ビスケットの缶

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

休日

c0033994_12551723.jpg
アメリカはメモリアルデーの連休でした。
c0033994_12552633.jpg
小人たちとStrawberry Pickingへ出かけました。
c0033994_12553339.jpg
バイクでぐるぐる。
りっぱなばたができそうなくらい回った小人たち。
お兄ちゃんを追いかける弟小人、逃げるお兄ちゃん、いつまでもいつまでも回っていました。
こんなに楽しい子供の時代も、いつかこの輪から出て行くときが来るのだと、ぐるぐる回る小人たちを見ながらしみじみとした気持ちになりました。

[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-30 13:25 | まいにちのこと

banner

c0033994_393886.jpg
旗のバナーを作りました。
家にあったフエルトとバイアステープを使って、久しぶりに手を動かしました。
もうすぐ誕生日を迎える小人に、少し早いけれど、マスキングテープでメッセージを壁に書きました。

 もうすぐ小人が8歳の誕生日を迎えます。小人が入院をした今年は、誕生日に特別な思いを重ねます。そんな8歳児は、最近怖い夢を見ると言って、弟小人と一緒のベッドで眠っています。子犬のようにじゃれあう二人を見ていると、今だけをかみ締めたいなと思います。

 小人が入院して以来、Animal PlanetというアメリカのTVチャンネルをよく見ています。タイムリーに見られないことが多いので、録画をして見ていますが、中でも小人たちは、「Frozen Planet」という北極、南極の生き物たちを撮ったドキュメンタリー番組がとても好きなようです。「Brinicle」という海底に向けて氷柱が伸びていく現象や、木の葉に氷のクリスタルができる様子や南極の想像を超える美しい景色に大人も興奮するほど。自然から学ぶことがたくさんあることを感じます。吹雪、氷、氷点下の世界。見ているこちらは温かいコーヒーを用意して見ています。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-27 04:04 | ひとつだけのもの

幸せ

c0033994_925165.jpg
ベッドルームに生まれた年のYear Plateを飾りました。
種を撒く人、お花と鳥たち。
見ているこちらも幸せ。

 週末はLegolandへ出かけました。最近、小人たちとのお出かけはミステリーツアーのように行き先は当日知らせることにしています。なので、この日も当日に小人たちに知らせました。楽しいイベントの予定を事前に知らせると、楽しみにしすぎて前日眠れなくなってしまい、結果、これまでも何度となく当日寝不足で体調を崩してしまう小人のためでした。普段から、いろいろなことに気がついて手先も器用な小人は、一方で甘え下手だったり、いざというときに弱かったり…生きていくということについては要領が悪いのかもしれません。小人たちを見ているだけでも、みんなそれぞれの個性を生まれながらに持っているのだと思います。

 弟小人のKindergarten,小人の二年生、それぞれの一年の学校生活がもう少しで終わろうとしています。弟小人の学校生活が半日だけだったこの一年は、これまでにないくらい忙しい一年だったようにも思います。思うように時間を使うことができなくてがんじがらめになることもたびたび。毎日を駆け抜けたような一年でした。それでも、不思議なもので、人はなんでもちょっと足りないくらいがちょうどいいというものなのかなとも最近思うようになりました。無我夢中でかけているときほど幸せなのかもしれません。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-24 09:06 | すきなもの

ピクニック

c0033994_22144687.jpg
布のバッグに絵を描きました。
小人たちと作る前に、まずママが練習してみました。
するすると布の上をすべるクレヨンの感触に、子供にかえっていきました。
無心でクレヨンをすべらせていたら、心が好きなもので満たされていくようで幸せな気持ちになりました。
お友達が、心の病気の子に絵を描くことでヒーリングをするための勉強を始めた、と話していたことを思い出しました。
絵を描くということはそういう力があるのだと思いました。

 弟小人のお友達と、学校に行く前に公園でプレイデイトをしました。
ママたちは芝生の上でピクニック。私は紅茶とイチゴのスコーンを焼いていきました。この日は最高気温が27度という日。夏の朝を思わせるひんやりとした空気が心地いいピクニック日和でした。鳥の声、芝生の青いにおい、子供たちの声。ゆっくりゆっくり時間が流れました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-22 22:29 | ひとつだけのもの

solar eclipse

c0033994_1065715.jpg

みなさん、日食をを見ましたか?
LAでは部分日食でしたが、6時38分がピークと聞いて、夕方、小人たちと一緒に近くの公園へ行きました。
シリアルの箱でお手製の観察用の窓を作ってきたおばさんや、カメラにダンボールで工夫をこらした男の人など、ピークの時間には少しずつ近所の人たちが集まってみんなで観察しました。
LAは曇りでしたが、うす雲越しに見た日食はドラマチックでした。
昔の人々はどんな思いで日食を見ていたのかな。
静かな天体ショーに、過去や未来に思いをはせるひとときでした。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-22 10:17 | まいにちのこと

