ビスケットの缶

<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

さくらんぼ

c0033994_21484546.jpg
蔵王の温泉にとっぷりと浸かって、旅の疲れをほぐした翌日。
この旅のメインのさくらんぼ狩りへ。
「佐藤錦」を心行くまで堪能しました。
c0033994_2148574.jpg
さくらんぼは、同じ敷地に違う種類をいくつか植えることでおいしいさくらんぼが育つのだとか。
ピークは過ぎていたけれど、両手にたくさんもらって幸せな弟。
c0033994_2149992.jpg
はしごに登りたいお兄ちゃん。
途中、すさまじい鳥の声が聞こえたら、それは鳥が嫌がる鳥の鳴き声のテープなのだとか。
鳥語で「助けて~」とか、言っているかしら。
最後は家族対抗さくらんぼの種飛ばし競争。
だんなさまの5メートルが最高記録でした。
本物の大会では25メートルという記録があるのだとか。
さらなる上を目指さねば。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-29 22:00 | まいにちのこと | Comments(0)

山形へ

c0033994_385456.jpg
新幹線に乗ってじいじばあばと山形へ旅行に行きました。
c0033994_361012.jpg
お兄ちゃんあこがれの駅弁。
「30品目駅弁」30品目ってすごい。
c0033994_36262.jpg
羽黒山五重塔。
詫びた佇まいが美しい。

c0033994_1013013.jpg
c0033994_2504092.jpg
藁葺き屋根が圧巻な三神合祭殿へ
c0033994_2505463.jpg
c0033994_363932.jpg
たくさんの古鏡が見つかったという鏡池にはカエルの巣がたくさんありました。
ここで、松尾芭蕉にならって一句。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-29 03:28 | まいにちのこと | Comments(0)

未来都市

c0033994_9105746.jpg
スカイツリーへ。
大きすぎてフレームに収まりません。
c0033994_9111190.jpg
50秒ほどで地上350メートルの展望デッキへワープ。
c0033994_9124996.jpg
こわごわ下を覗きました。
c0033994_9112775.jpg

日本へ帰るたびに東京は未来都市だと思う。
とてつもない高さのタワーが立ち、ビル群ひしめき合う。
電車は分刻みで正確に到着し、たくさんの人を飲み込み吐き出す。
LAとは比較にならないくらい早いスピードで流れる時間。
お兄ちゃんと弟は切符を手に改札を抜けるのもどきどき。
見るものすべてが新鮮できょろきょろ、東京探訪。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-28 09:27 | まいにちのこと | Comments(0)

合羽橋散策

c0033994_9291898.jpg
大きなシェフが目印の合羽橋へお買い物。
日本の道具のすばらしさにうっとり。
c0033994_929149.jpg
たくさん歩いた後はitonowaさんへ。
疲れをほぐしました。
ちょうど小学校が終わる時間で、路地のそこここから楽しい声や音がこぼれてきて下町っていいなとしみじみしました。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-27 09:35 | まいにちのこと | Comments(2)

東京ランチ

c0033994_919714.jpg
日本ではまず夫婦そろって人間ドック。

c0033994_9192437.jpg
朝ごはん抜きの後は東京タワーを見ながらフレンチランチ。
アンチョビとホタテのパスタ。
だけど、バリウムのせいでおなかがいっぱい。
おかわり自由なパンに舌鼓。紅茶のパンがとてもおいしかった。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-27 09:23 | まいにちのこと | Comments(0)

summer vacation

c0033994_20101.jpg
息子たちの夏休みが始まりました。
ハワイ経由で日本へ。
思い出(弾丸)ツアーの始まり。
c0033994_202994.jpg
小人が見たいと言っていた、小人が生まれた病院へ。
お兄ちゃんが生まれた朝、病室から見た教会の時計
c0033994_1405377.jpg

