ビスケットの缶

<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0033994_1536368.jpg
眠い目をこすりながら、立ち寄ったAbbot Kinneyのカフェ、Inteligensiaで購入したコーヒーグラインダー。
アンティーク調のBallの壜にアイアンという組み合わせ。
だんなさまと二人だけで飲んだ朝のコーヒーは、特別な一杯になりました。

小人たちの初めてのスリープ オーバーの夜が明けました。
私を見つけると声を上げながら、満面の笑みで駆けてきた小人たち。その笑顔がすべてを語っていました。それぞれ手にしたお友達のおうちで作ったというキャンドルホルダーのアートワーク。中には電気製のティーライトキャンドルが入っていました。(これなら、小人たちがやけどする心配もありません。)得意そうに見せながら、おしゃべりが止まらない小人たち。
「一番最後に起きたのは弟小人くんだよ。」
そうか、たくさん眠れたんだね。笑顔の向こうに持ち帰った自信がありました。

candle holder
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-28 15:52 | おかいもの

c0033994_1631940.jpg
我が家の小さなおうち。
住民は動物たち。

サンクスギビングで小人の学校も一週間のお休みに入りました。
先週末、ご近所の家々からはおいしい香りがこぼれていました。ターキーを焼く匂い、クッキーを焼くような匂い(パンプキンパイかな。)…おおぐま、ごぐま、みんな鼻をくんくんさせて、家に帰りました。
 サンクスギビングの明日は、小人のお友達のおうちでサンクスギビングディナーをご馳走してもらいます。小人たちは初めてのスリープオーバーをする予定です。目を輝かせる小人達に反して、ママとパパはまだまだ心の準備はこれから。いろんな恵みに感謝する日。お友達のご夫婦の気持ちに、ご馳走に、小人たちの友情に、感謝する一日にしたいな。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-25 16:47 | すきなもの

c0033994_4121753.jpg

夕方、小人たちと留守番していると電話が鳴りました。買い物に出かけていただんなさまからでした。
「外を見てごらん。」
「月が綺麗だから。」
電話を片手に小人とベランダへ飛び出すと、沈んだ夕日がオレンジ色のグラデーションを残す空に、少しずつ夜のカーテンがひかれてくところでした。一番星もまたたきはじめていたけれど、ベランダから身を乗り出してみたものの、月は低いところにいるのか、背伸びをしても見えませんでした。
  とっぷりと日が暮れたころ、再び窓の外を見ました。大きな松の木の向こうに大きなまあるい月が見えました。冬の澄んだ夜空に、月がきれいな夜でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-23 04:20 | まいにちのこと

贈り物

c0033994_15221185.jpg
小さなお友達にどんぐりと鳥のクッキーを焼きました。
家ですごす時間が楽しい季節です。

 クリスマスの贈り物を選ぶ季節になりました。贈り物を選ぶ時間はそれ自体が自分たちへの贈り物のように胸が躍ります。
 だんなさまには少し前に購入した靴と、FALKEの靴下を選びました。寒がりなので、きっと喜んでくれるかな。小人たちのものはサンタクロースさんにお願いするとして…クリスマスのストッキングには小人が欲しがっていた腕時計を忍ばせようかな。
 週末は久しぶりの雨の予報。冬の曇り空にクリスマスソングのCDをかけて…つんと冷たい空気のなか、心にキャンドルの明かりがそっとともります。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-22 03:56 | 今日のおやつ

kids shelf

c0033994_15522110.jpg
週末のFlea Marketで、探しものの小人たちの棚が見つかりました。
木の持ち手に惚れて購入した棚はデンマークのものでした。
お店のおじさんがプレゼントしてくれた映画館で使われていたアルファベットの文字。
一緒に飾ったら、仕上げのコショウのようにぴりりと引き締まりました。

学校の帰り、公園で友達と遊ぶ小人たちを見ていました。
遠くで小さく見える小人たちは、みんなでなにやら相談して落ち葉を集めていました。
青い芝生の上に、たくさん落ちていた黄色や茶色のプラタナスの落ち葉。夕日を浴びて金色のように映る秋の落とし物は小人たちの顔くらいある大きな葉までありました。そのたくさんの葉を集めて、彼らが作っていたのはベッド。何度もみんなで寝転んでみたりしながら寝心地を確認しているようでした。楽しそうな声も届かず、無声映画のように真っ赤な夕焼けに染められて夢中で遊ぶ子どもたちは、そこだけ絵本の中のような世界でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-18 16:03 | おかいもの

art class

c0033994_1325370.jpg
小人の11月のアートクラスのテーマは“さんま”。
渋い作品が予想されたけれど、さんまを触って、観察して、小人たちのように楽しそうに泳ぐさんまになりました。
c0033994_1392873.jpg
弟小人は果物(オレンジとバナナ)を描きました。

