ビスケットの缶

<   2012年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

おひさまの色

c0033994_7431392.jpg

 春休みで学校がお休みの小人たちと、ママ友達の誕生日のプレゼントを買いに出かけました。ポーランド製のハンドクリームはかわいいパッケージに手にとりました。お店で試したらおいしそうな香りにうっとり、小人もくんくん、弟小人もくんくん、みんなに合格をもらいました。
 お買い物に付き合ってくれたお礼にと、久しぶりにPinkberryのフローズンヨーグルトを食べました。小人はピーチ、弟小人はチョコレート、私はオリジナルと選ぶのも三者三様。私がトッピングに選んだmochiとマンゴー、雪山のようなフローズンヨーグルトの上のマンゴーの鮮やかな山吹色があたたかく映りました。まだ襟元に冷たい風が吹く中、日向ぼっこしながらほおばった甘酸っぱいフローズヨーグルトは、春の味がしました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-31 07:50 | すきなもの

小さくて弱い人

c0033994_1455954.jpg
小人たちの爪を切りました。
小さな20本の指の爪をぱちんぱちん。小人の爪にやすりをかけていたときのことでした。
「僕の赤ちゃん指はとても小さくて弱い人だからね。」
「そっと、そっと、やさしくしてあげてね。壊れてしまうからね。」
がさつなお母さんの手つきに、“僕の小さな人”が心配になった小人がつぶやきました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-31 01:46 | こども

春の足音

c0033994_12272840.jpg

 「そろそろ、森のくまさんも目を覚ますころだね。」
学校の帰り、車から窓の外を見ていた小人がつぶやきました。
「動物園のくまさんは動物園の人が起こしてくれるんだけど、森のくまさんは自分で起きないといけないんだね。ちゃんと起きれるのかな。」

 そうだね。
なんで動物たちは春がわかるのかな。
弟小人くんがくまだったら、大変だね。

 そっと、そっと、春がそこまでやってきていました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-26 13:37 | すきなもの

puppet show

c0033994_1456553.jpg
Remember your birth, how your mother struggled to give you form and breath.
c0033994_14561595.jpg
I am an eagle playing with the wind
c0033994_14555747.jpg
Remember the moon, know who she is.
c0033994_14554325.jpg
Remember sundown and the giving away to night.
c0033994_14555141.jpg
I am the glitter on the crust of the snow


 小人のクラスでPuppet Showの発表がありました。
詩を読むナレーションの係、musicの係、puppetの係、みんなでローテーションしながら、それぞれの係を担当しました。音楽は、小さなシンバルやトライアングルなど、シンプルな演奏が詩と影絵の神秘的な世界を引き立てていました。パペット作りからみんなで作ったPuppet Show。うっとりと光と影の世界に引き込まれました。

+++

The delight Song of Tsoai-talee
By N.Scott Momaday

Remember
By Joy Harjo
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-25 15:38 | こども

種まき

c0033994_14404365.jpg

 小人は毎日、先生から聞いたいろんな話を、目をきらきらさせて話してくれます。そんな小人を見ていると、ガーデナー姿の先生が毎日たくさんの種まきをしているところを想像します。
“種をまいて、水をあげて、お日さまとなって子供たちを照らす。”
先生の仕事ってそういうことなんだなと思います。教科書の上の話だけではなく、先生の雑談(知識)が何よりの種になるのだと。蒔いた種がどこで、どんな風に芽を出すのかはその子次第。学問として追求し仕事として芽を出す子もいれば、人生のふとした時に思い出すきまぐれな芽も。どちらも正しいのだと思います。そして、種を蒔いたことも先生自身も忘れたころに芽を出し花を咲かせる。そういうものなのだと思います。
 2年生になって、本格的にScienceの授業が始まって、「Science」に興味がある小人。Curious Georgeのように、これまで以上にいろんなことに興味を持って、自分の身の回りのものをよく見つめ日々発見をしています。小学生の小人たちにとって、そうした生きる喜びという一生の道しるべを教えてくれる先生に、親として心から感謝の気持ちになります。あったかいお日さまのような先生に照らされて、小人の心がひとまわり大きくなったように感じます。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-24 14:44 | まいにちのこと

Air

c0033994_1422087.jpg
$1コーナーで見つけた子供用の大小の羊のスリッパ。(実際には$2.50でした。)
もこもこがかわいさに手放せず、連れて帰りました。
自分たちのスリッパに喜ぶ小人たち。
弟小人の羊の耳には「H」のイニシャルを刺繍しました。


