ビスケットの缶

<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

rain

c0033994_254687.jpg
ポツン。あれ?
c0033994_2543130.jpg
くんくん。この匂い。
c0033994_2545414.jpg
What is your name?

[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-29 02:59 | こども | Comments(8)

まあるい

c0033994_22375969.jpg
ママの好きなおいしいまあるいもの、Krispy Kremeのドーナツ。
週末、出かけたお店で偶然Hot Nowのサインに遭遇。
一人一つプレゼントされたアツアツのドーナツをハフハフ。
ふわふわのドーナツはとろけるおいしさでした。

夜小人たちを寝かしつけてたときのこと。小人が目を真ん丸くして起き上がると、
「ママ、月、葉っぱ、いないいないばあ(月が葉っぱからいないいないばあしているよ)」
小人が指差す窓の外を見ると、向かいの木々の合間をぬって真っ白い光を放ちながらまあるい月が高く高く上るところでした。手で顔を隠して「いない、いないばぁ!」と、月と一緒に何度もする小人。「そうだね、いない、いないばあ、だね。」小人と童謡の「月」を歌いながら近づく秋を想う夜でした。
c0033994_22365525.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-28 22:36 | こども | Comments(2)

a bear and his boy

c0033994_8404723.jpg
ある日目覚めたら背中に男の子がいたというくまのお話。忙しく暮らすくまに男の子が教えてくれたことは…
最後に"2004年から僕の頭にいる息子へ。"という作者の言葉に思わずにっこりの絵本。

コン、と木の実がぶつかるような小さな音がして、ドアへ近寄ると、もう一度今度はトン、トン、という音。扉を開けると同じアパートの男の子が立っていました。後ろから「どうしても渡したいと言うから…」と、男の子のパパ。そして、「小人くん、トーマスのカード、あげる。」と(夕暮れちびっ子隊の)隊長が封筒から出したのはおまけについているカード、男の子の大切な宝物。トーマスを見つけた小人は「トーマス!」「パーシー!」と大興奮。男の子が「はい。」と差し出した封筒を、カードに夢中の小人に代わって受け取りました。「ありがとう。」と、男の子を見送った後封筒を裏返すと、表に鉛筆で大きく「小人くん」そして小さく男の子の名前が書かれていました。
熱性けいれんを起こしたこと。きっとママから聞いた男の子が「元気を出してね」という気持ちをこめて渡しに来てくれたのかな。鉛筆の精一杯の文字、それだけで胸が一杯になりました。
最初の小さなコン、は男の子、トン、トンはパパのものだったのかな。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-26 08:49 | | Comments(12)

夕暮れちびっ子隊

c0033994_8224592.jpg
すっかり元気な様子の小人。小人たちが寝ている間にパパとママは「怖かったねぇ。」とお茶を。
お友達にいただいた横浜元町霧笛楼の「La Brique de chocolat」の洋酒が効いたオトナのチョコレートと。
(とてもおいしい濃厚なダイジダイジを半分こずつ。)

夏休み限定?夕暮れちびっ子隊を結成しました。夕暮れになるとどこからともなく集まってくる子供たち。隊員の資格は夕方に集まれるちびっ子。へな猪口大歓迎。この日、小人と同じく暗闇が怖い5歳の隊長がこっそり教えてくれたのは「ゴミ箱おばけ」と「コツコツおばけ」。どちらも悪い子にしているとやってくるそう。ゴミ箱おばけは足をかりかりしてきて、コツコツおばけはコツコツというノック音とともにやってくるそうです。怖いなぁ。ちなみに「ゴミ箱お化けの方が足が速いから怖いんだよ。パパが言っていたから。」だそうです。ふふふ。集合の合図は隊員の声が聞こえたら中庭に。夕焼け空に小人たちの声が空高く響きます。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-26 08:27 | こども | Comments(6)

emergency

c0033994_71038.gif
昨晩のこと、小人が熱性けいれんを起こしました。ピクピクッ、という痙攣の後。目は白目に顔色はどんどん青黒く変わりぐったりぴくりとも動かず…息もしていない様子。小人には遠いと思っていた死をすぐ近くに感じました。小人に呼びかけるだんなさま、救急車を呼ぼうとリビングへ向かう私。よく知った家なのに家の照明のスイッチの場所が思い出せないくらい頭は真っ白、ひざはがくがく。「死」という大きな黒い影が覆いかぶさってきました。暗闇のリビングをわけもなく右往左往して、やっと手にした受話器で「911」をかけては切り、もう一度「911」を押したとき。だんなさまから「ちょっと、待って、息をしたかもしれない」と。思えば1,2分の間の出来事でした。小人の息を確認して、顔色がぐんぐんと血の気を帯びたとき、へたりと座り込む私。やっと涙が出てきました。だんなさまも小さいころ同じような熱性けいれんを。お義母さんから何度も聞かされていたお話でしたが、本当にこんなに怖い経験だったということ。改めてお義母さんに、お義父さんに、頭が下がる思いでした。

