ビスケットの缶

<   2015年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

古いものと新しいもの

c0033994_14464750.jpg
マーケットで出会ったアーコールチェアは、なんでもないデザインだけど、座面の木がぷっくらと肉厚でお尻にあわせてカーブをもたせたところがとても気に入っている。

ビンテージの拡張できるダイニングテーブルを、いつも大きく広げて使っている。
このダイニングテーブルはサイドを引っ張り出すというタイプの拡張できるタイプで、広げるのも縮めるのも工具を使うこともなく簡単にできて、使い勝手がよく気に入っている。
家具はいつか日本へ帰るときを考えて、引越しの予算上持ち帰るもの、持ち帰らない=持ち帰れないものを私の中で仕分けしている。
(持ち帰るものは片手で数えられる程度。ちなみにソファは残念だけど持ち帰れないもののひとつ。)
足の部分も取り外せて小さくなるこのダイニングテーブルはできるなら持って帰りたいと思っている。
このダイニングテーブルをここ最近は縮めて使っている。
木のものなので、同じ使い方をしているとたわみが出たりするのではと思い、久しぶりに小さく畳んでみた。
横から見て歪みが出たりしてないかチェックしてみたけれど、まったく問題がなくて安心した。
古い家具は木材に厚みがあり、重い分しっかりと丁寧にできている。
新しい家具を買うたびにがっかりするのはその木の材質だ。
高いものを買っても薄い木材で作られていたり、古いものには及ばない。
家具だけでなく、金属製のキッチンツールなども古いものは厚みがありしっかりとよくできている。
数年前に買ったベーキングのトレイも(しっかりとしたものを買ったつもりだったけれど)繰り返し使ううちに歪んでしまった。
傷や汚れは味わいになるけれど、ベーキングトレイの場合歪んでしまうと使いにくい。
今は早くて安く手に入るものばかりだけれど、長くは使えない。
そういうものを使うたびに、長く使いたいのにと思う。
傷や汚れのあるけれどあめ色に馴染んだダイニングチェア、くすんだスチールのマフィンパン、分厚いガラスジャー、
少しずつ私の家の中には古いものが増えていく。
長く付き合っていけるもの。
いろんな機能はなくて、シンプルで(無骨であっても)ただひとつの仕事をまっとうしてくれるもの。
持ち物もだんだん持ち主に似てくるのかもしれない。
年を重ねて美しくなるものとならないものがある。
人もものも美しく年を取りたいと思う。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-26 15:18 | すきなもの | Comments(4)

華やかな夜

c0033994_6195336.jpg

週末はアカデミー賞の授賞式だった。
この日だけはテレビをつけっぱなしにして、会場に入るセレブたちのドレスや着こなしを楽しんで、気がつけばお友達と5時間近くチャット状態でテキストした。
今年は特に赤とそれに次いで白、黒(定番だけど)のドレスが多かった気がする。
髪型はセンターパーツでぴっちりというのがおしゃれな人の流行だったような。
いつもながら受賞者のスピーチに胸が熱くなる。
優雅に泳ぐ白鳥のように晴れやかな舞台で見えているのは表面だけで、みんな水面下ではもがきながらそこへたどり着いている。
映画を作る人の熱い思い。
強い信念とメッセージを持って作る作り手の思いに胸を打たれた。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-25 06:33 | まいにちのこと | Comments(2)

眠る虎

c0033994_13405439.jpg
ずっと探していて最近やっとマーケットで出会いがあったサイドテーブル。
大きすぎず、小さすぎずちょうどいいサイズ。
これでベッドで読みかけの本を置く場所ができました。


自分がつらいときこそ、人に優しくできるのが本当のやさしさなんだ。
めまいで起き上がることができず、ベッドに横になっていたとき、以前、だんなさまが言った言葉を思い出した。
だんなさまは、つらいときも歯を食いしばるようにぎゅっと口をつぐんで何も言わない。
弱音を口にしても、何も変わらないのだから口にしないというのが彼の持論。

