ビスケットの缶

<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日向ぼっこ

c0033994_932551.jpg
ナギサ(左)とソウゲン(右)。名前もかわいい。
ダブルガーゼの肌ざわりは以前小人の洋服に手にして以来、恋に落ちました。
この肌触りにほうっと心がほどけるのは、赤ちゃんのころの産着のキオクなのかなぁ。
"ふわふわの綿菓子"伊藤尚子さんのnani-IROの布を見ているとそんなイメージが思い浮かびます。ダブルガーゼの布をふわりと広げると、伊藤さんの優しい筆遣いを感じる一枚の絵のよう。思わず鋏を入れるのがためらわれるほど。布を手にして、クリスマスにお友達から海を越えて届いた布もnani-IROの布だったということに気がつきました。うれしい発見に点と点がつながってミステリーのトリックが解けたような気持ちに。そう、大切な人と、好きはそっとつながっているのですね。
さて何を作ろうかな。窓際の特等席にぶらさげて空想。お日さまの光の中、気持ちよさそうに日向ぼっこしている姿を見ているだけで幸せになります。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-28 09:47 | すきなもの | Comments(8)

一歩

c0033994_10261216.jpg
Zzz…
まん丸の弟小人を抱っこしているとパンダの赤ちゃんを抱っこしているような気持ちになります。そんな弟小人、おっぱいをもらってうとうとしているのを発見。その姿、満員電車に揺られるどこかのお父さんのようにも見えて思わず、ふふふ。その弟を一生懸命抱っこしようとする兄小人だけど、今では兄と同じくらいの大きさにも。そして弟小人はどうやら私に似ているという評判。(ドキドキ)
7ヶ月、寝返りもごろん、ごろんと自由自在になりました。兄よりも早い成長。そんな成長に追いつかないママ、このところ週に何度もベッドからごろん、ソファからごろんと転落事故。本当に不注意なママの星の下生まれて申し訳ない気持ちに。声を出してお話もすると同時に声を出して抗議をするようにも。唇をブーブー、とやってみたり、「アバアバアバ」と抗議。抗議にも迫力が出てきました。そして今日は下に仲良く覗いた小さな歯を二つ発見。いよいよ離乳食。心の中でずっと先延ばしにしている答え、そろそろ覚悟をしないとね。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-27 10:33 | こども | Comments(8)

動物

c0033994_10421520.jpg
だんなさまの誕生日にはケーキを焼きました。バースデイキャンドルを見つめる瞳が増えてしみじみ。

「動物占いの動物は何?」と、だんなさまから唐突な質問。
「おれは架空の動物だけどね。」とちょっぴり得意そう。
「ペガサスだけど…」と、私が答えると
「それは何かの間違いだよ。」と、なぜか完全否定。訊ねるとだんなさまもペガサスだったとのこと。つまらなそうなだんなさまの隣でペガサス同士の夫婦ってどうなんだろう。と、なんだか非現実的な地に足が着かない夫婦のようでドキドキ。
動物占いはペガサス、おひつじ座、丑年、完璧な草食動物のだんなさま。その息子の小人は…週末出かけたモールで、小さな動物園の子ヤギに体当たりを受けてメソメソなのでした。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-26 10:33 | まいにちのこと | Comments(6)

紫陽花

c0033994_251405.jpg
久々に雨が降った金曜日。スーパーの入り口で雨に濡れてうれしそうな紫陽花を見かけて鉢を抱えて帰りました。雨にもう一人うれしそうな人。朝、誰よりも早く気が付いて、窓に顔をくっつけながら「ママ、雨!」と目を輝かせて知らせてくれました。そう、雨の日は大好きな長靴をはいてお出かけ。
紫色の紫陽花の花、実家の庭に咲いていたのもこんな紫色の花だったっけ。父の庭。小さいけれど季節ごとに咲く花に思い出が詰まっています。紫陽花で思い出すのは姉のこと。小さいころ、絵が上手な姉(私はとても下手だけれど。)が水彩絵の具で書いていた紫陽花。水を含ませた筆ですっすっ、となでるように筆を動かして白い画用紙に淡い紫とブルーのグラデーションが生まれる様子がとてもきれいで見つめていたこと。だんなさまの誕生日にと鉢から一輪拝借した紫陽花のおかげでそんなことを思い出しました。
c0033994_2254472.jpg
悪戦苦闘しながら再び型紙を作り、レースの布でトップスを作りました。
雨粒のようなレースの穴と、紫陽花のコサージュで雨の日も楽しくなります。

[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-24 02:31 | ひとつだけのもの | Comments(16)

布の上の街

c0033994_12311424.jpg
少し前のこと、テーブルクロスを作ろうとMaija Isolaさんの布を床に広げていたら、小人がやってきてミニカーを走らせ始めました。この大きなチェックの道路にみるみる電車や車の大渋滞ができました。
そんな小人にママの宝物を少しおすそ分け。布をつなぎ合わせてプレイマットを作りました。ふわりとひいた一枚の布の上の線路と道路、色紙のトンネル。小人の街の出来上がりです。
c0033994_12313276.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-22 12:38 | こども | Comments(4)

