ビスケットの缶

<   2008年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

よいお年を。

c0033994_824917.jpg
ネコのおもちゃの毛糸のねずみに興味津々な弟小人。
ねずみ年とももうすぐお別れですね。

昨晩、オニオングラタンスープを作りながら、「斜陽」を読んでいました。本を片手にお鍋をかき混ぜていたら、「苦学生みたいだね。」とだんなさまが笑って通っていきました。
クリスマスイブの夜から寝込んでいただんなさまの風邪もよくなって一安心。気がつけばお正月がすぐそこまで来ていました。鏡餅も飾って、今日はこれから黒豆を煮てお正月を迎えるしたくをしようと思います。

 今年もいよいよ明日でお別れ。「厄年」という言葉に振り回された一年。今年はいつもより少し多く泣いて、笑った一年でした。でも、不思議とたくさん泣いた一年のほうが振り返ったときは満ち足りた気持ちになるのかもしれません。一生懸命に走り抜けた爽快感なのかな。たくさん泣いたこともあった反面、小人のお友達やママさんとたくさんの出会いがあった一年でもありました。
さて、今年もお付き合いいただきありがとうございました。
みなさま、どうかよいお年を。来年がすてきな一年になりますように。
 
[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-31 08:42 | まいにちのこと

c0033994_15171342.jpg
クリスマスには濃い目のコーヒーとシュトーレンでおやつ。
映画を二つ見ました。
ティム・バートン監督の「Corpse Bride」と山田洋次監督の「武士の一分」。
いつも見終えたとき、いい映画だなぁと思う作品には必ず印象的に耳の奥に残るいい音があるように感じます。ストーリーや舞台に見ている人を引き込むような、何気ないシーンにちりばめられた心地よい音。「Corpse Bride」ではお屋敷で大きな声で話す従事の声にみんなが手にしていたティーカップのかたかた鳴る音や、墓場で主人公が逃げていくときの小枝の折れる音、「武士の一分」では下駄を脱ぎ履きする音。叔母さんが下駄を脱ぐときのしぐさ(裸足を手ぬぐいでささっと拭くしぐさ)もとても色っぽくてすてきでした。
全く違う内容の映画だけど、どちらにもいい音が詰まっていました。「Corpse Bride」は美しいラストシーンも強く心に残りました。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-31 02:31 | まいにちのこと

言葉

c0033994_2554050.jpg
サンタクロースさんともまた来年までのお別れ。

クリスマスの朝、母に電話をかけると、「年末の大掃除も、子育て中はできないときはしなくたっていいのよ。ちょっとくらいの埃で死んだりしないんだから…」電話の向こうの母の笑う顔が見えるようでした。今年こそ、あそこもここも大掃除を、と意気込んではいるもののなかなかはかどらない大掃除。そんな娘のことを心配してかけてくれた「しなくたっていい…」という言葉、「頑張って、」という言葉よりも力をくれました。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-29 03:05 | まいにちのこと

Christmas Morning

c0033994_17104566.jpg
クリスマスの朝、眠い目をこすりながら小人が最初に見つけたのは、
サンタさんが食べ残したクッキーとミルクが入っていた空っぽのマグ。
そして…
c0033994_1774452.jpg
プレゼント!
c0033994_1785411.jpg
c0033994_1791245.jpg
プレゼントをもらうのもうれしいけれど、贈った人の笑顔に出会うのはもっと幸せということ。
私が小人と同じくらいのころには知らなかった宝物。
クリスマスイブの夜、だんなさまとお互いにサプライズでプレゼントを用意していたことを知りました。

[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-26 17:45 | まいにちのこと

Christmas Eve

c0033994_16465155.jpg
去年のクリスマスの日の記事を見ると、弟小人の卒乳のことが書かれていました。
駆け抜けるように過ぎたこの一年の重みを感じました。
 今年も夕暮れからキャンドルを灯して、用意したクラッカーとチーズとプロシュートをつまみながら家族で囲んだクリスマスの食卓。ゆらゆらと揺れる火は心地よく、のんびりと時間がすぎていきました。灯したてのキャンドルのすがすがしさとは別に、食事が終わるころ、みんなの会話の空気を吸って消え行くキャンドルの灯りは、温かく美しく目に映りました。
c0033994_16485163.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-26 17:00 | まいにちのこと

Gingerbread House

c0033994_13321611.jpg
甘い甘い材料を用意して…
c0033994_1334038.jpg
小人たちとお菓子のおうちを作りました。
c0033994_13342414.jpg
「僕のおうち!」
「ここ(窓)にね、パパと、ママと僕と弟小人くんがいるの。」
今すぐにも食べてしまいたい気持ちを抑えて、
小人のおうちからは今日もふわんとスパイスの効いた甘い香りが漂います。

[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-24 13:38 | こども | Comments(10)

Santa Claus

c0033994_12455436.jpg
小人の学校にSanta Clausがやってきました。
c0033994_1246777.jpg
みんなに絵本を読んで、一人一人にキャンディケーンのプレゼント。
c0033994_12524546.jpg
大人も子供も、みんなの心に幸せをわけてくれました。
c0033994_12453728.jpg
みんなが作ったサンタクロースのArt Work。
いろんなおひげのサンタさん。みんな違う顔。

[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-24 12:56 | まいにちのこと | Comments(2)

光の川

c0033994_4254666.jpg
今年加わったMercury glassの星のオーナメント。

たくさんの寄り道で少し遅くなってしまった買い物の帰り。いつもの坂道を下っていると、道を走る対向車線の車のヘッドライトと同じ車線のテールライトが、白と赤の光の川のように見えました。クリスマス前の車の渋滞が作る途切れることのない光の川は、急ぎ足の心の中を静かにゆったりと流れていきました。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-22 04:55 | おかいもの | Comments(4)

二人で一緒

c0033994_2554625.jpg
一緒に絵本を。
ひとつの毛布にくるまって、胸がくすぐったいような感覚。
小さい頃のことを思い出しました。

一人が走り出せば追いかけっこがはじまって、一人が踊りだせばたちまちダンスフロアーに、一人がピアノを弾けばもう一人は歌を…動き出した二人の世界。毎日が冒険で、毎日がきらきら輝いている。手を繋いで歩く小さな後ろ姿を見ていると、これから先も二人でならどんなことも乗り越えてられそうで、たくましく、まぶしく映ります。
最近二人でよくしているかくれんぼ。ベッドの下やクローゼットの中に隠れる小人を「(お兄ちゃんが)いなーい」と懸命に探す弟小人。でも、楽しすぎてクスクス笑いがこぼれてしまうお兄ちゃんはすぐみつかってしまうんだよね。二人でするかくれんぼは苦手な暗闇も楽しく変えてしまう魔法があるのかな。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-22 03:45 | こども | Comments(0)

夕焼け

c0033994_015696.jpg
星と水玉、小人たちのストッキングを作りました。
さて、クリスマスの朝には何が入っているのかな。

小人のお友達とのクリスマスパーティに出かけました。
楽しい時間に帰るころにはお日さまもとっぷりと沈みかけていました。
「ママ、お日さま遠くに行っちゃったね。」
冷たい雨が降った翌日、夕焼けがとてもきれいでした。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2008-12-20 00:19 | まいにちのこと | Comments(2)