ビスケットの缶

<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

おまじない

c0033994_10152635.jpg
伊藤尚美さんのダブルガーゼの布で小人たちのブランケットを作りました。
中にバスタオルを縫いこんで。
ブランケットをかけない小人、かける弟小人。時にはママの読書用のひざ掛けに。

午前、午後と二度お昼寝をしても、夜ベッドに入ると一冊目の絵本ですうすう寝息が聞こえる弟小人はベッドから落ちても眠っているつわもの。それに対して、昼寝を全くせず眠くて目をしょぼしょぼさせながらも眠れずに、絵本を次から次へと持ってくる寝つきの悪い小人は私に似ちゃったかな。眠くなると必ず「背中痒い、掻いて…」と、背中を掻いてもらううちに眠るのは小人がもっともっと小さい頃からの癖。毎晩1時間近く、時にはママとパパと交代で掻いてやっとコトン、と夢の国へ。
その小人も、preschoolのお昼寝では誰にも背中を掻いてもらうことなく眠ることができることをパパもママも知っています。いつかこの小さな背中を掻かないでも眠れる日。その日がくるまでおまじないは続きます。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-23 12:52 | ひとつだけのもの | Comments(22)

帽子

c0033994_3463771.jpg
帽子好きな弟小人


いつの間にか見つけてきたのは…
[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-21 04:43 | こども

秋の香り

c0033994_2502970.jpg
金木犀の香り、しっとり降る秋の雨の匂い、踏みしめる木の葉と土の匂い…
アメリカではアップルやパンプキンとシナモンの秋の香り。
この秋最初のapple cinnamon jamを煮ました。

どこにいるのかわからなくなるくらい白く何もかもを包んでしまう朝の深い霧は秋のはじまりのしるし。早朝、いつもどこからか香ってくるバニラコーヒーの香りもより一層甘く香ります。
ソファでぼんやり霧を眺めていると、とことこと静かな足音がしてひざに上に滑り込んできた大きな子猫。週末の朝は小さな早起きと一緒にロイヤルミルクティでmorning teaを。
心の中も澄むようなしっとりとした秋の空気だけど、最近もらった「花粉症」という秋のお土産にグスグス。さて、何の花粉だろう。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-21 03:00 | たべもの | Comments(2)

一歩

c0033994_8224325.jpg
古いbasketにレースの目隠しを縫い付けました。

季節が少し戻って今日はまたノースリーブの一日。季節も人も大きく前に進むときは少し後ろに戻るのかな。
 小人が週に一回、リトミックを始めました。お友達のおうちに先生が来てくださって日本語で教えていただいています。ご近所の人ばかりの会だけど、日本人がたくさんいたことを知ってびっくり。日本語でお話できるので小人も(弟小人も一緒に)プリスクール以上にのびのび参加しています。レッスンのはじまりにママたちが持ちまわりでする絵本の朗読もとても新鮮で、大人の私も吸い込まれるようにお話に聞き入っています。初めて知る本、知っているお話も読み手によってまったく違うお話に…朗読の魅力を感じます。
 少し忙しくなった分、家篭りの数日はパンを焼いたり、おやつを作ったり、のんびりお茶をして呼吸を整えて。おとといは昔読んだカトリーヌ・アルレーの“わらの女”を再び手にしました。息をつく暇もない展開に再び夜中まで読み明かしました。日本だったら虫の声をBGMにする秋の読書も、こちらでは月明かりだけをお供にひっそりと夜が更けていきます。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-19 12:08 | まいにちのこと | Comments(4)

マスクマン

c0033994_7451188.jpg
マスクマン参上!
(そのマスク、ママの使用済みですけど…)

[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-19 07:49 | こども

morning tea

c0033994_3211980.jpg
パジャマのまま、お休みの朝のmorning tea

[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-19 03:22 | こども

クッキーと紅茶

c0033994_1061648.jpg
この数日少し湿気のある日が続いています。
それでもお日さまはずっと優しい顔になって、すごしやすくなりました。
温かい紅茶とクッキーがおいしい季節。

最近私が小人に厳しい、とだんなさまに言われはっとしました。
小熊のようにじゃれあっていたと思ったら喧嘩して…という小人たち。すぐに泣き声をあげる弟小人の尋常ではない泣き声に駆けつけると、ついお話ができる小人に事の次第を聞きながら、知らず知らずと責めていることに気がつきました。「どうしたの?」「意地悪していない?」「弟小人は小さいのだからお兄ちゃんは力加減をしてあげてね。」なにげなく発する言葉に小人が傷ついてしまっているのかも。しっかりもののおにいちゃんに甘えてしまっていたママ。平等ってすごく難しい。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-17 10:13 | 今日のおやつ

おにいちゃん

c0033994_8164612.jpg
bagを作った残りの革でコスメポーチを縫いました。
革紐でぐるぐる巻いて少し男っぽい感じに。
やわらかい革、使うほどに出る変化が楽しみ。

お菓子が最後の一つになると、いつも「半分こね。」と、差し出す小人に対して迷わず口に入れる弟小人。そんな弟の様子に小さい頃の自分を重ねて苦笑い。弟小人を生んで知ったお兄ちゃん、お姉ちゃんの気持ち。

車で出かけた帰り道、再び眠ってしまった弟小人。小人はずっと眠らずこらえていたものの、家に着く直前にコトン、と眠りに落ちてしまいました。眠る二人ともを乗せてあげたいけれど、たった一台のストローラーに、仕方なく寝入ったばかりの小人を起こしました。眠い目をこすりながら車から降りる小人。こんこんと眠る弟小人は眠ったままストローラーに。小人がぐずるかな、と不安に思っていると、
「弟小人くん、眠いね。」
小人はそう言って弟小人の頭をそうっとなでました。あなただって眠いはず。その言葉を胸にしまって、両手イッパイの荷物とともにストローラーを押そうとしました。すると、
「ママ、いっぱい(荷物)持ってる。ぼく、押す。」
と、つぶやくと、黙々とストローラーを押す小人。その小さな背中に、“おにいちゃん”という言葉がほろ苦く切なく胸に響きました。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-16 08:36 | ひとつだけのもの

黄な粉クッキー

c0033994_4185018.jpg
黄な粉のクッキーを焼きました。
あったかいミルクティとおやつ。

この秋初めての長袖に袖を通しました。そして初めての風邪も。私一人グスグスの金曜日。
2歳の誕生日を迎えて弟小人は初めての歯医者さんへ検診に。先生の「お口をあけて。アー。」に、ギャラリー3人もアー、の大きな口。やんちゃだけど実は小人より?へな猪口の弟小人だけに、大泣き、乱闘?の末退場を想定していたけれど、涙ひとつこぼれることなく終えることができました。
c0033994_4191344.jpg
小人たちのおやつにも。
小人が自分で型を抜いた木と車。
まっさらなクッキー生地の真ん中から型を置いてく小人。
真っ白な新雪に足跡をつけたくなる、そんな感覚なのかな。


[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-13 04:31 | 今日のおやつ

2歳

弟小人が2歳になりました。
c0033994_1519124.jpg
プレゼントに姉が添えてくれたきのこのカードをガラスの壜に入れて。
カードの最後には“パパとママをたくさんこまらせてね…”と言う先輩ママの言葉。参ったなぁ。。。


小さな手紙
[PR]
by cinnamonspice | 2008-09-12 15:33 | こども