虹色のくもの巣

c0033994_15481046.jpg
芍薬は甘い香りを放ちつつ、あっという間に花開いて散っていきました。
美人薄命なのですね。
 小人が宿題の絵日記を書いていました。週末の出来事を書いているものの、途中でどうも頭を抱えていました。彼にとって、「書く」ことはまるで猛獣と戦うようなものになっているようでした。
 先週お休みした補習校の宿題も含め、山積みになった宿題をやっていた小人の机にたくさんの消しゴムのかすができていました。ふと、頭を抱えていた小人が、そのひとつを取って、
「ママ、見て、お花みたい。」
と、見せてくれました。それを見て、彼らしいと思いました。 消しゴムのかすがお花のようだったこと、それがあなたの絵日記なのだと話したら、顔に浮かんでいた苦悩の相が消えていきました。
「少し前に、僕、虹色くもの巣のことを書いたでしょう?先生も見たことがないんだって。でもね、あのときはわからなかったけれど、僕、思うんだけど、あれは、くもの巣にお水(水滴)がついてそれがお日さまの光で虹色に見えたんじゃないかな、って。」
scienceの勉強をしたり、2年生になってもう一歩先に踏み出したんだと思いました。

虹色のくもの巣は間違っていはいないんだよ。
たとえくもの巣が虹色に見える理由はそうだとしても、お空に虹が出ていても気がつく人と気がつかない人がいるように、虹色のくもの巣の発見はあなただけのたからもの。
それを綴ったあなたの日記はママにとってたからもの。
そう話したら、小人はお日さまを抱っこしたようなうれしそうな顔でベッドに入っていきました。

 少し前のこと、小人のKindergartenのときの担任の先生が出産で退職されると聞いて、小人が先生に書いた手紙のなかの「虹色のくもの巣を先生はみたことがありますか?」という問いかけに、先生から返事が来たことを思い出しました。
「ざんねんですが、先生は、にじ色のくものすは見たことはありません…先生も、いつかにじ色のくものすを見てみたいです。」と書かれていました。
また、先生には女の子の赤ちゃんが生まれたことやママとなった先生の毎日のことなどが綴られて、手紙にはかわいい女の子のベビーちゃんの写真が添えられていました。小人の投げかけを受け止めて返事をくださった先生の気持ちに目の奥が熱くなりました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-18 15:49 | こども

小さな喜び

c0033994_1143724.jpg
りすさんのテープカッターはAnthropologieで。
かわいいりすさんに、テープを切るたびに笑みがこぼれます。

小人の英語の勉強は、scienceの勉強も加わり、難しくなりつつあります。
今週のspelling wordにあった「abdomen」, 「larva」, 「chrysalis」…
虫が苦手なママには縁遠い単語ばかりです。

+++
 
 ドクターから、小人が風邪から肺炎になる理由はアレルギーと関係があるのだと聞きました。アレルギーがある子は肺炎にかかりやすいのだそうです。今までもやもやとたちこめていた霧がようやく晴れた気がします。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-17 11:59 | おかいもの

写真を飾る

c0033994_1155567.jpg
 小人たちの写真をスクラップボードにして壁に飾りました。小人が生まれて7年。あっという間にすぎたと思っていた7年間だったけれど、写真に残るひとつひとつの日々のピースを見ていたら、えいっとひと思いに飛び越えた7年ではなく、一歩一歩重ねたものだったのだとしみじみとした気持ちになりました。7年という日々は奇跡の連続だったのだということ。つらいこともいいことも、人は忘れやすいから生きていけるのだと思うけれど、ふと足を止めたとき、踏みしめるその一歩の重さを思い出せてくれる、写真を飾るのはすてきだな、と思いました。このスクラップボードは、私たちが歩んできた日々の足跡なのだと思いました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-15 10:11 | まいにちのこと

flower bouquet

c0033994_141957.jpg
母の日には芍薬の花をプレゼントしてもらいました。
ふんわりとした花びらから甘い香りがこぼれます。

 時折吹く風も心地よい季節になりました。母の日はエレベーターですれ違った同じアパートの人や、買い物先のスーパーで、いろんな人から思いがけず、
「Happy mother's day!」
の言葉をいただきました。男の人も女の人も、行きかう人々はみんな花束を抱えていました。とてもすてきな景色でした。小人たちからは、学校で作った工作やカードをもらいました。抱えきれないほどの気持ちの花束を受け取りました。
c0033994_123917.jpg
小人からは絵の花のプレゼント。

[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-15 01:15 | まいにちのこと

succulents terrarium

c0033994_8463756.jpg
小さな多肉植物を買いました。
Smith & HawkenのTerrariumに入れて毎日愛でています。

 家の中に入る陽の回りががらりと変わり、季節の移ろいを感じます。午前中、さんさんと差し込む日の光からは生きるエネルギーをもらいます。植物にとってだけでなく、人にとってもお日さまの光は大きな恵みなのですね。
 小人はドクターに会って経過を見ていただき、運動もしていいと言われました。少しずついつもの暮らしに戻りつつあります。学校では、カルフォルニアの一斉のテスト、こどもの日のイベント、先生へのお礼の月間、遠足などいろいろなイベントが続き、このままひと息に夏休みへと向かうことになりそうです。小人は、以前のとおり思考や好みは幼いけれど、その一方で、入院を経て、ますます母よりしっかりしたように感じます。だめな母は小人にはげまされることも。小人の遊びは、ウルトラマンやレンジャーごっこに加えて、なぜか最近、ドールハウスのような遊びも。消しゴムの人形に名前をつけてダンボールで家を作り、ソファーやベッドなどの家具を作ったり、眠るときには読み聞かせも。男の子だけど、ちょっぴり変わっているのかもしれません。のんびりさんとせっかちさん。小人と弟小人は本当に対照的で、どちらもそれでいいのだと思います。
 
[PR]
by cinnamonspice | 2012-05-10 08:57 | すきなもの