[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-17 13:07 | こども

くじらぐも

c0033994_16391424.jpg
小人たちとアップルシナモンジャムを作りました。
りんごを切るのは私と小人。切ったりんごをお鍋に入れて混ぜるのは弟小人の仕事。
みんなで作ったりんごジャムです。

週末、小人のもうひとつの学校(日本語の補習校)の見学に出かけました。そこで、自由に授業の様子も見せていただきました。
 一年生の教室の廊下には、大きなおきなくじらぐもの切り抜きが貼られていて、教室からは朗読する子どもたちの声が聞こえてきました。
「天までとどけ、一、二、三!」
その声とともに、小学一年生のとき、先生とみんなでジャングルジムに上って大空に向かって叫んだ、外での授業のことを思い出しました。あのときの高い高い青空と、もっと大きい声でと笑う先生に何度も何度も叫んだこと、高いジャングルジムの上から本当にくじらぐもに乗れそうな気がしたこと。胸がぎゅうっと掴まれるような気持ちがしました。閉めたまま忘れてしまっていた部屋のように、扉を開けると、そこには光がいっぱいにこぼれるそのままの景色がありました。
今度は小人たちの番。私たちが見た景色は小人にはどんな風に映るのかな。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-16 16:44 | たべもの

anniversary

c0033994_15391198.jpg
週末はもともとの計画の通り、だんなさまのバターチキンカレーを囲みながら、家族全員で記念日を祝いました。

9年目の結婚記念日でした。
記念日の3日前に、たまたま私たちの記念日を知った小人のクラスメートのご夫妻の勧めで、急きょ小人たちを預かってもらうことにして、夫婦だけで食事をしに行きました。「小人くんたちには昼間から夜まで遊びに来てもらって、ぜひゆっくり。」という温かな言葉をいただいたものの、私たちが小人たちを預けることに慣れていないので、今回はリハビリを兼ねて夜のディナーだけ出かけさせてもらうことになりました。
 気がつけば、だんなさまと出会ってから14年という月日がたっていました。その歴史を紐解きながら久しぶりにのんびりと食事をいただきました。夫婦となって、川底の石のように、少しずつ少しずつ、月日を重ねるなかでお互いの個人という角が取れて、凸と凹が合わさり寄り添って並ぶ石になってきたかな。硬い私という石に、もしかしたらだんなさまのほうが角を削られながら寄り添ってきているのかもしれません。
 お店を出ると、急ぎ足で友人宅へ向かいました。お友達姉弟と満面の笑顔で帰ってきた小人たち。友人がそっと渡してくれた紙袋を開くと、4人の子どもたちがそれぞれ描いてくれた手書きのカードが入っていました。「もっと、小人くんたちといろいろ遊ぶ計画だったのだけれど、時間がなくて…もっとゆっくりしてきてもらえればよかったのですけれど。」と、言ってくれた友人の言葉を思い出して目の奥が熱くなりました。失ったものと手にしたもの。子どもを生んで、食事やシャワーはどんどん早くなり、手は働きものの手になったけれど、その一方で、手にしたものの大きさを感じた夜でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-16 16:16 | まいにちのこと

Dear Santa Claus

c0033994_16454463.jpg
c0033994_164623.jpg
小さなおもちゃのクリスマスツリーを飾りました。すると、
「サンタさんに手紙を書いてもいい?」
と、スケッチブックを抱えて小人たちがやってきました。
「英語?日本語でも大丈夫?」
真剣な面持ちの小人たち。静寂のあとに、それぞれの手紙ができました。
「僕がポストに入れる!」
と、力説する小人にヒヤヒヤのママです。
[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-13 16:53 | こども

ある冬の朝

c0033994_2364887.jpg
それぞれベッドで眠ったのに、なぜか朝にはひとつのベッドに。
c0033994_2381613.jpg
眠い眠い弟小人と。
c0033994_2415469.jpg
それぞれの朝。
c0033994_2403935.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2010-11-13 02:42 | こども