「911」のボタンを押した私でしたが、もし電話が繋がったとしてもあのとき果たしてきちんと話ができたかどうか…。英語どころか日本語でも。自分の住所すら全く思い出せない状況は驚きでした。今日はそんな緊急時用のカード(自分の住所や電話番号、緊急時の近所の病院の連絡先、地図、最低限の英会話などを書き留めたもの)を作っていざというときに手に届くところに置こうと思います。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-25 07:02 | こども

ココア色のパンツ

c0033994_431496.jpg
たっぷりのんびりとしていますが街着です。

弟小人はおでことおでこで挨拶。エスキモーの挨拶みたいに。
いくつかの昼と夜、エスキモーさんが眠っている合間を繋いでカタカタ…夕暮れ時、ココア色の麻のパンツが一枚出来上がりました。
あれ?エスキモーは鼻と鼻をこするんでしたっけ。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-22 04:58 | ひとつだけのもの | Comments(16)

待つこと

c0033994_492925.jpg
週末のパパカレー(チキンバターカレー)。前日にタンドリーチキンを漬け込むところからわくわくのママ。
翌朝クツクツ煮込むスパイスの香りにソワソワの小人。待つことが大切な一皿。

小人がプリスクールに通いはじめて約半年になりました。
週二回のプリスクール、今でもプリスクールの朝は、朝ごはんを食べているときもお風呂に入っているときも「今日、学校、違う!(行かない)」と、言いながら家を出る小人。
でもかたつむりの歩みのように少しずつ、少しずつ、学校で「ママ、バイバイ」と言えるまでの時間が短くなってきました。学校に着いたら小人が自分から「ママ、バイバイ」と言うまで待つこと。小人がプリスクールに通うことを決めたとき、ママの心の中でそっと決めた決まりごと。いつも今日は無理かなぁ、と思いながら待つけれど、ふいに心の中の自分と相談がついたように小人の口からこぼれる「ママ、バイバイ。」決心が崩れてしまわないように、そのときはママとは目を合わせることなく。一度こぼれたバイバイの後、もう一度にっこり笑って「ママ、バイバーイ」ひらひらと振る小さな手を背にママはそっと学校をあとにします。
待つことの大切さ、小人に教わったこと。
c0033994_4103140.jpg
バターライスと一緒に。

[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-22 04:16 | こども | Comments(8)

picnic

c0033994_6455264.gif
車で15分の大きな公園へピクニック。
クレープ屋さんとスーパーの寄り道をして、焼きたてのクレープとBobatea,チップス&ソーダを持って。
インドアファミリー久しぶりの日光浴、自然浴。湖を見た小人は「海!」と目をきらきらさせていました。

[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-21 06:56 | まいにちのこと

おやすみの絵本

c0033994_1504673.jpg
小人は2歳をすぎたころから、「ママ、これ、見たーい」と、夜眠るとき本棚から絵本を抱えてベッドへ。昨日の小人が選んだ本は「おじさんのかさ」、「そらいろのたね」、「スーホの白い馬」。スーホの白い馬のお話の何度読んでも言葉に詰まる切ない話。やるせなさとあたたかい心。小人の胸にはどんな風に響くのかな。ハッピーエンドだけではないこと。小人には少し早いかもしれないけれど、悲しくて美しいお話を受け止めてくれたらいいな。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-20 02:01 | | Comments(14)

女の子の世界との出会い

c0033994_3463910.jpg
海を越えて姉から届いた小瓶にはカサ、コソ、と音がするチョコレート色の媚薬。
媚薬の正体は、紅茶好きの姉からベリーとバニラの香りの紅茶を見つけたので…とオイシイおすそわけでした。フランスの古いジャム壜のような小壜に入った様子がかわいらしくて棚に飾って眺めること数週間。シッカリと閉じられた媚薬の蓋を開けるとふわんと甘い香り。たちのぼる白い煙とともに女の子の世界(煙は出ませんでしたが。笑)。甘い香りに誘われて甘いアイスティと紅茶のスコーンを作りました。スコーンの生地を冷蔵庫で眠らせると、ポットに入れたアイスミルクティをトレイに乗せてお茶をしました。
冷たい紅茶を一口含むと口の中にストロベリーの甘い香り。ショートケーキを食べているような感覚。一人ニマニマしているママの隣で「コーヒー、おいしい?」と食いしん坊小人。秘密を独り占めしているのがもったいなくて、「紅茶、飲んでみる?」と訊ねると、こくりとうなずく小人。恐る恐る一口、「紅茶、おいしい!」きらきら瞳を輝かせて、初めての紅茶、どうやら女の子の世界を知ってしまった小人でした。
c0033994_315444.jpg
絵本を読みながら(誰の真似だろう?)、心ゆくまで愉しむ小人でした。

[PR]
by cinnamonspice | 2007-08-16 03:56 | こども | Comments(10)