)