ビスケットの缶

<   2007年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

おかいもの

c0033994_15202726.jpg
週末のFlea Marketのお買いもの、Finel社のお鍋。
冷たい風の吹くグレーの空の下に見つけたこっくりとホイップクリームのような優しい白。
真っ赤なイチゴのジャムを煮ようかな。

Flea Marketで、小さな男の子とママのこんな会話を耳にしました。
「10ドルで買えるものなんてあるのかナァ」と言う男の子。
「あるわよ。」と、ママ。
「見ているけれど、ないよ。」
「よく探せばきっとあるわよ。」
10ドルの価値。手に握り締めたお小遣いの価値をかみ締めるようにお店を真剣に見つめる男の子の後ろ姿、かわいらしかったな。
さて、いつかの小人の初めての買い物は、何だろう。その男の子のようにいっぱい悩んでひとつをみつてくれたらいいな。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-28 15:29 | おかいもの | Comments(14)

キツネ色

c0033994_95507.jpg
夕暮れ時に焼きあがったアップルシナモンパン。
キツネ色の修行はまだまだ、長そうです。

朝ごはんのパンを見ていて気が付いた日本とアメリカのパンのキツネ色の違い。
アメリカのパンのキツネ色はこんがり焦がしたプリンのキャラメルのような濃い茶色。日本のはふわんとやさしいキツネ色。なんだかお国柄?人柄が現れているよう。こちらではキツネ色!と主張をしているような(少しこげている?くらいの)色が好まれるのかも。パンも人柄も。
最近は日本でもそんな潔いキツネ色のパンが主流になりつつあるのかもしれませんね。さて、そう言う私の性格は日本のパンの色のタイプ。いつかパンだけでも潔いキツネ色を焼けるようになりたいな。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-27 10:04 | たべもの | Comments(14)

ワンピースと沈丁花の香り

c0033994_1181626.jpg
ファブリックのお店でワンピースにしたらすてきだなぁと手にしたレースの生地。
春になったらテーブルにふわっとかけて楽しもうかな。道端で摘んだ野の花と。

真っ白な張りのあるレース地のワンピースを見かけました。今は授乳中なので眺めるだけ(ワンピースは授乳しにくいので)。着られないと思うとなおさら着たくなるもの(^^)
偶然だんなさまからも「そういえば、昔よくワンピースを着ていたよね。」と。ワンピース好きは小さいころから。母が縫ってくれたお気に入りのコットンのワンピースには小さなパフスリーブがついていたっけ。そんなワンピースが出番を控える、庭の沈丁花の花の甘い香りがたちこめるころの衣替えがいつも楽しみだったこと、懐かしく思い出しました。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-24 11:17 | すきなもの | Comments(22)

小さなもの

c0033994_1154741.jpg
Solvangのお買い物の小さな小さなかごのオーナメントと
ラッピング用のデコレーションの小さなきのこ。

一週間ほど前、母から"久しぶりにお雛様を飾りました。"というメールが届きました。10年以上も眠っていたお雛様、驚いたことに全く虫に食べられることもなくきれいな姿で出てきたそう(虫よけの大量の唐辛子とともに。笑)思っていたより大きくてお内裏様とお雛様を今は飾っているとのこと。小さいころは7段すべてを飾っていたお雛様。当時の私は中でも牛車や箪笥、漆の器やお雛様の扇子などお人形さんより小物に夢中だったような。小さなもの好きはこのころから始まったのかな。
今日はチーズフォンデュを食べにお出かけ。冷たい雨の一日。絶好のチーズフォンデュ日和!?アツアツをはふはふいただきました。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-23 15:35 | おかいもの | Comments(6)

c0033994_1327435.jpg
バレンタインデイには、男性二人(=小人たち)に付き合ってもらって春のお洋服をいくつかお買い物(^^)両手イッパイの洋服を抱えて試着室を出たり入ったり。結局手にしたのはプチシュークリームのような小さなパフスリーブの付いた白い薄手のコットンのブラウス、さらっとしたリネンの7部丈のパンツなど。予定外のお買い物をしたのは春のようなぽかぽかの陽気に誘われたからかな。
日ごとまぶしさを増してきた陽の光の中、カットソーの上に重ね着した白いパフスリーブブラウスにふわり、ふわり、足取りも軽くお出かけが楽しみです。

おやつは…
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-22 15:19 | まいにちのこと | Comments(14)

