ビスケットの缶

<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

光と影

c0033994_55621100.jpg
最近の一人ランチはRaison Bran Crunchというシリアルに豆乳とシナモンシュガーのグラインダーでごりごり、ほんの少し甘さとスパイスを加えて食べるのがお気に入り。
その時々で、バナナやブルーベリーなども加えて。

 学校の宿題のない金曜日、弟小人のお友達の男の子の双子ちゃんがうちに遊びに来てくれました。
双子ちゃんはそれぞれいろいろな食物アレルギーがあって、事前にお母さんから、アレルギーの品目について教えてもらいました。小麦粉、乳製品、卵、ナッツ…でも、フルーツはなんでも食べられると聞いて、イチゴやスイカ、オレンジなどいくつかフルーツを用意しました。
 家に入ってくると、はじめてのおうちに、目をぱちくりさせる双子たちは、
「どうぞ。」
と私がすすめても、ママが用意してくれたおせんべいなどのお菓子を少し食べるだけで、なかなか、フルーツに近づこうとしません。でも、しばらくして、私がキッチンへ行っているうちに、恐る恐る、テーブルに近づいて小さな手が伸びました。一人が食べると、もう一人が来て二人でなにやら相談ながら、ひとつふたつと手が伸びていきました。高い小さな声で話すそのやりとりが小さなネズミの兄弟のようでかわいらしくて、大きな人が出て行って怖がらせてはいけないとキッチンから見守りました。
 それから間もなくして、
「This is the last strawberry!」
という声がしたので見に行くと、ボウルいっぱいに入っていたイチゴが見事になくなっていました。その隣にはスイカの皮の山も出来上がって子供たちが歓声をあげていました。緊張の糸がほどけた様子の子供たちの間を、私は曲芸のように積み上げられたスイカの皮の山を持ち帰り、弾む気持ちでまた新たにイチゴとスイカを切りました。
 アレルギーがあるのは、ママにとっても、子供たちにとっても、大変なことだと思います。(小人も以前は小麦、乳製品、卵、ナッツなどにアレルギーがありました。今でもナッツやdustmite、猫の毛などアレルギーがあります。)でも、その一方で、小麦や乳製品などのアレルギーがある子供たちのおやつは、生やドライのフルーツなどを食べて、とてもヘルシーで幸せだと感じます。小人は、以前は市販のお菓子は食べられないことが多かったのでフルーツなどを食べていたからか、今でもフルーツや煮干などが大好きでおいしそうに食べてくれます。でも、食べ物にアレルギーのない弟小人(彼は猫の毛やdustmiteにアレルギーがあります。)はチップスやスナック、チョコレートというようなものが大好きで、フルーツや煮干などには、小人ほど好きではありません。そんな彼らを見ていると、アレルギーってなんだろうって考えさせられます。食べられなかったことで、アレルギーがある子は、本当のおいしいものを知っているのかもしれないと思うと、ネガティブに思っていたアレルギーがまた違ったようにも思えてくるのです。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-25 06:35 | たべもの

怖がり

c0033994_16123222.jpg
お友達からプレゼントしてもらったミルク缶を使ってイースターのデコレーションをしました。
棚の上に春が来た感じがします。
でも、今年のイースターはいつもよりのんびりでまだまだ先というのを飾ってから知りました。

去年のクリスマスに、お友達の家族の家にサンタクロースから子犬がプレゼントされました。
「私はもう、人生が短いから犬が飼えるのもこれが最後かと思って…」
と言うまだ40代のお友達の話を聞いたとき、
「まだまだ先は長いでしょう?」
と笑う私に、
「犬は10年以上生きますよね?そうするとその犬の最後を見届けようと思ったらこれが最後だと思って。」
そのときは笑っていたけれど、でも、家に帰ってしばらくして、妙に納得しました。

小さいころ、友達と別れるときは合言葉のように
「またねー」
「また明日!」
『またね、』はいつも来る明日だったけれど、明日は必ずくるものではないということは大人になって知ったこと。もうあのころのように無邪気にまたね、と言うことはできないのだと知りました。砂時計の砂が落ちるように、命には終わりがあって、それはもうそう遠くはないのだということ。悲しいことのようだけど、むしろ、それは前向きに終わりがあることを知らないである日突然終わるより、終わりがあることを知ってそのときまでを楽しく生きたいと思ったのでした。
今を生きる。
犬を抱いて幸せそうなお友達の言葉に、38にもなって、目がさめたそんな気がします。
怖がりも腹をくくったというのかしら。
もう怖いものはないのだから、悔いなく、やりたいことは飛び込んでみようと思いました。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-22 16:25 | まいにちのこと

秘密基地

c0033994_631767.jpg
家族でお揃いもできるRicher Pooler Inc.の靴下。
男の子だけどかっこいい靴下があるのがうれしい。
c0033994_6342745.jpg
「Designed in Califorrnia」

