ビスケットの缶

<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

一年の終わり

c0033994_1153224.jpg
いたずらもお兄ちゃんがお手本。
憧れの意も込めて?「○○くーん。」最近、お兄ちゃんのことを“くん”をつけて呼ぶ弟小人。

大掃除を少しずつしています。
重い重い腰を上げて始めたけれど、汚れが落ちていくのを見るとぐんぐん心が軽くなります。
一番の楽しみはその後飲む一杯のコーヒー。
奇麗になった壁やキッチンなど、一年の汚れを落としてもらって、家も大きく呼吸し始めるような気がします。

弟小人のトイレトレーニング
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-30 12:45 | こども

Christmas Morning

c0033994_861651.jpg
みなさんのもとにもサンタクロースはきましたか?

[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-26 08:06 | まいにちのこと | Comments(4)

Christmas Eve

c0033994_4302664.jpg
お日さまが沈む頃、テーブルクロスをひいて、家のキャンドルを点して、イブの夜が始まりました。

だんなさまと小人が風邪気味だったので、お友達のおうちでのパーティのお誘いをお断りして、今年も家族4人、家でクリスマスを祝いました。
 一日中はしゃいでいた小人たちは、サンタクロースにクッキーとミルクを用意してベッドへ入ると、ねじが切れたように夢の世界へ旅立ちました。そして、もう一人ののっぽの男の子も。私はクリスマスイブのもうひとつ大切な仕事を。手を動かしていると、ふとマッチ売りの少女のお話を思い出しました。
 マッチをしゅっ、と擦るたび火の中にぼうっと浮かぶ幸せな景色。温かい暖炉の火、キャンドルを点したテーブルに並んだクリスマスのごちそう、美しく包まれた贈り物の包み…冷たい雪の上に浮かぶあたたかな景色が、かじかむ手の痛みとともに小さい胸にも焼きついたっけ。
 出来上がった3つのプレゼントをクリスマスツリーの足元に置き目を閉じると、明日の朝のそれぞれの笑顔が浮かびました。小人たちのはしゃぐ声も消え、残されたろうそくの灯りとアイイリッシュハープの音色が響く部屋で、一人クリスマスケーキを一切れ食べました。見上げると、時計の針が12時ちょうどを指していました。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-26 07:07 | まいにちのこと

たからもの

c0033994_2491380.jpg

小人たちへの贈り物と一緒に、母から私の小さい頃の日記が届きました。
全部は送れないからはじめのころの数冊だけ。と母から届いた日記。
4歳のはじめての日記の表紙には母の字で「ももぐみ○○○○(私の名前)」が記されていました。
どきどきしながらページをめくると、今の小人たちのように、きらきらした瞳で毎日をみつめる私がいました。お日さまの匂いや、夏の海の色、土の匂い、手で触れた感触…ページからこぼれるひとつひとつのかけらのまぶしさに目の奥が熱くなってページを閉じました。
私という木の根。大切なものがすべてこの中にあるように感じました。
クリスマスの夜はゆっくりこの日記を読んですごそうかな。
世界に二つとないクリスマスプレゼントをもらいました。

みなさまも、どうかすてきなクリスマスをおすごしください。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-24 02:25 | まいにちのこと

ornament cookies

c0033994_11511534.jpg
今年も小人たちとオーナメントクッキーを焼きました。
今年はお手伝いの手がもうひとつ、増えました。

「ママ、あそこの木、みかんが生まれている!」
車から、家の庭にみかんがたわわになった木を見つけたときの小人のつぶやき。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-23 11:53 | 今日のおやつ

サンタクロース

c0033994_11142987.jpg
枝の影からのぞいているIKEAの小人のオーナメント。

「じいじ、聞きたいことがあるんだけど…
 サンタクロースはどうして煙突から来るの?熱くないの?」
受話器の向こうで
「うーん。」
という、じいじのうなり声が聞こえてきました。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-22 11:26 | まいにちのこと

candle light

c0033994_4153511.jpg
私が生まれた年のyear plate。
お皿の中のキャンドルの灯りがお部屋を優しく照らします。

アメリカ国内、そして日本へ、クリスマスカードを送りました。
家族、古くからの友人、今年出会った人、年に一回のこの季節だけのやりとりの人、一人一人のお顔を思い浮かべながらカードを書いていたら、そのひとつひとつの出会いが、たくさんのキャンドルの灯りとなってこの一年を照らし出してくれるような気持ちになりました。
クリスマスまでにどうかみんなの元へ届きますように。

「Happy Holidays!」
毎年クリスマスツリーのもみの木を買ったお店の人が別れ際、顔いっぱいの笑顔とともにくれる挨拶は日本の松飾のお店の「よいお年を!」という挨拶や拍手を思い出して晴れやかな気持ちになります。郵便局やスーパーマーケット、そこここで聞こえてくる温かい掛け声が心に灯りを点してくれます。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-21 01:12 | すきなもの

小さなもの

c0033994_0195816.jpg
今年増えたオーナメントその1、
いい音がする、子牛がつけているような小さな小さなcowbell

こつ、こつ、こつ、一歩踏み出すたびにミルクティ色のブーツがたてる心地よい音。
“星の木”と、私が一人呼んでいた黄色の星のような形の木の葉をつけたプラタナスの木は、いつの間にかすべての木の葉を落として、今度は小さなトゲトゲの木の実のオーナメントをたくさんつけてクリスマスツリーのようになっていました。
そんな日々の小さな出来事というドキドキは、お気に入りの髪飾りをなくしたときの悲しみ同様、我が家ののっぽの男性には、わかってもらえないものなのかもしれないな。

10代に読んだ太宰の「女生徒」。改めて30代になった今読んだら、不思議と当時よりもっと深く共感しました。通り過ぎて初めて気づくものもあるのかもしれません。
c0033994_0194146.jpg
もうひとつはキノコのオーナメント。

[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-21 00:37 | すきなもの

christmas tree

c0033994_345012.jpg
クリスマスツリーの飾りつけをしました。
今年はtreeのtopperを購入しました。

朝、リビングへ向かうと、くんくん、もみの木の香りに森の中にいるような気持ちになります。私たちが眠っている間に、もみの木がそっと深呼吸しているのかもしれません。
 窓から差し込む朝の光に緑の葉が青々と映えて、朝のもみの木は神聖な存在感があります。もしかしたら、朝はクリスマスツリーが一番美しい時間かもしれません。
c0033994_7403522.jpg

今年も飾りつけは小人たちがしました。
c0033994_7405935.jpg
クリスマスのもみの木の香り、小人たちの心のポケットにも忍ばせてくれたらいいな。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-15 13:28 | まいにちのこと

ガラスの世界

c0033994_2344511.jpg
キャンドルを点すと浮かび上がるとろんとしたガラスの動物の世界。
ほっと心がほどける時間です。

小人の学校ももうすぐWinter Breakを迎えます。
昨日は学校で先生と小人の学校での様子や日本でいう通知表のようなものをもらうConferenceでした。
「小人くん、頑張っていますよ。間違っても、めげないのがいいですね。」
との先生の言葉に小人の様子が目に浮かんで笑みがこぼれました。
今年最後の登校日に、子供たちには内緒の“White Party”をママたちで計画しているところです。小人たちが寝静まったころ始まるメールでの内緒のやりとり。
小人ではないけれど、“ナイショ”が胸にあるとやっぱりくすぐったいなぁ。
[PR]
by cinnamonspice | 2009-12-11 23:51 | すきなもの