ビスケットの缶

<   2007年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

strawberry chocolate

c0033994_4571797.jpg
バレンタインの季節。街中の淡いピンク色に誘われて
ドライストロベリーを刻んで入れたストロベリーチョコレートを作りました。
チョコレート作り、chocolate moldからポコッと外れる瞬間がタマリマセン。
だんなさまにコッソリのはずか…家中の男性に見つかってしまいました(^^;)


+小人note+
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-30 05:01 | 今日のおやつ | Comments(16)

手紙

c0033994_10133675.jpg
一足早く母からの誕生日プレゼントが届きました。母が編んだショール。ぽかぽか、あったかい。

アメリカに来てから3年。これまでに母から届いた手紙(メール)を読み返していました。
母の文は(母の性格そのもののように)ふわふわと空を漂う雲のようにゆったり、前向きな言葉に読むたびに元気をもらいます。メールで文通(というのかな。)するようになって知ったこと。母のとても女性らしいチャーミングな一面。そんな手紙を二年前、一年前のものと、思わず読みふけってしまいました。
小人が離乳食を食べないと悩んでいたときの手紙の返事。食物アレルギーらしいと気づいたころの手紙。いつもふわり、ふわり、やさしい言葉でつづられた手紙。母と父の日常、季節のことを織り交ぜながらそっと添えられるへなちょこママへのエール。改めて読み返して涙が出てきました。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-27 10:18 | いろいろ | Comments(28)

have fun

c0033994_14541940.jpg
夜中もぞもぞと取り出したフェルトとボタンでお花が三つできました。コサージュ?髪留め?用途はこれから(^^)
大好きなお花のパンジー。パンジーの花束なんてもらったらうれしくなってしまいそう。

小人にはまだ日本語も英語でも文字や数字を教えていません。言葉は絵本や毎日の会話の中で覚えた言葉。以前は教えようとしたこともあったけれど、興味を示さない小人。そんなとき本の中で出会った日登美さんという方の言葉。シュタイナーの教育では7歳までは知育よりも感性を育てるということ。すうっと肩の力が抜けて今は小人と絵を描いたり絵本をよんだり歌を歌ったり、いたずらも?日々の中でいろんなことを楽しんだり見つけたりすることに一生懸命。今はそれでいいね。とだんなさまと。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-25 10:52 | すきなもの | Comments(20)

hair cut

c0033994_457334.jpg
髪もすっきりの小人を連れてその後みんなで釜焼きのピザ屋さんへ。

週末の朝ははうれしくていつも一人早起き。同じ寝相で眠る小人とだんなさまを後に、リビングへ。ぶるぶるっと小さく身震いが出るほどの寒い朝。大好きな冬の朝の始まり。
ぽかぽかお日様が照らすころ、冬眠から覚めたクマの親子のようにもぞもぞおきてきただんなさまと小人。だんなさまは思い立って小人の髪を切ることに。気持ちのいい青空の下椅子に座って足をパタパタ、ご機嫌の小人。そういえば昔私も母が髪を切ってくれていたっけ。おかっぱ頭がトレードマーク。今ではおかっぱ頭改めボブ(^^)ちょっぴりおしゃれな響きに。でもいろいろ試したのち一番しっくり落ち着く髪型。母が一番知っていたんだな。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-24 04:30 | こども | Comments(10)

apple cinnamon jam

c0033994_2195298.jpg
手前がFujiりんごの大人用と奥が紅玉の小人用。同じレシピでこんなに違う仕上がりに。

お鍋のクツクツいう音とシナモンとりんごの甘い香りのすっかりとりこに。今年4度目のアップルシナモンジャムを煮ました。毎回お鍋イッパイのりんご5個を使って作るジャムだけどあっという間にだんなさまと私のお腹のなかに。最近その仲間に小人も。このジャム、シナモンをしっかり効かせてFujiりんごでのジューシーさを残すくらいに煮たものが私たち夫婦の好み。一度紅玉で作ったら写真の通り、味も見た目もまったく違うものが出来上がってびっくり。甘さ控えめでやさしい味のそのジャムは小人用になりました。週末の朝は焼きたてのスコーンと一緒に。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-23 03:07 | たべもの | Comments(16)

