ビスケットの缶

<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0033994_14184317.jpg
弟小人のPreschool生活も残りわずかとなりました。
弟小人を迎えに行ったものの、なかなか帰りたがらないbikeに乗る子供たちの歓声の中、入り口にある大きな木を見上げていました。
私が子供だったら、上ってみたいなぁ、といつも見上げている木でした。
高く高く伸びた大きな枝葉。その枝枝の間から木漏れ日がきらきらとこぼれていました。
うっとり見上げる私に、クラスメートのママが
「Coral treeって言うのよ。」
と、教えてくれました。
きれいな朱色の花が珊瑚のようだからついた名前だとか。
大きな大きな木の下にいたら、守られているような安らかな気持ちになりました。小さかったころ、お母さんに抱っこされていたときのことを思い出したのかもしれません。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-25 14:22 | まいにちのこと

Hope

c0033994_8531728.jpg

3・11のあの日から、祈りの気持ちを込めて、少しずつ、少しずつ、鶴を折っています。
一日20羽ほど折れる日もあれば、まったく折れない日も。でも、不思議と鶴を折っていると心が真っ白に穏やかな気持ちなります。
今、私たちにできることは忘れないこと。
心は海を越えていつもそばにいます。
c0033994_8533298.jpg
被災地の復興と同じように、いつ完成するかはわからないけれど、
小さな一歩を重ねていつか千羽になる日を夢見ています。
c0033994_8452224.jpg
小人の学校で義捐金を兼ねて作られたHope T-shirt。
日本へ希望の光をそそいでいこう、みんなの思いが詰まっています。
集まったお金は福島県に贈られるそうです。

6/18追記 
義捐金は$3000集まったとのこと。全額寄付されたそうです。

[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-23 09:01 | まいにちのこと

ちいさな町

c0033994_13513326.jpg
小人が折り紙で作った小さな町は大きな木がめじるし。

小人が学校から借りてきたのは、「わすれられないおくりもの」の絵本。
お迎えが来る日が近いことを感じた歳をとったアナグマが、ある日ついに長い長いトンネルを抜けて永遠の世界へと旅立ちます。そのあとに残されたモグラをはじめとした森の仲間たちのことを描いた静かな静かなお話です。
 アナグマが長い長いトンネルを抜けるシーンが、とても甘く美しく、自分の大切な人と重ねてしまい何度読んでもそのシーンを読むたびに胸が苦しくて、目の奥が熱くなります。アナグマが感じるトンネルの心地よさと、トンネルを進んでいくアナグマを引き止めてしまいたい気持ちとが入り混じった切ない気持ちになります。アナグマが森の仲間の胸に残したもの。誰もが迎える「死」。「死」=無くなることではないんだよ。読んだ人みんなに贈り物をくれるそんな絵本です。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-19 14:03 |

再会

c0033994_14104649.jpg
引越して最初に居場所を探したのはコーヒーや紅茶を入れるための棚でした。
私の大切にしている時間が見えた気がします。

引越しの荷造りをしていたら、古いアルバムに混ざって、映画の記録が出てきました。自分でもびっくりするくらい、すとん、と記憶から抜け落ちていたものとの再会に、タイムカプセルを開けるようにどきどきしながら手に取りました。
 ページをめくると、おそらく20代前半の当時、映画館で観た映画の半券とその横に映画の感想がつづられていました。そういえば、当時増えつつあった大きな映画館でチケットを買うと、その映画館用の機械的に文字だけが印刷されたチケットになってしまうのが味気なくて、ポスターと同じデザインの前売り券の半券ほしさにチケット売り場で買い求めて見に行っていたのでした。今見ると、覚えている映画、まったく覚えていないものなどいろいろで、書いた内容もまったく記憶にありませんでした。知らない自分に合うようでなんだか恥ずかしくて、鏡の中の自分をまっすぐ見れないようなそんな感覚でした。なので、結局肝心な内容はあまり覚えていないのですが…。でも、ページをめくるたびに当時の空気がこぼれてくるようで、まぶしくてくすぐったいその余韻は、書いている今もここに残っています。
 足跡を残すというのはちょっぴり怖くて、でも、おもしろいものですね。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-16 14:15 | すきなもの

引越しと恋

c0033994_1352188.jpg
アンティークの聖歌の楽譜は階段の踊り場に飾りました。

引越しは恋愛に似ているそんな風に思います。新しい恋人と付き合い始めの初々しい感覚のように、はじめはいいところばかりが見えるように思います。実際に住んでみて、最初は遠慮しつつ相手の反応を見ながら付き合ううち、しばらくすると悪いところも見えてきて、この人で大丈夫かな、自分に合うかな、と不安になってきて…家も人も、じっくり付き合ってみないとわからないのかもしれません。前の部屋もとても好きだったけれど…ここはちょっと、あそこはなぁなんて言いながら5年が経っていました。
 住めば都。今のところ、新しい恋人とはいい関係です。いいところも悪いところも折り合いをつけながら、新たに恋していけたらいいな。
 