「空気は目に見えないでしょう?
でも、そこにあるでしょう?
空気があるかどうか、こうするとわかるんだよ。」

プラスチックの長い定規を振る小人。

ひゅるひゅるひゅる
定規が空気を切る音。

「ね、このmusic(sound)聞いた?
これで、Airがあることがわかるでしょう?」

本当だね。
空気の声、ママにも聞こえたよ。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-24 14:23 | こども

lemon tree

c0033994_945134.jpg
雑誌「クロワッサン」のおまけについていたminaのカード。
見ているだけで、心も軽く。

 アメリカ人にとって、レモンの木はとてもなじみのある木なのかなと思います。私の周りには庭にレモンの木がある人が何人もいて、時々レモンをわけていただきます。最近お引越ししたお友達のおうちを訪ねました。庭にプールがあって、その脇に、小さいからだにたくさんのお日様みたいなレモンの実をたわわにつけたレモンの木がありました。そのときいただいたレモンで、レモネードを作りました。フレッシュなレモンの香りは、心の中もレモン色に染めるようでした。
 レモンの木を見るたびにPeter Paul & Maryの「Lemon Tree」の歌を思い出します。私もいつか家を持つことができるのなら、小さなレモンの木がある家がいいな。そんな空想を今は楽しんでいます。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-24 09:48 | すきなもの

週末の朝ごはん

c0033994_1184656.jpg

 先週末は、St. Patrick's Dayにお友達の家に持っていく予定だったほうれん草のキッシュ(緑つながりということで)で朝ごはん。初めて作ったベーコンとほうれん草のキッシュは、タルト生地から作りました。さくさく生地はバターのいい香り。材料はシンプルだけど、手間をかけて作ったキッシュはひとつひとつ材料の味がしておいしく感じました。飲み物はカフェラテと手で絞ったフレッシュオレンジジュースを。韓国マーケットで安かったバッグ入りのオレンジを使って、一人一個絞ったフレッシュオレンジジュースは甘味で贅沢な味で、すっきり目が覚めました。久しぶりにのんびり予定のない週末は、時間も食材もいつもより少し贅沢に使った食事で、たぷたぷ心も満たされました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-23 01:48 | たべもの

雨の散歩

c0033994_14504269.jpg
金曜日、“St. Patrick's Dayのため緑の洋服と、緑のスナックを持ってきてください”、
という弟小人の先生からのメモに、四葉のクローバーの抹茶クッキーを焼きました。
不思議とプレーンのクッキーよりも小人にも好評でした。
当日の今日、小人は「今日、緑のものをたくさん食べるとLuckyなんだって。」と、きゅうりをむしゃむしゃ食べていました。
 久しぶりに雨音で始まる朝でした。買い物に出かけようと家を出ると、エレベーターのところにカタツムリが歩いていて、危うくお買い物のカートで交通事故になるところでした。そんな私たちをよそに、カタツムリはツノを高く出してゆっくりゆっくり道を横断していきました。思わず、絵本の「がまくんとかえるくん」のお話で、かえるくんの手紙を運んでくれたカタツムリくんのことを思い出しました。
 買い物から帰って、エレベーターを降りたとき、だんなさまが小人に、
「カタツムリがいるから気をつけて。」
と、声をかけました。けれど、降りてみると、あんなにゆっくりで、横断するのにも一日かかってしまうのではと思ったカタツムリの姿は跡形もなくなっていました。みんなほっと胸をなでおろして、家の扉の前に立つと、そのそばを、今度は別のカタツムリがゆっくりと歩いていました。雨の日のお散歩は気持ちがいいのかな。みんなで、楽しそうに散歩するカタツムリをよけて、家に入りました。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-18 14:55 | 今日のおやつ

女の子と男の子

c0033994_14495248.jpg
マリメッコの布とダブルガーゼの布の二枚仕立てであずま袋を縫いました。
肩の部分には彫りの模様が美しい古い貝殻のボタンをアクセントに。
軽くてことのほか使い勝手がよかったので、別の柄でサイズ違いで作ってみようかな。

お友達と長電話をしました。ほんの30分のつもりが、気がつけば2時間半が経っていました。お友達は最近始めた編み物に寝食を忘れて没頭しているとのことでした。私はソーイングとそれぞれ違うけれど、“手を動かすこと”は瞑想に似ている、そんな共通認識を確認しました。ボランティアの話から、ヘレンケラー、ダライラマ、どんどん話は広がり思想的な話まで、2時間半で旅をしたような気持ちになりました。
 会社から帰っただんなさまは今日手にしたiPad2に、おもちゃを手にした子供のように夢中になっています。画面を前にソファに3つ並んだ顔。男の子はいくつになってもみんな同じなのですね。
 明日は嵐なのだとか。遊ぶ予定はキャンセルになってしまったけれど、家篭りにはぴったりの週末です。
[PR]
by cinnamonspice | 2012-03-17 15:02 | ひとつだけのもの