ビスケットの缶

<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

神様がくれるもの

c0033994_15501320.jpg
週末、学校で開かれた「Halloween Carnival」へ我が家のSherlock Homesたちが出かけていきました。

「小人くん、知ってる?うそをつくとね、神様がばっちをくれるんだよ。
ばっちをもらうとね、どうなるか知ってる?おなかが痛くなるんだよ。ずーっとなんだよ。」
真剣な顔で弟小人が小人に教えていたけど、神様がくれるのは「バッチ」ではなく、「罰(ばち)」なのだとママは思います。
c0033994_15502468.jpg
怪しいものが多すぎて、なかなか前に進まない探偵たち。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-29 15:55 | こども

先生あのね

c0033994_7235635.jpg
小人たちは今年もお友達とパンプキンカービングをしました。

 “先生あのね、ぼくたいこをならっているよ。たいこはおおきいおとがでるよ。たいこをたたくと手がびりびりするよ。ぼくはこのびりびりがすきです。”

週末の日本語の補習校で1年生の弟小人は、今年から絵日記が始まりました。日記を書くとなると身構える弟小人に、「先生あのね」と先生にお話するみたいに書くことをすすめてみました。難しいことを脇に置いたら、少しだけ肩の力が抜けたようでした。
c0033994_749023.jpg
キャンドルをともしたJack-O-Lanternは、肩を並べて楽しそうにお話しているみたいでした。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-28 07:49 | こども

swimming

c0033994_0481824.jpg
小人が学校のアートの時間に作った切り絵。
スカルがハロウィーンらしい。
小人は体があるskeletonが怖いのだとか。

小人が水泳を習って半年がたちました。顔を水につけるのも苦手だった小人が、背泳ぎ、クロール、平泳ぎ、3泳法を泳げるようになりました。
 LAの公立校では、学校にプールがないことが多く、日本のように水泳を学校で教えもらうことができません。自宅やアパートにプールがある家も多いので、我流で泳げる子も多いのだと思います。我が家の小人たちは、プールは好きだけど、恐怖心からなかなか浮き輪が離せなかったこともあって、スイミングクラスを始めました。
 小人たちが通っているスイミングクラスでは、背泳ぎとクロールと同時に、立ち泳ぎを教えてくれます。アメリカと日本の違いかわかりませんが、私が子供のころは立ち泳ぎは習わなかったので、はじめはその意義がわかりませんでした。でも、小人は、立ち泳ぎができるようになったら、深いところでも泳ぐのが怖くなくなったようでした。そのころ、まだあまり泳げないときでしたが、それ以来浮き輪無しでお友達のプールにも入れるようになりました。おぼれるのは恐怖心でパニックになることでおぼれることが多いという話を聞いたことがあるけれど、立ち泳ぎはその恐怖心という壁を取り除く大きなきっかけになったのだと思います。私のように「(足が届かない)海で泳ぐのが怖い」という人は、もしかしたら立ち泳ぎを習ったら克服できるのかもしれません。フォームやタイム(スピード)も大事だけれど、泳ぐということはそういうことなのだと思いました。


 
[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-26 05:24 | こども

要塞と紅茶

c0033994_1291657.jpg
家の中も少しだけハロウィーンぽくデコレーション。
アメリカに来たころは、ハロウィーンのデコレーションは怖くて家に飾ろうと思わなかったけれど、最近はじわじわと楽しく感じてきました。
目の粗い網のようなグレーの麻の布を敷いたら、弟小人が「くもの巣みたい。」と怖がっていました。
怖がりな小人たちなので、怖いデコレーションはナシです。
 
 朝晩は寒いくらいの陽気になってきました。普段はコーヒーだけど、町並みの木々の木の葉が色づき始め、グレー冬の空に出会うと紅茶を飲みたくなります。一人つんと鼻が冷たい部屋で飲む紅茶は、霧の中の(家という)要塞で飲むようでわくわくします。甘いミルクティーは小人たちも大好きなので、小人たちが帰ってくると一緒にシェアをしながら熱々をふうふういただきます。
 小人たちの学校へ向かう道もハロウィーンのデコレーションに染められています。子供たちの大好きな季節の始まりです。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-23 01:30 | まいにちのこと