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-14 13:14 | まいにちのこと

楽園

c0033994_1039231.jpg
新しい家にひとつずつ絵を飾りはじめました。
それぞれの心地よくおさまる居場所を探しながら。
絵を飾ると、自分の家らしくなってきます。
「夜明け」という名前の紙のカーテンはダイニングに飾りました。
エクステンションできるテーブルは新しい家では広げて使っています。
奥に見える金魚の居場所は模索中。

この季節に吹く風を薫風と言うのですね。
木々の緑からこぼれる光が心地よく感じます。
毎年この時期になると楽しい歌声を聞かせてくれる鳥がいます。
とても上手な歌声に、思わず聞きほれてしまいます。青い空と、色とりどりの花、鳥の歌声…そっと目を閉じると楽園にいるような気持ちになります。旅に出なくても、楽園を感じることはできるのですね。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-13 10:18 | まいにちのこと

c0033994_2330937.jpg
Air Mailのバッグ。
小人の日本語の補習校の道具箱に用意しました。

“はっぴいさん”のお話のなんでものろのろの男の子とあわてんぼうの女の子のような私たち夫婦は、いつも「二人でやっと一人前だね。」と話していたけれど、この引越しで二人でも一人前ではないんだなぁと感じる出来事がありました。たくさん失敗して、勉強して、人よりだいぶ遅れても、いつか二人で一人前になりたいな。
 人は苦しいときほど、渇いた植物が根を広げ水を吸い上げるように、人間も根を大きく広げ、心の栄養を吸い上げるものなのかもしれません。小さな小さな栄養もしっかりと、満たされたときよりも豊かに。
 以前、無農薬の農業をされている人が、作物に水をあげすぎてはいけない、かわいそうでも苦しい時を作ってあげることで豊かに実ることができると話していたことを思い出しました。人もそうなのだと思います。だんなさまと二人海外で暮らしてみて、“かわいい子には旅をさせろ”、という言葉の意味を初めて知りました。私たちも旅の途中、つまづいてばかりで立派な親とは言えないけれど、小人たちもたくさん旅をして、しっかりと根を広げ、生きていってほしい。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-08 23:37 | まいにちのこと

心にしみる味

c0033994_233898.jpg

引越しは小人が学校に行っている平日にしました。
当日、お友達が軽食をと、おにぎりの差し入れをしてくれました。
鳥のつくねの入ったおにぎり(おかずもかねておいしかった!)、ふんわりバターの香りがする卵でサンドした鮭のおにぎり…冷たい緑茶とカップも添えられていました。引越し業者の方も帰って無事終わったあと、古いアパートのお部屋で親子3人で遅めのお昼にしました。何もかもなくなったがらんとした真っ白い部屋で、カーペットの上に座って食べていたら、おにぎりにかけられたふりかけのタマゴの黄色が野の花畑のようで、窓から降り注ぐ光の下、お花見しているような気持ちになりました。
心にしみる特別なおにぎりでした。私もそんな気持ちを届けられる人になりたいな。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-08 23:05 | まいにちのこと

memo

c0033994_19591116.jpg
学校で作った冊子のなんだか楽しそうな小人の文字に誘われて
ページをめくると、まじめな算数の本でした。

約3年ほど前に使っていたメモ帳が出てきました。
私が毎日の小さな心のつぶやきを走り書きしたメモ。私のメモとメモの合間に、いつの間にか書かれた当時の小人のメモがありました。“(私の名前)さん、おげんきですか”という言葉や、茶色の不思議な生き物の上にに“うま”というメモや、謎の“パすたとまと”の文字など…そのうちのひとつに小さな手紙のようなものを見つけました。
“(私の名前)さんはいいこですよ。
小人(自分の名前)はがっこうでべんきょうしてますよ。
小人(自分の名前)くんもいいこですよ。”
当時4歳くらいだった小人の私にしか読めないような文字で書かれていました。まるで交換日記のように交互に書かれた小人の落書きに、捨てようとしたメモ帳なのに、捨てられなくなりました。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-07 20:01 | こども

巣作り

c0033994_2242594.jpg

引越しをしました。
新しい部屋で新たなスタート。
今度のおうちは階段があるので、初めての階段に子供たちは興奮気味で、トトロのサツキとメイのように、階段を上ったり降りたり、毎日家の中を探検しています。
パパとママは巣作りで駆け回り、毎日ベッドに吸い込まれるように眠っています。
少しずつ、少しずつ、真っ白な箱に、自分たちの色が加わりつつあります。
[PR]
by cinnamonspice | 2011-05-04 02:30 | まいにちのこと