ビスケットの缶

<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

in the nature

c0033994_13231085.jpg
キャンプには、朝の一杯のコーヒーに釣られて来たのでした。
c0033994_13233342.jpg
目覚まし時計は持たずおなかの虫と腹時計だけが頼り。
朝ごはんはソーセージとスクランブルエッグとクロワッサン。
だけど、この数日の急激な暑さの来たせいか、元気になったハチたちが集まってきたので途中でテントへ避難。
冬山登山スタイルに変更。
c0033994_13235127.jpg
清らかな朝の光。

夜、寝る前に夜空には宝石箱を広げたみたいな星たちを見たとき、みんな一瞬言葉が出なくて思わず息を呑みました。そして、星座表を持ってこなかったことをしきりに後悔しつつ、だんなさまと小学生のころの記憶を頼りに、あれがオリオン座、これが北斗七星?など話しながら、星空から目を離せないままテントへ向かいました。
 結局、テントに入ってバタンキューしたのはだんなさまと弟小人。いつもながらの寝つきの悪いチーム(私と小人)は周りの音に耳をそば立てながらいつまでも目をぱちぱち。横になっていると、鈴虫、マツムシ、聞いたことがないくらいの虫の大合唱に包まれました。昼間は間違いなく30度を越えていた気温が、夜がふけるにつれしんしんと冷えてきて、慌てて蓑虫のように寝袋にもぐりこんでじっとしていたら、なんだか自分が路傍の石になったような気持ちになって、すぐ近くで虫たちの息遣いも聞こえてきそうでした。目の前を跳ねる鈴虫、時折通るパトロールの車に浮かび上がる足の細長いクモのシルエット、テントに木の葉が落ちる音、かさこそと何かが歩く音、ホー、ホー、というふくろうの声、遠くに聞こえる悲鳴のようなコヨーテの群れの声。
「今の鳴き声は何?」
と尋ねる小人に
「コヨーテかな。」
とひそひそ。
 日中は誰にも気づかれずにすごしていた虫やコヨーテたちが生き生きと活動をし始めるころには、早起きな鳥たちや野うさぎ、地りすたちや鹿、そして私たち人間も寝床へ。自然(大地)という場所をみんなそれぞれの活動時間でシェアしているということ。喜びのような悲しいような不思議なコヨーテの遠吠えを聞きながら、いつしか小人は眠り、私もとろとろと眠りに落ちたのでした。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-31 13:32 | キャンプ | Comments(4)

camp

c0033994_83113.jpg
人生初めてのキャンプをしました。
まずはテントを建ててからちょっとお出かけ。
c0033994_8222550.jpg
目指すは大きな池。
でも、とても暑い日だったので、途中の小さな池で足を冷やしてから。
c0033994_82095.jpg
水着で45分歩いて着いたのは…この景色。(行き違う人もみんな水着でひたすら平原を歩きます。)
断崖絶壁をロッククライマーが歩く中、池にダイブする人、浸かる人、みんないろんな楽しみ方。
c0033994_8211860.jpg
写真にはないけれど、10メートルくらいの高さからダイブする若者たちには見ている人は手に汗。
c0033994_82452.jpg
さて、お楽しみの晩ごはんはだんなさまのバターチキンカレー。
c0033994_8515879.jpg
ごはんを用意していると、野うさぎが現れました。
c0033994_8372162.jpg
夕焼け空の下、大人はチーズとワインと、
c0033994_8374684.jpg
マンゴーサルサ&チップスをつまみながら星空が出るまで。
c0033994_857365.jpg
日が暮れてからのスモアーを楽しみにしていた小人たち。
この日ばかりは大人も子供もなく夜更かしOKでしたが…満天の星空を見て、トランプをしたらバタンキューでした。


+ Malibu Creekにて。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-31 09:39 | キャンプ | Comments(2)

夏の終わり

c0033994_142471.jpg
小さなボトルの形のキャンドルにはふくろうの模様。

夕暮れ吹く冷たい風、少しずつ短くなるお日さまに夏の終わりを感じます。長い長い夏休みもそろそろおしまい。
自由な暮らしの終わりが寂しいのは、子供たちよりもママのほうかもしれません。
夏休み最後にこの週末は、私にとって人生初のテントを張ってキャンプをする予定です。
昼間とは違う夜の自然、楽しみなようなちょっぴり怖いような…
「おばけは何時に来るの?」
おばけがくる時間を確認しあう小人たち。
おばけ、それとも…どんな発見があるのかな。
親子4人、どきどきの胸を抱えて出かけます。

+++
最近読んだ本「悲しみよ、こんにちは」
         「太宰治全集9」
最近見た映画「ヴィヨンの妻」
         「借り暮らしのアリエッティ」
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-28 14:09 | すきなもの

カエル

c0033994_134421.jpg
日本の公園にて。水のみ場のカエルと。

我が家に住むカエル(=弟小人)。
「食べたんだケロ~」
「あれれ?しまったんだケロ~」
もうすぐ5歳だけど、舌ったらずで「~けど」がうまく言えません。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-28 01:37 | こども

子守唄

c0033994_1634831.jpg
バスルームには蝶と花と、写真にはないけれどふくろうのアンティークプリントを。

ハイキングへ行く朝、キッチンでお弁当つくりをしていたら、お皿の上に並んだおにぎりの山並を見つけ、かわいらしさに笑みがこぼれました。肩を並べるように並んだその小さな山をたくさんつめて出かけました。

ハイキングではいろんな音や、匂いに敏感になって、あぁ、私たちも動物なんだ、という気持ちになります。

かさこそ、
何か音がした?

