ビスケットの缶

<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

antique skirt

c0033994_2363879.jpg
誰かがかがった穴、そのままになった穴、くたっとした感触、
そんな古い布を見かけるといとおしくて連れて帰りたくなります。
スパークリングウォーターがおいしい季節になりました。ぷつぷつと立ち上る泡がかわいらしくて思わずグラスの中を見つめてしまいます。
少し前にmarketで手にしたのは、そんなグラスの底から立ち上る泡のような小さな穴があいたアンティークのペチコートスカート。たっぷりとした丁寧に作られたレース、たくさん洗濯されてできたとろんとした白。くたっとした感触。おそらくはじめは紐だったウエスト部分を前の持ち主の人が工夫してゴムに変えたような手縫いの跡。きっと前の持ち主の人もとても愛着をもってはいていたのかなぁ、とステッチから感じられたりするのもうれしくなります。
c0033994_2372390.jpg
アイロンをかけないでくたっとした風合いのまま、ジーンズの上に。
かがるのがもったいなくて小さな穴と今日もお出かけです。

[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-30 00:33 | すきなもの | Comments(6)

100年前の

c0033994_10581656.jpg
チョコレート色に惹かれてmarketで手にした本は1903年に印刷された100年以上前のantique book。
おいしそうな中身は…繊細な挿絵とともに書かれた算数の本。
c0033994_10152678.jpg
ページをめくっていてはらりと落ちた古いポストカードは、ドロシー叔母さんが甥っ子のテリーくんへ宛てたもの。
テリーくんはどんな男の子で叔母さんからのカードをどんな想いでこの本に挟んだのだろう。
そんな当時の人々が暮らしていたときへの時間の旅が楽しみで、古いものを手にしてしまいます。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-25 10:59 | おかいもの | Comments(16)

好きのかけら

c0033994_2172956.jpg
探しものがみつかりました。
レースのtray holderのハンモックでトレイも気持ちよさそう。

カサッ、マッチをする音、チリチリ…と燃える音。かすかな火薬の匂い。
小学校のころ授業で先生が使っていたスライド映写機のフィルムを入れ替えるカシャ、カシャ、という音。無造作に置かれた小さなフィルム。スライドを映し出す一筋の光の中にきらきら舞うほこり。時々記憶の引き出しが開いて“好きのかけら”の音や匂い、景色に出会うとどきどきします。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-24 02:29 | すきなもの | Comments(0)

tea

c0033994_2149100.jpg
ママはコーヒー党。小人は乙女な?紅茶党。

[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-24 02:16 | こども

砂糖菓子のような

c0033994_854489.jpg
砂糖菓子のようなネックレスに出会いました。
「朝のスプーン」のemilteaさんのお店「toe」のスィートリボンネックレス。
アンティークの雰囲気のチェーンにちょこんとついた小さなリボン。emilteaさんの手から生まれるお洋服やアクセサリーは口の中でカシャとほどけるメレンゲの砂糖菓子のよう。
甘いヴァニラの香り、それとも甘酸っぱいフランボワーズ…ひとさじのスィートを探しに、「toe」のクローゼットの中をこっそり覗きに伺いたくなります。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-23 09:16 | おかいもの

imagine

c0033994_915236.jpg
おやつに小人と焼いた小鳥と木のクッキー。
木で羽を休めているようで、眺めているとのんびり穏やかな気持ちになります。

少し前にThrift Shopへでかけたときのことでした。
平日の静かな店内のキッチン用品のコーナーには、そのとき私となぜかとてもいかつい大きなアフリカ系のアメリカ人の男性だけ。そのときふと耳に入ってきたのがBGMにかかったジョン・レノンの「Imagine」。すると「...imagine there's no countries it isn' t hard to do... 」と、なにげなくその男性が歌いだしました。聞くたびに心をひきつけられる曲だけど、歌詞は全部覚えていない私。でもその人は全部覚えていて、口ずさむ歌声がとてもあたたかく胸に響きました。その瞬間、ちょっぴり怖そうな雰囲気のその人に対して抱いていた鎧が解けたようなきがしました。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-18 09:33 | 今日のおやつ | Comments(8)

木の上の子猫

c0033994_1012141.jpg
木の上の子猫状態。(上ってみるものの、自分では降りられません。)

[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-17 10:20 | こども

ビーフシチュウの味

c0033994_855291.jpg
母の日の翌日はだんなさまが作ってくれたビーフシチュウでランチにしました。
懐かしいお義父さんのビーフシチュウの味がしました。

ひどくゆれる飛行機に乗っているとき、小熊のように抱き合って眠る小人たちの寝顔をみつけたとき、だんなさまの膝に二人並んで座って歯を磨く小人たちを見ているとき、バスルームから大中小3人の男同士の楽しそうな話し声が聞こえてくるとき…健康に恵まれているものの、小人たちを授かってから、もう少しだけ、もう少しだけ生きたいと思うようになりました。小人たちがおなかにいたときはこの子が生まれるまではと思っていたのが、この子たちがママが必要でなくなるときまで、今はこの子たちが成人するまで…ママはどんどん欲張りになっているのかもしれません。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-15 08:59 | たべもの

つぼみと花

少し前のこと、小さな鉢植えのバラを買いました。
硬いつぼみが少しずつ膨らんでくる様子は、ぎゅっと握り締めたこぶしが開くようでとてもかわいらしくて眺めていると時間を忘れます。愛情はたっぷりのはずなのだけど…どうも花を育てるのが下手な私は庭いじりが好きな父の血を引き継がなかったかなぁ。
「花はむらなく毎日同じだけ愛情を注がないといけないんだよ。」と言うだんなさま。どうやら緑の手の持ち主はだんなさまのほうかもしれないなぁ。
c0033994_11185833.jpg
母の日にラナンキュラスの花束を買ってもらいました。
ぴんと姿勢のいい色とりどりのバラが並ぶ中、お花屋さんの片隅でやっとみつけたラナンキュラス。
ふわりとミルフィーユのように幾重も重なった花びら。
白いお花が好きで、今日手にしたのもやはり白でした。

[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-11 14:51 | おかいもの | Comments(19)

special juice

c0033994_10434732.jpg
お休みの朝だけの特別。一杯のジュースで始まります。
c0033994_1044447.jpg
真っ赤な口の出来上がり。

[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-11 10:48 | こども