めまいはまだふとしたときにくらくらとしたりするけれど(自分の体調に自信をなくしてしまったせいもある)、病院へ行って薬をいただいて少し落ち着いている。
眠っている虎を起こさないように、そっと、そっと。
今朝もちょっと天井が回りかけてドキドキした。
めまいという虎がこのまま眠り続けてくれるといいんだけど。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-20 13:50 | おかいもの | Comments(8)

深呼吸する

c0033994_955157.jpg
連休最後は、朝、私が起き上がれるのを確認して、小人たちと約束していたビーチへ出かけました。
ランチとフルーツを詰め込んで、途中、Blue Bottle Coffeeでコーヒーを買いました。

c0033994_9553988.jpg
すっきりとした店内。
c0033994_9545387.jpg
おいしいコーヒーと、そのままビーチへ。

c0033994_9544133.jpg
c0033994_9581140.jpg
小人たちはいつものとおり。

c0033994_9583170.jpg
c0033994_9585212.jpg
ランチは、マヨネーズと粒マスタードだけ塗っていったパンにプロシュートとチーズをその場でサンドした即席サンドイッチ。
自然の中で食べるとシンプルなランチがいつもの何倍もおいしく感じます。
ふわふわ、まだ雲の上を歩きながらも、青空の下で深呼吸。


+今日の弟小人
「あ、プロシュートが飛んでる!」
と、空を指差す弟小人。
プロシュートとパラシュート、まだ違いがわからない8歳。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-17 10:14 | まいにちのこと | Comments(6)

ゆりの花

c0033994_9163849.jpg

お誕生日にお友達にいただいたゆりが満開になった。
胸を張って咲くゆりが、部屋いっぱいに甘い香りを放つ。

ビックリハウス体験は、一日あけて昨日再びやってきた。
前回よりも重く、頭ひとつ動かすことができず、半日、ベッドで横になっていた。
予定していた小人たちとのお出かけはキャンセル、先の自分の体の予想もつかないのが怖い。
ぎっくり腰、ノロウィルス、いろいろ怖い経験はしてきたけれど、これが一番怖い経験かも。

症状がよくなって起き上がれるようになってからも、
「ふわふわ雲の上を歩いている感じ、」
「月面を歩いているような感じがする」
という私に、
「なんだか楽しそうだね。」
とだんなさま。
どこまでも、前向きな丑年おひつじ座。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-17 09:24 | まいにちのこと | Comments(4)

Happy Birthday

c0033994_11484472.jpg
バレンタインデーの前日にレストランで開いたお友達のお誕生日パーティのためのスイーツを作りました。
みんなで簡単につまめるように、というリクエストだったので、ガトーショコラのカップケーキを。
食べられる星のきらきらを乗せて。
濃厚なチョコレートのビターめなケーキなので、食べるときにはホイップクリームを添えて食べてもらいました。

c0033994_11495436.jpg
50歳という大きな節目のお誕生日のご本人はフルマラソンに出られたりされるくらいとても若々しい方。
大人な雰囲気と思いつつ、星のきらきらを。
キャンドルは家にあった子供のものなので、かわいらしい感じだったけれど、ハワイが好きなお友達に似合っていました。
残念ながら、当日体調を崩してしまってパーティには行けなかった私に、お友達がLiveで写真を送ってくれました。
とてもすてきな笑顔に、シアワセな気持ちになりました。
これからもどうかたくさんの幸せが降り注ぎますように。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-16 08:14 | まいにちのこと | Comments(2)