あ、今そこで何か動いた。

小さなもぐらかねずみのような生き物が駆けて行く後姿や、りすが木の実を食べる様子、足元でバッタが大きなジャンプをしたり、大きな蝶がすぐ近くまで来たり…耳をすまし目をこらして歩いているといろんなことに気がつきます。普段、眠っている動物としての感覚が研ぎ澄まされるように感じます。
 だんなさまを隊長に、それぞれ木の枝を手に探検に行った川辺では、鹿のものと思われるたくさんの落し物を発見しました。そのあと、お昼を食べようと向かった先でだんなさまが誰かの視線を感じたと思ったら、鹿の視線でした。すぐ近くにいた野生の鹿の視線はやさしくて、大きな瞳でじっと見つめる様子はまるでこちらの心の中をも読まれてしまうような不思議な力を感じました。それは、見る人に昔から日本で神さまの使いとされるのことも納得させるような視線でした。
 そこここに感じる生き物の気配。それが子守唄のように心地よくて、私たちはまたハイキングに出かけるのかもしれません。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-23 16:06 | まいにちのこと

じいじ、痛くない?

c0033994_130258.jpg

お風呂上がりのじいじが、鏡の前で入れ歯を取るのをしょっぱい顔で覗き込んでいた小人が言いました。
「ねぇ、じいじ、痛い?」
入れ歯を知らない小人、ちょうどぐらぐらしていた自分の前歯と、じいじの入れ歯を重ねたのでした。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-19 01:31 | こども | Comments(4)

夏ごはん

c0033994_1259645.jpg
大葉が隠し味のだんなさまの餃子。

ずっと悩んでいたけれど、日本で圧力鍋を買いました。
それ以来、毎晩玄米は圧力鍋で炊いています。ふっくらもちもち、炊飯器との炊き上がりの違いに驚きます。豚の角煮、だんなさまのミートソース、いつものメニューも時間短縮で電気の節約にも。そうそう、角煮はその残りの汁でだんなさまがしょうゆラーメンを作ってくれました。我が家では、当分、圧力鍋ブームが続きそうです。新しい道具が加わると、家の中に新風を巻き起こしてくれていいものですね。
 日本でもうひとつ。大事大事にもって帰ってきたお義母さんからいただいた石垣島のラー油は、山椒の香りがよくて、餃子にたっぷりがおいしい、週末の定番です。桃屋のラー油はご飯や冷奴、麻婆豆腐にぴったり。いろいろ使い分けて楽しんでいます。LAに戻って、小人たちはよく食べよく遊びよく寝て、夏休みでぐんと大きくなった気がします。
c0033994_12592722.jpg
生春巻き
c0033994_1304319.jpg
わかめとおくらと豆腐のサラダ

[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-18 13:05 | たべもの

そうっと、そうっと

c0033994_12441040.jpg
久しぶりにベーグルを焼きました。
夏休み、いろいろ手作りを楽しんでいます。

「弟小人くん、ジャムはね、そうっと、そうっと、赤ちゃんをなでるみたいにかき回すんだよ。」
ブルーベリージャムを煮ていたときの小人の言葉。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-18 12:45 | たべもの

想像力

c0033994_15185660.jpg
Sweden製のsporkは、フォークとスプーンがひとつになった働き者。

この日の夕食はだんなさまのリクエストのビーフストロガノフ。
あまり喜ばなかった弟小人が、キッチンからごそごそとsporkを見つけてきました。
「これで食べていい?」
キャンプやお弁当用にと買った道具だけど…。不思議に思いながら私がうなずくと、小人も弟小人もびっくりするほど大喜びして、食べはじめました。新しい道具を使うのが楽しくてたまらないという様子で。食べない子供たちに、北風のようにびゅーびゅー吹くのではなく、視点を変えること。いつだって、子供と接するとき、大人はほんの少しの想像力が必要なのかもしれません。
c0033994_15292462.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-15 15:36 | おかいもの

夏休みの過ごし方

c0033994_1022015.jpg
LibertyのCapelのおいしそうなあずきミルクという色の布。
とろんとした雰囲気のある色合いが好み。

夏が逃げないうちにキャミソールドレスを縫いました。
遠くに聞こえる2階で遊ぶ小人たちの声。たぷたぷと時間の海に漂いながら、i-Podで古い曲をかけていたら、胸のあたりでくすぐったいような痛みがよみがえりました。
昔と今を行ったりきたりの夏休み。

+++
最近見た映画
「南極料理人」、「ノルウェイの森」
[PR]
by cinnamonspice | 2011-08-12 10:07 | ひとつだけのもの