呼吸を整える

c0033994_14413967.jpg
アメリカに来て、牛肉よりもラム肉のほうがおいしく感じます。
牛肉のステーキは食べない小人たちも、ラム肉は「おいしい、おいしい。」と食べていました。

 イベントがぎっしりと詰まった10月、毎日が飛ぶように過ぎていきます。その合間、先日は乳がんの検査を受けてきました。今年は日本で人間ドックを受けた後、アメリカに帰ってから胃カメラを飲んだり、乳がんの検査を受けたりメンテナンスの時なのかもしれません。年末にはビザの更新も控えていて、年末まで駆け抜けることになりそうです。
 週末、だんなさまがラム肉のグリルをディナーに作ってくれました。キャンドルをともして、Jazzをかけて、普段二人とも得意でなくてあまり飲まない赤ワインを開けたら、駆け足の日々の呼吸を整えるような気がしました。
c0033994_144152100.jpg
小人たちがもうひとつ夢中になったのはFresh & Easyのシナモンアーモンド。
カラメルがけしたアーモンドにシナモンがかかっていて、甘すぎなくておいしいです。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-21 14:58 | まいにちのこと

小さな探偵のための

c0033994_13234820.jpg

小人たちのハロウィーンのコスチュームに、シャーロック・ホームズのケープをそれぞれに縫いました。
小人たちは小道具のパイプと虫眼鏡に興味しんしんで、虫眼鏡を片手に、家中を探検していました。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-18 16:03 | ひとつだけのもの

鉢巻作り

c0033994_15162613.jpg

 今日は、小人たちの学校でもうじき行われる「運動会」に向けて、先生から頼まれた鉢巻を縫っていました。性格のせいか、どうもまっすぐ線を引いたり、まっすぐアイロンを掛けるのが苦手で、規格どおり作る鉢巻作りはいつも四苦八苦します。真っ白な白組の鉢巻を、ひたすら心を無にして縫い代にアイロンがけをしていたら修行僧のような気持ちになりました。縫うのは簡単だけど、それまでの下準備が大変な鉢巻作りは作るたびに人生を感じます。
 おやつの時間には手を休めて、メープルシュガーを使って焼いた、「メープルオートミールクッキー」を食べました。熱々のコーヒーと。
さて、明日はいよいよだだっと縫います。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-16 15:53 | 今日のおやつ

c0033994_956247.jpg
 明け方夢を見ました。4年前に亡くなったウェルシュコーギーのミルの夢でした。実際には、じいじの腕の中でとても幸せな最後を迎えたミルでしたが、夢の中でミルは死の淵をさまよっていて、苦しんでいました。何もしてあげられなくて、悲しくて苦しくて泣いていると、夢の中、それとも目が覚めてからか、不思議と冷静に、「本当はミルは幸せな最後だったはず」と思っているところで、ベッドの上にいる自分に我に返りました。とても悲しい目覚めでした。
センチメンタルな秋の空気が、ミルのことを思い出させたのかもしれません。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-15 09:57 | いろいろ

climbing

c0033994_1342328.jpg

週末は、小人のお友達のお誕生日パーティがふたつありました。二つ目の今日は、インドアのクライミングジムでのパーティに、小人はだんなさまと出かけて行きました。
c0033994_13421058.jpg
c0033994_13422856.jpg
同じ場所を登るのにも、それぞれ個性が出るようでした。思い切り前へ前へ足を進めるタイプ、慎重に進むタイプ、怖くて上に上れない子。自分だけの力で上るロッククライミングは自分だけが頼りなのだとか。
c0033994_13423961.jpg
普段は怖がりな小人ですが、我が家のCurious Georgeは楽しさが勝っておさるさんのようにずんずん上って行ったそうです。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-14 13:54 | こども

bowling

c0033994_12473046.jpg

 小人のお友達のボウリングお誕生日パーティに招かれました。久しぶりのボーリング、昼間だけど照明を限りなく落としてディスコみたいになっていて驚きました。でも、暗いだけでなんだかわくわくするから不思議。子供たちもノリノリでした。弟小人のガター防止の柵(bumper gurd)に助けられながらのまさかのストライク!には思わずみんな歓声でした。
 ホリデーシーズンの始まりを知らせるシナモンの香りに包まれながら毎日が飛ぶように過ぎていきます。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-10-14 13:13 | まいにちのこと