つぼみ

c0033994_656479.jpg
バレンタインデーなので、甘いイチゴミルク色のテーブルクロスをかけて。

目が覚めたら、天井がぐるぐる回っていた。
寝ぼけているのかと思って寝返りをうつと、横に回転していた部屋が今度は上下にぐるぐる回り始めた。
遊園地のビックリハウスにいるような上下左右の感覚がわからなくなるあの感じ。
立ちくらみかと思って恐る恐る立ち上がって見ると、酔っ払いのようにまっすぐに歩けない。
スイカ割りでぐるぐる回された後のように、まっすぐ歩いているつもりが、右斜めに向かって歩いていく。
そして吐き気。
そういえば、昨日から左耳の奥が腫れているような感じで聞こえにくかった。
メニエール症かもしれないと思った。
姉も20代のころメニエールになったことがあった。
天井が回っているという姉の言葉を思い出した。
まったく動けなくなってしまった。
生まれて初めての経験だった。
今日は、ママ友だちの50歳のお誕生日パーティの日だった。
レストランでみんなでサプライズでお祝いをして、私がカップケーキを作る担当になっていた。
焼き上げたケーキは冷蔵庫で眠っている。
お部屋もぐるぐる回っている中、どうしよう、という思いもぐるぐる回りだす。
症状が治まるまでには数時間かかるとか。
結局、ケーキはだんなさまに持って行ってもらうことになった。
えいっと勇気を出して、目をつぶったまま手すりにつかまったまま階段を下りて、ソファで横になったきり動けなくなった。
そのとき、ふと花瓶に生けたお友達からのプレゼントの花が目に入った。
昨日まで硬いつぼみだったゆりが少しずつ開き始めていた。
眠りから覚めるように。
しばらくしてみるとまたさらに開いている。
つぼみから命をわけてもらった。
休みなさい、といわれている気がした。
ソファの上で、うとうと。
目が覚めたらお昼を過ぎていた。
いつしか、ビックリハウスはやっともとの部屋に戻ってくれた。
c0033994_6345430.jpg
どんなカップケーキになったかはまた今度ご紹介します。

[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-14 06:52 | まいにちのこと

valentine's day

c0033994_7173561.jpg

バレンタインに、イチゴのプレッツェルを小人たちと作った。
小さなキッチンに押し合いへし合いしながら3人でわいわい立って。
ピンクと赤と、白のバレンタインカラーとあったかいハートと。
家族を、友達を、恋人を思いながら。
空気までも甘く染まりそうなバレンタインシーズンは、その中に身を置いているだけでチョコレートのようにとろけてしまいそう。
小人たちは先生に、私と小人たちからだんなさまに贈る予定。

Happy Valentine's Day!

+++

BGMにはIngrid Michaelsonの「Everybody」を。

Happy is the heart that still feels pain
Darkness drains and light will come again
Swing open up your chest and let it in
Just let the love, love, love begin

歌詞もとてもすてき。


レシピ
[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-13 07:06 | たべもの | Comments(6)

birthday eve

c0033994_11552.jpg

誕生日の前日、お友達家族がサプライズでお誕生日ディナーに招いてくれた。
シャンパンをあけて、バースデーソングを歌ってもらって、ケーキをいただいて、かわいい女の子から手描きのカードに胸がきゅんとした。
おばちゃんになって、こんな風にお祝いしてもらうのは照れくさくて、申し訳ないけれど、大好きな人たちの笑顔と温かい気持ちに包まれて、ブランケットに包まれたようにとても幸せだった。

誕生日当日は、別のお友達がサプライズでケーキと花束を持って遊びに来てくれた。
バースデーソングを歌ってもらって、バースデーキャンドルを吹き消す。
家族とは遠く離れて暮らしているけれど、家族のように祝ってくれる友人がいてくれる。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-12 02:39 | まいにちのこと

誕生日

c0033994_1592325.jpg
花より団子。
誕生日にはRoyal Rivieraという貴婦人のような名前の洋ナシを。
花の香水のような甘い香りで、桃のようにジューシーな洋ナシ、ブルーチーズとプロシュートと一緒に。

ひとつ年を重ねた。
誕生日は生まれた日。
何かの本で読んだみたいに、またもう一度生まれたと思って生きたら、きっとすてきな毎日になるのだと思う。

誕生日には小人がベーコンとアスパラガスのパスタを作ってくれた。
思い出に残る一皿になった。
最近、料理が楽しい小人は、時々こうして料理を作ってくれる。
スープ、サラダ、パスタ、レパートリーも増えつつある。
みんながおいしい、おいしい、と食べてくれるのがうれしいのだという。
「僕も、週末Daddyとパスタ作ろうかな。」
と言った弟小人に、
「はじめは、スープからはじめたほうがいいよ。」
と、先輩からのアドバイス。シェフの世界は厳しい。
c0033994_213513.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2015-02-12 02:08 | たべもの | Comments(8)