その後、思い出のハンバーガーを買ってビーチでランチしました。

c0033994_1412614.jpg
c0033994_1425084.jpg
おなかがいっぱいになったら海へ!
c0033994_143479.jpg
c0033994_1433188.jpg
つかの間のAloha Timeをすごしました。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-20 01:51 | まいにちのこと | Comments(0)

タイムカプセル

c0033994_32333100.jpg
卒業式の当日は疲れたので、夜は料理もお休みで、Whole Foodsでお惣菜を買って簡単に小さなお祝いをしました。

お兄ちゃんのElementary最後の登校日が終わり、子供たちの夏休みが始まった。
最後の日はお世話になった担任の先生に挨拶に行った。
もじもじと先生のところへ向かうお兄ちゃんに、2年生の担任の先生はハグをしてくれていた。
2年生のときは、肺炎で入院して大変だったけれど、大きくなりましたね、と言ってもらえたのだとか。
大きく包み込むハグだった。

家に帰ると、先生たちからの贈り物の包みを紐解いた。
各学年の担任の先生が取っておいてくれたフォルダーにそのときのお兄ちゃんの書いた作文や絵などが入っていた。
Kindergartenのフォルダーにはたどたどしい字でアルファベットが書いてあった。
“I ate chocolate.”
それが文章になり、3年生にはパラグラフになった。
タイムカプセルを開けるみたいに、当時のお兄ちゃんの一生懸命な背中が見えるようで胸がいっぱいになった。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-14 10:31 | まいにちのこと | Comments(4)

バイリンガル

c0033994_13203822.jpg

息子たちの学校では二ヶ国語教育をしている。
Kindergarten、Elementary Schoolの低学年のころは、授業も日本語でのパーセンテージが高いけれど、学年が上がるごとに英語のパーセンテージが上がっていく。
息子たちも入学したころはほとんど日本語で暮らしていたが、卒業する今は友達の会話も兄弟の会話も英語が増えてきた。
でも、時々英語と日本語が混ざって怪しげな会話していることもある。
日本語と英語、どちらも維持するのは本当に難しい。
Kindergartenからの6年間、英語と日本語で宿題やプロジェクトが出て、本当に頑張った。
時には泣きながらやった日もあった。
今年から、卒業の際に、学校から指定のある基準を満たすとカリフォルニア州のBiliteracyという二カ国言語による、読み書きができるようになったという認定(単位?)をもらえることになった。
Bilingual(バイリンガル)は二カ国言語を話せる人、Biliteracyは二カ国言語で話すのと読み書きができることをいうのだという。
お兄ちゃんも今回、そのアワードをもらうことができた。
卒業式の日には表彰してもらってリボンをつけてもらった。
走り抜けた6年、たくさんほめてあげようと思う。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-14 04:33 | こども | Comments(0)

graduation

c0033994_14263564.jpg
コンゴのSapeur(サプール)のごとくポーズを取っている紳士は、実はポケットの中に入れたはずのラムネを必死で探しているところ。

小人のElementaryの卒業式が終わった。
学校やクラスの連絡網で、準備のために毎日のようにメールのやりとりをしていたその日は、風のように通り過ぎていった。
野原を駆け抜ける小さな竜巻のように、いろんな思いが渦巻き、横切る一日だった。
卒業生のスピーチで、学校を「Ocean」と例えていた子の話が印象に残った。
Kindergartenの最初の日は、海に入ったときみたいに冷たくて…
その感触も伝わってくるようだった。
ママのもとを離れて初めて義務教育という社会に入っていくときの感覚。
弟小人は連日泣いていたっけ。
みんなそんな想いで踏み出した一歩だったんだ。
いつしかみんなその冷たい水にもなれ、泳げるようになっていく。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-12 14:55 | こども | Comments(6)

夏のはじまり

c0033994_130055.jpg
c0033994_130916.jpg
Summer has come.
やっと来た夏。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-06-09 13:03 | まいにちのこと | Comments(0)