雨ふり

c0033994_49349.jpg
冬のLAは雨の季節でもあります。でも今年は去年に比べると少ないのかな。
先週末の雨。小人は長靴を初体験。ずっと前にばあばからいただいた長靴は一年の眠りからさめて出番を。その長靴を履いて水溜りハンターとなった小人は小さな水溜りも見逃さず「パシャ。」っと言ってはダイブ。雨水の小さな川を見つけてはザブザブ。お出かけの日の大人には憂鬱な雨も小人には楽しい雨ふり。窓についた水滴を見つけては「ママー、あめ。」と歓声。雨降りのあとはお絵かきも雨の絵。紫、黄色、青…いろんな色の雨。
Solvangの翌日もそんな雨ふりの朝でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-21 04:17 | まいにちのこと | Comments(14)

Solvang

c0033994_10215127.gif
週末は小さな外国旅行気分でSolvangへ行きました。
デンマークをイメージした絵本の中のような町並み。Jule Husというクリスマス専門店ではかわいいもの好きのおばさまおじさまに混ざって、お小遣いで少しだけお買い物。その後ぺこぺこのおなかを抱えたハングリーベアー一行(私たち)は偶然見つけたパンケーキ屋さんへ。ここはおなかをすかせた人たち(私たちのような、食いしん坊たち)で大賑わいでした。Danishスタイルの薄くてもちっとふわふわのパンケーキは一瞬大きさにひるんだもののぺろりとお腹の中に。お店のお姉さんの民族衣装風の刺繍のほどこされたかわいらしいエプロン姿にもにこにこ。その後は前回と同じくベーカリーでダニッシュを購入。あれあれ、やっぱり食べてばかり?Solvangの近くにはワイナリーやダチョウの牧場?もあります。今回は日帰りの旅なので残念ながらノンアルコールで。ダチョウの牧場、興味ある方いかがでしょう(^^)
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-20 10:42 | まいにちのこと | Comments(10)

rocker

c0033994_921714.jpg
授乳用にだんなさまがお小遣いから少しずつ貯めてプレゼントをしてくれたイス。
二ヵ月後はだんなさまの誕生日、貯金が苦手な私も(^^;)目下コッソリお小遣いをコツコツ。

新しい家族が増えました。といってもイスのお話です。
弟小人の出産の記念に、我が家に迎えたEamesのrocker。Eames Officeでたくさんのすてきなイスを前にドキドキしながら、二人で選んだrockerのlight blueの色。暮らしの中に二人で選んだものを少しずつ…いつか私たちがおじいさん、おばあさんになってイスもくすんだブルーになったころ、思い出話ができたらいいな。イスをデザインしたCharles Eamesが亡くなった十年後の同じ日に奥さまのRay Eamesもそっと息をひきとったそう。ロマンチックなお二人の最後のお話、とてもうらやましくなりました。
今はrockerの居場所を模索中。ノンビリ日向ぼっこをしながら弟小人とゆーら、ゆーら。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-17 09:32 | おかいもの | Comments(12)

Happy Valentine's Day

c0033994_8342789.jpg
今日はValentine's Day。我が家の男性3人に山本麗子さんのレシピでガトーショコラを焼きました。
家の中はほんのりチョコレートの甘い香り。小人にはちょっぴり大人の味だったかな。

小人のpreschoolが決まりました。
本当は去年の秋ごろから通うつもりでいたpreschool。弟小人を授かったことでずっと先送りになっていました。来月からkindergardenまでの二年間を通うことに。
週に二回、半日以上離れ離れになるのは初めてのこと。弟小人と二人の時間。家の中から小人の話し声や笑い声が消えてしまうなんて…想像しただけで今からさびしくなってしまうママはあなたよりへな猪口かもしれません。

+小人note+
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-15 08:54 | まいにちのこと | Comments(22)

Grammy Awards

c0033994_4504595.jpg
初めて手編みのドイリーを。こんなに小さいのに肩こりのおまけは大きかったりして…。

昨晩はグラミー賞一色の夜を。誕生日のディナーでも聴いていたCorinne Bailey Raeも新人賞にノミネートされているということでだんなさまとわくわく見守った今回の授賞式。新人賞は残念ながら逃してしまったけれど、彼女の歌声を聴くことができたこと(Best New Artistにノミネートされた3人でのコラボレーション)は本当に美しくて見ることができて幸せでした。彼女のふわっと包み込むような歌声と時々こぼれるとてもチャーミングな笑顔に改めてファンに。そのほかにもJames Bluntも残念ながら受賞はなかったものの彼の歌声にもうっとり。どのアーティストもこの日限りの歌声に胸を揺さぶられる一夜でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-02-13 04:59 | まいにちのこと | Comments(10)