Presidents' Dayの週末は、小人のお友達の姉弟くんにsleep overに来てもらいました。
お部屋のライトを消して、夜遅くまで、狭いテントの中で肩を寄せ合ってライトをともして話す小人たちの声が聞こえていました。ゾンビの話、ポケモンの話、ゲームの話、いつもはお寝坊さんにも、朝5時半から起きて話をさせてしまう、sleep overのマジック。
c0033994_6585473.jpg
ちょっと見ない間に、小人たちのテントの中はこんな風になっていました。
赤ちゃんのころ使っていたブランケットを敷いて、ママがクリスマス用に買ったライトを下げて、ウォーキートーキーがあったり、リビングのピローを持ってきたり。
心地よさそうな秘密基地。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-21 07:02 | こども

bouquet

c0033994_16585914.jpg
バレンタインデーには家族でebisu Rollをほおばって、
だんなさまからは花束とカードをいただきました。
滅多に絵を描いてくれないだんなさまの、カードに描かれた小さな絵に、胸がきゅんとしました。
みなさんの想いもどなたかに届きましたか。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-19 17:06 | まいにちのこと

Happy Valentine's Day

c0033994_6502650.jpg
今年は我が家の男子にebisu Rollを用意しました。
(我が家ののっぽの男子は、家の中は日本国と主張しています。)

[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-15 06:53 | まいにちのこと

valentine's day colors

c0033994_1593021.jpg
ピンク、白、赤のバレンタインカラーに心もほかほか。
小人たちもお友達へのバレンタインカードを用意しました。

昨日は姉と2時間電話で話して、今日は友達と3時間レストランで話して、女に生まれて楽しいと思う瞬間。

valentine's day card
[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-13 15:17 | 今日のおやつ

贈り物

c0033994_5551137.jpg
私の誕生日に、小人が考えていたスペシャルなこととは、小人の手作りのchocolateでした。
たくさん並んだハートのチョコレート。
よく見ると、文字が刻まれていました。つなげると私の名前になるのだと教えてくれました。

私の誕生日の前日の夕食の後、小人は
「ママ、この後はキッチンに入ってこないで。」
と、言って鶴の恩返しのようにキッチンにこもりました。時々、
「これはお湯を入れて平気?」
「これ使っていい?」
というなぞかけのような質問をするときだけ扉が開きました。
 ミルクチョコレートとビターチョコレートの二層で作ったチョコレート。上には白いアラザンで飾りつけがされていました。眠い目をこすりこすり作ってくれたチョコレート。思いがこもった贈り物に、小人の気持ちをもらって母親業は与えるだけでないのだと知りました。
c0033994_5585940.jpg
左) もうひとつは、手作りのポケモンmagazine。1月号?ふろくつきだそうです。
右) 弟小人もお兄ちゃんの真似をしてexpressで作ってくれました。所要時間10分?

[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-11 06:06 | まいにちのこと

生まれ変わる日

c0033994_14445184.jpg
誕生日にはモンブランのカップケーキを焼きました。
自分へHappy Birthday。

「苦あれば、楽あり」
最近、ことわざや慣用句に興味がある小人のお気に入りの言葉。
「苦しい日はね、生まれ変わったと思ってすごすと新しい気持ちになれるんだよ。」
小人はどこでそんなことを教わったのかな。小人から人生を教わる母です。
c0033994_1446219.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-10 14:50 | まいにちのこと

聴けないレコード

c0033994_4243982.jpg
お姉さんが歌っていたお店でタダ同然で買ったのがこのレコード。
ジャケットがすてきで手にとりました。
ターンテーブルがないので、眺めては音を空想しています。
聴けないレコード、こういう酔狂なことってわくわくしませんか。
隣でだんなさまは呆れていますが。

 アメリカに住んでみて、アメリカ人は歌うのが好きだなと思うのですが、どうでしょう。ほかの州に住んだことがないので、私のまわりの人が偶然歌好きなだけだといわれてしまうかもしれません。先日出かけたお店でも、お姉さんがお店にかかるラジオの曲に合わせて歌いながら品出しをしていました。その前は、同じお店で男のお客さんが歌っていました。おしゃれな雑貨屋さんでも、おしゃれなお姉さんが歌っています。お客の私が近くにいてもまったく臆せずのりのりで大きな声で歌っているのを見ると、うらやましいなと思います。(私が歌うのは唯一車の中くらい。しかも家族/一人のとき限定。)しかも、みんな上手だったりします。歌がうまいから歌うのか、よく歌うからうまいのか、卵と鶏みたいな話になってしまいますね。うちの隣のアパートからも、週末になると、お姉さん(おそらくアフリカ系の人)が歌うホイットニーヒューストンが聞こえてきたりします。あ、このお姉さんはあまり上手ではない例外ですが。ひとつ問題は、家に帰ってもなぜかその歌が抜けなくなってしまうこと。この日は頭の中でお姉さんが一日中、夜まで歌って困りました。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-07 04:48 | おかいもの

誕生日

c0033994_16415690.jpg
オランダのおうちのクッキーでおやつにしました。
お皿の上に、小さな町ができました。

 2月に入って、小さな困ったことがいくつか重なりました。 肩を落とす私に、
「ママの誕生日には楽しいことがあるからねー。」と小人が言いました。
「specialなことを考えてるんだよ!」とはしゃぐ小人に、彼の優しさが何よりの贈り物だと思いました。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-02-07 01:56 | 今日のおやつ