風の強い日

c0033994_124452.jpg
空にハートを見つけた日はハッピー。

風が強い日は心がぞわぞわします。いつもどこからか心地よく聞こえるウィンドチャイムも早鐘のようなリズムに不安な気持ちに。木の上のりすはもっとかな。時折そんな風の強い日のある春は、うきうきはやる気持ちとぞわぞわと。その翌日は決まって青空が広がる穏やかなお天気。今日もそんな一日でした。
風ならぬ風邪の置き土産で私は相変わらずママだかパパだかわからない声を。我が家にたちこめる風邪のもやもやもびゅーっと吹き飛ばしてくれたらいいのにな。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-20 12:49 | まいにちのこと | Comments(6)

手と手

c0033994_11424440.jpg
色黒の小人の手と色白の弟の手。しっかり手と手を取ってこれからも仲良くね。

毎日家の中をパトロールしている小人、そこここで「ママ、NO!」「弟小人、NO!」と注意をして歩いています。でも頼りになるのが弟小人の世話。
・「弟小人、イテテ。(怪我している)」弟の足に引っかき傷を見つけて、保湿クリームを塗る(どうやらクリームは万能薬と思っている。)
・「弟小人、ティッシュ。」くしゃみをしてハナを出した弟にティッシュを持っていきハナを拭く。
・「弟小人、まっみい、まっみい(寒い、寒い)」夕方の涼しい風に、ブランケットを。
・「弟小人、プープー」弟小人のオムツを交換しようと脱がす。
・ごろん、ごろんと寝返りをうつ弟小人の先々の障害物(小人のおもちゃですが…)をみつけては「弟小人、イテテ(怪我するよ)」と、取り除いて歩く。
これが今日の小人の仕事。と、思ったら「ママ、一個ちょうだい。」の声。しっかりおやつをつまみ食いのママ、見つかってしまいました。
c0033994_1245990.jpg
今日のおやつはプリン。小人にはあんみつを用意。
ちなみにママのつまみ食いは残りの卵白で作ったメープルメレンゲをぱくりと口に入れた現場だったのですけれどね。

[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-19 12:10 | こども | Comments(12)

お花のボタン

c0033994_5244452.jpg
少しずつ集まったお花のボタン。
先日作ったリネンのトップスには白地に花柄のフランスのボタンをひとつ。
土曜日は再びひいた風邪で一日ダウンの私。日曜日はだんなさまのお誕生日のプレゼントを探しにRobertson Blvd.のCAMPERへ。その後ランチに立ち寄ったCHAYAではベイビーシャワーが開かれていました。たくさんの水色のバルーン(男の子?)に包まれて輪の中心にいたのはストレートロングの黒髪に褐色の肌のアジア系アメリカ人の美しい女性。出産を控えて丸みをおびた姿の放つ女神のような神聖なオーラに思わず見とれてしまいました。そしてベイビーシャワーのあたりに立ち込める幸せな空気!あぁ、誰かお友達の元にコウノトリさんがやってこないかなぁ。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-18 05:26 | すきなもの | Comments(10)

男の勲章

c0033994_6362583.jpg
白いリネンでトップスを作りました。
ちくちくを始めた娘に母が宝箱からおすそわけしてくれた白いレースを縁取りに。
少し前に手にしたハンカチの哀しい少女の物語を胸に。
型紙から作ったトップスはなで肩にもぴったり。
プリスクールでほっぺを擦りむいた小人。先生の「お友達からpushingされた」との説明を受けてまず頭に浮かんだのは"すり傷だけでよかった"ということ。もうひとつは"小人がpushingしたのではなくてよかった"。当の本人に訊ねても「…」男の勲章、語りたくないこともあるのかな。これを期に学校が嫌にならなくてホッ。再び学校の昨日、校長先生からも謝られると、いまさらながら目には見えない小人の心の傷が気がかりなママです。

ママの秘策
[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-14 06:44 | こども | Comments(8)

カタカタ

c0033994_194624.jpg
ちくちくに目覚めた小人。(針の代わりに)ゴム通しを片手にちくちく。
ママの真似のつもりが…糸を口いっぱいに入れて、糸通しも上手に。
中学校にあった足踏みミシン。
使ってみると実家にあった電動ミシンのだだだ、とは違うのんびりな足踏みミシンのカタカタのリズム。不器用なので、足のリズムを間違えて時々不必要なところでバック、前に進みたいのに…返し縫いを。でも足踏みとカタカタの音が楽しくて、今でも時々あの感触が恋しくなります。小人サイズの我が家の小さなおばあちゃんミシン。ボタンホールもできないし、押さえのレバーも調子が悪くて使うのにコツがいるのだけれど、今日も手回しでカタカタ。この音、うふふ、少し似てる。いつかちくちくが上手にできるようになったら、足踏みミシンをお迎えしたいな。それまでは小さな相棒さんよろしくね。
c0033994_134068.jpg
ヨットの柄のリネンで作った弟小人のパンツ。小人にも色違いのブルーを。"同じ"にうれしそうな小人たち。

[PR]
by cinnamonspice | 2007-04-12 02:15 | ひとつだけのもの | Comments(10)