ビスケットの缶

<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

weekend

c0033994_532477.jpg
週末のだんなさまごはんのボロネーゼ。
私はコーンスープを。
久しぶりにワインを飲みました。

 週末、子供たちとチャップリンの映画「The Kid」を観ました。今の子供たちには、白黒でサイレント映画のチャップリンはどんな風に映るのだろう、だんなさまと感じていた不安は、映画がはじまるとすぐに消えました。小人たちは、いたずらっ子のようなチャップリンに手を口に当ててくすくす笑っていました。小さな男の子とチャップリンのあうんの呼吸の演技に、笑ってほろりの濃厚な1時間でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-27 06:35 | たべもの

c0033994_411875.jpg

 気持ちのいい気候に、朝、窓を思い切り開けて、秋の風を取り込みます。いつの間にか、お日さまはやさしい顔を覗かせるようになりました。
 この夏は風邪をひかずにすごせましたが、秋の到来とともに、小人が風邪をもらってきました。弟小人へリレーして、最終走者はやはり私。子供たちはくしゃみや咳をしていても駆け回っていたのに、お母さんは年のせいか、起きているのもやっとです。昨日から太鼓を習い始めた弟を、熱々のしょうがを効かせたChaiを飲みながら待ちました。昨晩、苦しくて眠れない私に、明け方小人が起きてきてピンクの鶴を一羽折ってくれました。
「ママが早く元気になりますように。」
それが一番の薬になりました。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-25 04:09 | まいにちのこと

お月見

c0033994_1161534.jpg

 中秋の名月の夜、小人たちと白玉だんごを作りました。くつくつ煮えるお鍋の傍ら、小人の工場のようにせっせと白玉だんごを丸める小人たち。丸めたおだんごを競い合ってお鍋に入れていました。
「ママ、なんでお月見のとき、おたんごを作るの?」
と、小人がたずねました。お供えのためだと話すと、
「お月様に、いつも照らしてくれてありがとう、ってお供えするの?」
という小人の言葉に、微笑む月が見えたようでした。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-24 01:20 | 今日のおやつ

shell

c0033994_62656.jpg
おやつにはブルーベリータルトを焼いていきました。
バニラビーンズのぷちぷちの歯ざわりがおいしいマスカルポーネチーズと生クリームのフィリング、子供たちにも喜んでもらえました。

 久しぶりのArt Classでした。ひとまわり大きくなった小人たちに、先生は歓声をあげていました。私にはまだ小さく映る弟小人は、二年前の小人の年になっていることに気がつきました。振り返ると、初めてアートクラスをはじめたときは小人は4歳。もう5年も前のことになります。スケッチをする姿もずいぶんとさまになって、頼もしく感じました。
c0033994_615521.jpg
今回のテーマは「貝」でした。
大きな貝をみんなで交互に耳にあてて、
「聞こえる、聞こえる。」
と話す姿がほほえましく感じました。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-20 06:13 | こども

ヨーロッパを思う夜

c0033994_1353746.jpg
週末は、だんなさまのミラノ風カツレツを食べました。
パン粉にもパルメザンチーズを少し混ぜたのだそうです。

 「ドナウの旅人」を読んでいたら、中学生のとき、ブルガリアの女の子と文通したことを思い出しました。相手は私と同じ年の少女で、私は辞書を引きながら習いたてのつたない英語でやりとりしたことを覚えています。かしゃかしゃという乾いた音が心地よいAir Mail用の便箋の音や感触。一生懸命書いた手紙に、行ったこともない国から初めて返事がきたときは踊るほどうれしかったっけ。それ以来、数ヶ月に一度くる返事を楽しみにしていました。
 あるとき、「お姉さんが成人式に着るドレスのためにシルクの布がほしいのだけど、手に入らないので、お願いできないか、」というようなことが書かれていたことがありました。何でも手に入るのが当たり前の当時で言う「西側」に暮らす14歳の私には、想像もつかない言葉でした。そのころ(今でも)、私にとってのブルガリアは、ヨーグルトと、きれいな山麓(おそらくヨーグルトのCMなどのイメージ)などの景色で、共産主義とはどういうものかなんて考えもしませんでした。そのとき、その女の子に見えている景色と私が見ている世界の景色が違うことにはじめて気がつきました。結局、とても悩んで親に相談して、やんわりと断ったことは、今でも思い出すたびにちくりと胸が痛む思い出となりました。24年ほどたった今、あのころ、ちょうどブルガリアでは共産主義の政治が終わるもしくは終わったころだったのだと知りました。
c0033994_1354976.jpg
下にひいたトマトソースをつけていただきます。
トマトの酸味でカツなのにさわやかでした。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-19 02:30 | たべもの