小人のいたずらとママの小さな嘘

c0033994_8125199.jpg
メープルシュガーを使って焼いたマカロンでおやつ。メープルの香ばしさ、後をひきます。
卵が食べられない小人には「辛い、辛い」と嘘を。心配そうに顔を覗く小人、ごめんね。

毎日小さないたずらをちりばめて暮らす小人。そんな小人のある日のいたずら。
1、ママのスニーカーの靴紐を解く。(両方)
2、目覚まし時計の時間を変える。
3、テレビに落書きをする。
3でこってり絞られたことは言うまでもありません。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-20 09:03 | こども | Comments(18)

floor lamp

c0033994_10163455.jpg
窮屈そうにいるのは家族全員がこの部屋でぎゅうぎゅう眠っているせい(^^;)
小人もそろそろ小人部屋へ移すころかな。

部屋の模様替えが好きな兄たち。昔、一晩明けてみたら兄の部屋の大きな大きな本棚が移動していたなんてことも。(夜中思い立って一人で動かしていた?当時の母の推測。)そんな兄弟のなか、滅多に模様替えをしないものぐさな私。棚の上のディスプレイとかは変えるのが好きだけど、大きな家具は決めた居場所からはほとんど動かすことがありません。(威張れないけれど。)模様替えの代わりに引越しを?している気も…。
そんな我が家が模様替えをするのは新しく家具が仲間入りしたとき。探していたベッドルームのフロアーランプはスタンド部分が木でできた古いもの。月日を経て少しくすんだオフホワイトのシェードを通して照らす柔らかい光、ゆっくり時間が流れるように感じます。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-18 10:30 | おかいもの | Comments(18)

週末のピクニック

c0033994_36795.jpg
連休最後の日は家族で近くのビーチへピクニック。
帽子を被ってマフラーをぐるぐる巻いて完全防備で行ったのだけど…小さな雲のかけらも吹き飛ばしてしまう海からの強い冷たい風に完敗。高く澄んだ真っ青な空。風に乗って遊ぶかもめたち。北風に久しぶりに感じる耳の痛みもちょっぴりうれしくなりました。

More
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-17 04:01 | まいにちのこと | Comments(17)

宝箱

c0033994_1121363.jpg
アンティークのレースも宝箱に。

アメリカに来て、洋服をリメイクしたり家の中にあるものを捨てる前に一呼吸おいて新しい何かに変える楽しみを見つけました。セーターやスカートに付いていた飾りのボタンや布地もみんな材料に。先日お気に入りの洋服につけてしまったしみ隠しにちょこっとレースをつけたくて、ふと思い出した母の裁縫セット。大きなビスケットの空き缶いっぱいに入ったボタン、レース、ハギレの布など…何でも入っていたっけ。小さいころは母が裁縫している間、いろとりどりのボタンの入った缶を見るのが大好きだったなぁ。
手軽な値段で手にした洋服は必ず母の一工夫が加えられてから出番を。「高いものよりよっぽど手間がかかっているんだから。」と、ごそごそと裁縫箱を出してきてその手間を楽しんでいた様子の母。あの缶いっぱいに詰まったボタンは母の若いころのワンピースについていたボタン、父のシャツのボタン、私たち兄弟の洋服のもの…今思うとあれは母の思い出の詰まった宝箱だったのだなぁ。そんな宝箱作りを私も少しずつ。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-15 11:39 | いろいろ | Comments(20)

c0033994_13274890.jpg
朝ごはんの途中、太陽のイタズラで真っ白なスポットライトを浴びた小人。驚いてまっすぐ光の差す方を見つめて手をかざしたり近づけたり。
朝陽はいつも知っている太陽よりきらきらまぶしいこと。
朝陽を受けた手のひらが赤く透けてみえること。
太陽に少しだけ近づけた朝でした。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-01-13 13:29 | こども | Comments(14)