ビスケットの缶

<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

6才の視点

c0033994_1014753.jpg

宿題の絵日記の題材に困っていた小人に、だんなさまが私の小学1年生のときの日記を取り出してきました。

6月24日(木)はれ
きょうあめだったのでぷーるにはいれませんでした。わたしはないてしまいました。がっこうのかえり、みずたまりをみたら、いえとわたしときがうつりました。ながぐつで、みずたまりのなかにはいると、おうちときとわたしがじしんみたいにゆれました。おもしろかった。

+ + + + +

6月29日(火)はれ
きょうのあさ。おそとにでると、がっこうからもらってきたあさがおが、あおいろでさきました。らっぱのかたちでした。さいしょ、おとうさんが「あさがおさいているよ。」とおしえてくれました。ゆうがたになったらすこししぼんでいました。わたしはおはながかわいそうになりました。「でも、おはなは、みになってたねになってそれからまたきれいなおはながさくからね。」とおかあさんがいいました。でもかわいそうです。
 またらいねん、きれいなはなをさいてもらいたいです。それは、はながさくと、じめんがあかるくなるからです。

+ + + + +

7月3火(土)はれ
せんせい、むぎわらぼうしのうた、すてきなうただね。わたしは、うちにかえってむぎわらぼうしのうたをかいて、つくえのまえにぶらさげました。
そして、おふろのなかで、おねえちゃんとうたいました。といれのなかでも、わたしは、うたいました。
せんせいのこえすてきだね。ほかのうたも、おしえてね。だってだんだんうたがすきになってきちゃったんだもん。

毎日姉と机を並べて書いていた日記。大きなニュースはないけれど、6歳の私から見る世界を知りました。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-27 10:31 | まいにちのこと

notes

c0033994_17131151.jpg
小人たちの部屋のドアに貼られた、物騒なことばかり書かれたnote。
「Do Not Disturb」なのだとか。

「If you come for no rizen reason, you have to pay ¥1000.00」
弟小人が書いたと思われるものにある、ところどころのミススペルに笑みがこぼれます。
ちなみに、小人たちと、ママはこのdirectionに従わなくてもいいのだそう。
(だんなさまはイジケテいました。)

[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-26 17:16 | こども

collection

c0033994_16225072.jpg
c0033994_1623248.jpg
c0033994_1623503.jpg
c0033994_16231836.jpg
c0033994_16232924.jpg
San Luis Reyで展示されていたものたち。
時間をまとった古いものは美しい。

 小人のプロジェクトの勉強で来たけれど、私がカメラを向けるものは、あまりプロジェクトの資料としては役立たないものばかり。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-25 16:31 | すきなもの

beauty

c0033994_1033953.jpg
スペイン人の宣教師たちや、もともと住んでいたLuiseno Indianたちの暮らしを目の当たりにして、200年で、私たちの生活はこんなにも変わったのだと、不思議な気持ちになります。
c0033994_1041357.jpg
シンプルで美しい修道士のベッドルーム。
c0033994_1042663.jpg
Luiseno Indianのバスケットが印象的なキッチン。
c0033994_1043745.jpg
くつくつ、ことこと、いい音が聞こえてきそうなかまど。
c0033994_1045074.jpg
オブジェのような道具たち。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-24 10:17 | すきなもの

Mission San Luis Rey de Francia

c0033994_11573756.jpg
青い空に白い壁が美しく映える1798年に建てられたMission San Luis Rey de Francia。

c0033994_14322067.jpg
建物では、木製の美しい梁が心に残りました。
回廊の梁。
c0033994_14314516.jpg
教会の天井の梁。
c0033994_14322100.jpg
教会の天窓の梁(というのかな)。
c0033994_1437062.jpg
味わいのあるmuseumの梁。
美しい梁の世界、楽しんでいただけましたか。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-23 15:25 | まいにちのこと

sacred

c0033994_16103562.jpg
教会の礼拝堂のキャンドルの光に、宗教を超えて清らかな気持ちになります。
Dr. Matin Luther Kingのお休みに、小人の学校のプロジェクトのため、California MissionのひとつSan Luis Reyを訪れました。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-21 16:33 | まいにちのこと

c0033994_1511173.jpg
バスルームに棚をつけました。(棚のつけ方を間違えているので直さないと。)
それまでのスチール製の置くタイプの棚をなくして、壁につける棚に変えたら、
明るく広く、リラックスできる空間になりました。

カラフルな色も好きだけれど、一番好きな色をたずねられると白と答えています。家の中で、リラックスする空間は、人それぞれの好みが反映されるところなのだと思います。以前は、ベッドリネンも柄のものが好きだったけれど、白の麻のものに変えてからそれが一番くつろげることに気がつきました。(私のように、寝つきが悪い人はベッドルームはなるべくシンプルにしたほうがいいのだとか。)お風呂のタオルも白が好み。楽しい場所には色を加えるの好きだけれど、リラックスする場所は白が基調なほうがほっとくつろげるように感じます。棚も白木でなるべく自然の色合いを集めて。バスルームだけど、ずっとそこですごしたい、そう思えるような空間になりました。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-19 15:55 | すきなもの

c0033994_72420100.jpg
小さなサボテンを買いました。
ティアラのようにピンクのつぼみがぐるっと一周、膨らんでいます。

日本を離れてみると、日本は、風がある国なんだと思います。一年中穏やかな気候のLAは、風が強い日は年に数えるほどで、天気予報もほとんどいらないくらい毎日青空の下で暮らしていると、「風」が時々恋しく感じます。春の風、北風、夏の嵐、台風、雨雲、風が四季を運んでくれていたのだと思いました。雨のにおい、おひさまのにおい、きんもくせいの匂い、木枯らしの音、風が窓を叩く音、LAで暮らす小人たちにはあまり馴染みがないのかもしれません。目には見えない風の仕事を知りました。というわけで、今日はP.P&Mの「Blowin' in the Wind」を聴いています。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-16 07:36 | おかいもの

言い間違え天国

c0033994_457453.jpg

弟小人7歳。まだまだ毎日が言い間違え天国。

「僕、ダイノジンで寝ちゃった。」                 → 正:「大の字」
「僕、プチ(お友達の犬)ちゃんをナゼナゼしたんだよ。」  → 正:「撫で撫で」
「ママ~、小人くんがラキガキしたよ~」            → 正: 「落書き」
「僕、ジンジャーブレッドハウスをスクッタんだよ。」     → 正: 「つくった」

「タ行」が弱いらしく、ほんの氷山の一角。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-14 05:03 | こども

silence

c0033994_671897.jpg
弟小人が生まれたときにプレゼントしてもらったイームズのロッカー。
 冬は冷たいので、ブランケットにくるまってゆらゆら。

子供たちの学校が始まり、いつもの日常が戻りました。お店からは緑や赤やゴールドのきらきらが姿を消し、春らしいベージュや淡いピンク、水色などのナチュラルカラーに変わりました。クリスマス、お正月でおなかがいっぱいになった今は、自然のやわらかい色合いにほっと心がほどけます。「動」から「静」へ、mellowなこの季節の空気が好きです。
 「What is your new year resolution?」車で見かけたお店の入り口に、昔ながらの文字を付け替える方式の看板で、ちょうど男の子が文字をかけているのが見えました。さあ、ことしはどんな年にしよう。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-01-11 06:15 | すきなもの