The Dark

c0033994_1627795.jpg
暗がりが怖い弟小人に、学校のBook Fairで買った本。
暗がりが怖いLazloという男の子が主人公のお話。

 車を運転していると、小人がふいにたずねました。
「ママ、ブラックホールに入ったらどうなるの?」
「太陽は何で明るいの?燃えているの?
爆発したりしないの?
いつ爆発するの?」
どうして坊やも最近レベルが上がって困ります。

 いろんなことにこだわりのある小人は、自転車に乗るときは「ちょっと待って。」と、自分の部屋へ駆けて行って、ウエストポーチを着けて(中には好きなもの、キャンディやおもちゃが入っている)、ジーンズのときは動きやすいパンツに履き替えて、はだしのときは靴下を履いて紐靴を履いて乗ります。弟小人ははだしでビーチサンダル。性格もいろいろ。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-17 16:37 |

カフェへ

c0033994_15462185.jpg
カフェで、デーツとピーカンのパンを買いました。
つんと上を向いた、外はかりっと中はふんわりの美人なパンでした。

 子供たちが日本語の補習校でいない土曜日、だんなさまとカフェへランチに出かけました。胃を悪くしてから、控えていたコーヒーも解禁して、清い生活とお別れしました。カプチーノに、キッシュに、チョコレートクロワッサン…悪いことをたくさんしてきました。青空の下、ほほにそっと触れる秋の風が心地よい時間でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-16 15:52 | たべもの

映画

c0033994_11441811.jpg
黒豆を炊いたので、抹茶寒天を作りました。ふんわり生クリームも添えて。
のど越しもさわやか。
 だんなさまと黒澤監督の「用心棒」を見ました。三船敏郎演じる、用心棒となる侍の後姿から始まるタイトルシーンもとても新鮮に感じました。「七人の侍」と同じく、静と動のコントラストがとても印象的でみごたえのある映画でした。
 週末は、子供たちと「ゴーストバスターズ」を、だんなさまとは「AKIRA」を見ました。どれも、悪い人やらゴーストがたくさん出てくる映画ばかり。ちょっと物騒な週末でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-16 11:47 | 今日のおやつ

夏のおわりと秋のはじまり

c0033994_2142727.jpg
少し前にお友達にいただいたCoolhausのアイスクリームサンドイッチ。
濃厚でビターなチョコレートクッキーとフレッシュなミントが入ったバニラクリームとの組み合わせが幸せ。

 夏休みは終わったけれど、夏祭りのあとの火照りのような猛暑が一週間ほど続きました。たくさんの夏を惜しむ気持ちが、夏を呼び戻したのかもしれません。気がつけば、どこからか秋の風が吹いてきて、日差しはほんのりセピア色の秋の光に変わっていました。
 夏の終わり読み始めた、宮本輝さんの「ドナウの旅人」を読み終えました。いくつかの心に残る言葉との出会いがありました。行ったことのないヨーロッパの空気に触れた気持ちがして、旅に出たくなりました。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-13 02:25 | 今日のおやつ

新学期

c0033994_26658.jpg

 小人たちの学校が始まって一人のランチになりました。
夏休み前までは当たり前だったのに、しんとした部屋で食べるランチはさみしく感じます。そんなさみしさの余韻に浸る余裕もなく、毎日ぶるんぶるん、学校行事の山にエンジンフル回転ですごしています。昨晩は、Back to School Nightに行きました。新しい学年・クラスのフレッシュな空気に、気持ちが奮い立つような思いがしました。
 Back to School Nightでは、教室には、新学期が始まってから、子供たちが作ったクラフトや作文が飾られていました。弟小人の教室に飾られていた、自己紹介の貼り絵と作文を読んでみました。
「ぼくのかぞくは四です。すきなたべものはいちごとぶどうです。すきなどうぶつは、ちーたととらとうさぎといぬです。ことしはこんちゅうのべんきょうがした」
クラスみんなが同じフォーマットで書いているなか、弟小人だけかぞくの人数を「四人」と書くところを「四」だったり、文末がなぜか途中で強制終了?だったり、いろいろ気になる作文でした。
 弟小人は2年生に。小人は4年生に。勉強の内容もぐんとレベルアップしていくので、親のほうもどきどきです。

 
[PR]
by cinnamonspice | 2013-09-13 02:13 | たべもの