ビスケットの缶

<   2013年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

夏の終わり

c0033994_13123738.jpg
ビーチ沿いのすてきな雑貨屋さんで買った貝殻。
一番右のものは貝殻のカードスタンド。レシピカードスタンドとして使う予定。

 少し前に、小人の水着を買いに出かけました。日本へ行く前はあんなに店頭に並んでいた水着が、何件もお店を回っても、ほとんど見つけることができませんでした。不思議に思って最後に寄ったH&Mの店員の人に尋ねると、
「Summer is over.」
と答えて、Back to Schoolの季節になったからね、と、女性が笑顔で言い添えました。うすうす感じていたものの、はっきりと言葉に出して言われると、判決を言い渡されたような気持ちになりました。お祭りのようににぎやかな夏の終わりは寂しくて、まるで、「恋が終わった」と言われたみたいに、自分だけ取り残されたような喪失感とともにがっくりと肩を落としました。
 「まだ夏は終わっていないのに。」という思いで向かったビーチでのキャンプ。小人たちとイルカたちが泳ぎ去るのを見届けたとき、私たちも夏を見送ることができたように思いました。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-29 15:14 | おかいもの

beach day

c0033994_554127.jpg
子供たちは最後までビーチですごしました。
海と友達とおいしいもの。それさえあればこんなに幸せなものはないのだと思いました。
子供たちの目線の先に、イルカが二頭、仲良く泳いでいくのが見えました。
夏休み最後にもらった贈り物でした。


More
[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-29 05:58 | キャンプ

40th

c0033994_1575195.jpg
ぺこぺこのおなかと、夕日に背中を押されて帰りました。


More
[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-28 03:12 | キャンプ

Birthday Beach Camping

c0033994_3505437.jpg
お日様を追いかけるようにサーフィンに向かう大人たち。

c0033994_351332.jpg
静かなビーチ沿いの町並み。

c0033994_4104536.jpg
大人も子供もみんな夕日に染められて、夢中で遊びました。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-27 04:15 | キャンプ

Birthday

c0033994_14582896.jpg
 週末は、ビーチへ、お友達のだんなさまの40歳のお誕生日お祝いのキャンプに行きました。
満点の星空と波の音とともに眠りについた二日間。夏休み最後の特別な思い出になりました。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-26 15:02 | まいにちのこと

永遠

c0033994_1510921.jpg
義姉から小人たちにいただいた鎌倉のグミ。
ソーダ味のきらきらの大仏と江ノ電。


「明日が来ませんように。
 どうか、ずっと夏休みが続きますように。」

ベッドの中から聞こえた、Back to School前日の弟小人のつぶやき。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-25 15:09 | まいにちのこと

一人の練習

c0033994_155524.jpg
家にあったリネンでノースリーブのブラウスを作りました。
リボン部分を前にも後ろにもすることができる2wayで着られるようにしました。
しばらくは細いリボンで。太いリボンに付け替える予定です。

 夏休み最後の週、小人たちはサマーキャンプに通いました。朝、小人たちを送り出すと、家の中の音が消えて私だけが取り残されました。毎日がお祭りのような夏休みの終わりを感じました。

 一人だけの時間をもらって、久しぶりにミシンに向かいました。気持ちも切り替えて、いよいよBack to schoolです。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-24 02:02 | ひとつだけのもの

日本の思い出

c0033994_557742.jpg
日本で恋焦がれた山葡萄のかごを買いました。
店主がおまけにと鈴のような山葡萄の飾りをプレゼントしてくれました。
「山葡萄のかごは、撫でているとどんどん艶がでるのよ。」
別のお店の店主の言葉が心に残りました。
一生ものを手にしました。

 日本での滞在中、だんなさまの実家では、お義父さんが一日3食のごはんを作ってくれました。朝起きると、
「卵は何がいい?目玉焼きかな、スクランブルエッグかな?」
と、うれしそうに小人たちにオーダーを聞いてくださり、お客様のようにしていただきました。そして、時折、
「今朝はちょっと焼きすぎちゃった。」
と、言うお義父さんの目玉焼きは、いつも黄金色の美しい半熟でした。

私たちが出かけるときには、
「今日はナポリタンだからね。」
と、声をかけて、ランチと重ならないようにという心配りもしていただきました。
 
 ある日、だんなさまがふと、カウンターの上に、「小人くんたちのごはんメニュー」という、プリントアウトされた表を見つけました。そこには、私たちの滞在中の日付と朝・昼・晩の3食のメニューが書きこまれていました。だんなさまと
「今晩はハンバーグだね。」
と、こっそり話してそっと、表をもとの場所に戻しました。お義父さんの料理はどれも美しくておいしくて、中でもハンバーグは忘れられない味になりました。
 料理が上手になりたいという流れ星への小人の願いは、そんなじいじの味を思い出したのかもしれないと思いました。
[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-21 06:17 | おかいもの

心の栄養

c0033994_1411462.jpg

 小人たちの夏休みも残りわずかとなりました。小人たちは、日に焼けて体もひとまわり大きくぐんとたくましくなったように感じます。彼らを見ていると、さまざまな景色や思い出というたくさんのたからものを胸にしまう夏休みは、心も大きく成長する大切なときなのだと思いました。じいじの庭のトマトがお日様の光を受けて真っ赤に色づくように、小人たちもじいじばあばの愛情や大きな自然に包まれて、この夏休みで心の中にたくさんの栄養をたくわえたように思います。日常の中の、社会のルールから解放されて“家時間や家のルール”ですごす毎日は、私自身もたくさん笑っていたように思います。
 小人はこの夏休み毎日欠かさず英語で日記をつけています。いつか振り返ったとき、この今というきらめきを思い出してくれるかな。
c0033994_13571613.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-19 14:18 | まいにちのこと

トレッキングへ

c0033994_13492452.jpg
最後の日は、片道1.7マイルのTokopah Fallsへトレッキングに行きました。
c0033994_13502423.jpg
途中、キジに遭遇。
c0033994_13501128.jpg
最後は険しい岩場の続く道になり、やっと滝へ到着。
小人たちは道の途中枝を拾って杖にしてなんとか歩きとおしました。
今年は特に雪が少なかったそうで、川の水も少なく、滝も小さなものでした。
でも、そこには見渡す限りの白い岩と緑のコントラストが美しい絶景がありました。
c0033994_143010.jpg
思わず深呼吸。
c0033994_13503521.jpg
帰り道には鹿にも会うことができて、大きなごほうびとなりました。
野生の鹿は息を呑むほど美しかったです。
帰り道は歌を歌いながら。行きよりも勇ましく帰りました。

[PR]
by cinnamonspice | 2013-08-18 14:05 | キャンプ