ビスケットの缶

<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

雨上がりの冬の空

c0033994_1049228.jpg
早起きの朝、ブラインドを開けると眠っている間に降った久しぶりの雨に潤った木々と冬のグレーの空がありました。窓を大きく開けると、通り過ぎた雨の匂いと鳥のうれしそうな声。空気の冷たさに少しひるんで大きく開けた窓は少しに変更。ベランダの物干しのワイヤーには幾重にも並んだしずくのネックレスをみつけました。キャンドルを燈してホットチョコレートを淹れてすごす夜と朝の間の時間。白んでいく空と木々の緑、窓の外を眺めながらぼんやりソファに座っていると、いろんなことを忘れて無の気持ちに。今日が何日で何曜日かということ、ここがアメリカといういうこともみんな。
ちょっぴり風邪気味の今日は栗をごろごろ入れたメープル栗パンを焼きました。小人もちょっぴり風邪気味。今日もおうちでノンビリ。
[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-29 10:59 | まいにちのこと | Comments(10)

バナナ事件

夜中、「ママ、抱っこー」という小さな叫び声で目を覚ますと隣のベッドでうなされている小人。起こしていいのかどうか悩んでいるうちにまた小人も私も夢の中へ。
再び明け方に今度は「バナナ。」という呟きが。だんなさまも起きて2人が見守る中、つぶやきはだんだん大きくなって最後は「パパ、バナナ、頂戴!」という悲痛な叫び声に。思わずだんなさまと顔を見合わせて失笑。自分の叫び声で目を覚ました小人は夢うつつで「バナナ、頂戴」コール。あいにくバナナはなく、だんなさまと相談して先日煮た栗の渋皮煮をあげることに。夜が明けない暗いランプの明かりの中で1人もぐもぐと大きな栗を頬張る小人。一粒食べ終えると再びコトリ。
c0033994_5471613.jpg
朝「オハヨー」と、すがすがしい顔で目覚めた小人。
パパとママから小さなブーイングの嵐が起こったことは言うまでもありません。
そんな日の小人の朝ごはん。

[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-28 05:54 | こども | Comments(16)

男の料理

c0033994_4453879.jpg
料理中は私語厳禁、真剣です。
c0033994_4473750.jpg
試食して…
c0033994_4585626.jpg
いただきます!(ママの声)

[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-25 05:45 | こども | Comments(16)

squirrel

c0033994_111558.jpg
蜜蝋ろうそうくのりすさんはかわいくて点せなさそう。

気持ちのいいお天気の昨日、ベランダで小人たちの洋服を干していたらばったりりすと遭遇。先日どしん、と音がしてベランダのテーブルにリスが降ってきたことを思い出しました。私と小人の視線を感じてあわてて木へ戻っていったおっちょこちょいなリスさんはこのコだったのかな、と思ったらなんだか可笑しくて思わずにこにこ。
そんなぽかぽかの昨日とうって変わって曇りの今日は公園で遊んでいても寒いくらいの陽気。のんびりと、でも着実に冬の足音がそこまで聞こえてきています。明日はThanksgiving Day。だんなさまからおいしいターキーの手配の重要任務を託されていたのだけれど…明日探して歩くことになりそうな予感デス(^^;)
[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-23 10:44 | まいにちのこと | Comments(6)

3words

c0033994_4233390.jpg
パウンド型でサツマイモシナモンパンを焼きました。
Fire Kingのアイボリーのとろんとした白、パンのキツネ色、好きな色。

「弟小人(の名前)、いっぱい、ねんね。」小人が初めて話した3wordsでの会話。朝、突然の出来事でした。最近めきめき増えた言葉、朝「オハヨー」とおきてくるようにも。言葉を覚える時期なのかな、と思っていたときのこと、毎日夕飯の支度のときに見るテレビでは、「pingu」のチャンネルが最近のお気に入り。「pingu語」をあやつる小人。ひとつ問題は小人が主役のpinguをお友達のオットセイと勘違いしていること。うれしそうにオットセイになりきって家の中を「オウ、オウ、」と、歩いています。ママは結構致命的な間違いだと思うのだけど…
[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-22 04:31 | こども | Comments(14)

antique

c0033994_1049872.jpg
我が家で一番古いもの。
1847年のアンティークのシルバーフォーク。
形の美しさに惹かれてお迎えしました。

デポー39の元オーナーだった天沼さんの「カントリーアンティークのすてきな暮らし」の本を読みました。この本を手にして、はじめて自由が丘のお店を昨年クローズされていたことを知りました。結婚前にだんなさまと訪ねたお店、洋館の建物の外国のお話に出てくるようなギシギシ、ときしむ薄暗い木の階段を上って二階へいくときは、秘密の屋根裏部屋に続く階段のようでどきどきした思い出があります。その階段の途中に掛けられたいくつかの品物の中であめ色の木のキーボックスをだんなさまと同時に見つけて「いつか我が家に。」なんて小さな声で(思わず声をひそめたくなるような雰囲気なのでした。)話していたことも。二階のお部屋にも時間を経ていい顔をした家具や器たち。ところ狭しと錆びた屋外用のアイアンのブランコや椅子やバスタブなどが並んでいました。思わずここがどこなのか、混乱してしまうくらいそれぞれの品物が持ち主の思い出やすごした時間ごとそこにあるようで圧倒されるばかりでした。結局キーボックスは我が家に迎えることもないままお店はクローズに。ちょっぴり甘酸っぱい気持ちで本を閉じました。
[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-20 11:03 | すきなもの | Comments(10)

退院しました。

二日に及ぶ大手術の末、パソコン無事退院です。
アドバイスをくださったSさん、この場を借りてお礼を言わせていただきます。
ありがとうございました。

+cinnamonspice+c0033994_106083.gif
[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-20 10:07 | いろいろ

小さなクリスマスツリー

c0033994_12583483.jpg
クリスマスツリーを出しました。小さな小さなクリスマスツリー。
ツリーについているオルゴールを回せるようになった小人。
コリコリ巻いてツリーの前でウットリ。吸い込まれそうなくらい見つめています。

スターバックスでmaple macchiatoを飲みながら小人たちとお茶をしていたときのこと。私たちの一つ空いていた席にすてきなおばあさまがきて「ここに座ってもいいかしら。」と尋ねられました。「どうぞ。」と答えた私と小人たちを見たおばあさまは「私も4人の男の子がいるのよ。」とお話しを。「みんな今ではいいお友達。週末になると誘ってくれてディナーに行くの。」と、とてもうれしそうに目を細めて。「いつかきっとあなたも。」と。最後は「Happy holidays!」と、すてきな笑顔とともに席を去っていきました。ゆったりまとめたシルバーグレイの髪からそっと覗いたパールのピアスがとてもチャーミングなおばあさまでした。

去年の小人は…
[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-17 04:52 | まいにちのこと | Comments(22)

冬の空とコーヒー

c0033994_1153268.jpg
冷たい北風が吹く日、あったかいコーヒーを淹れて外でお茶にしました。「おいしいコーヒーを淹れるために」という中川ちえさんの本をお供に。ストールを用意して冷たい初冬の空気とコーヒーの香りを胸いっぱいすいこみながらいつもより丁寧に淹れたコーヒーをふうふう。なんだかいつもよりとろっとしているような…(1杯目はブラックで2杯目はたっぷりミルクも入れてという欲張りデス。)あったかいお部屋で飲むよりおいしく感じるから不思議です。そのとき思い出した昔誰かから教わった「オープンカーはマフラーをして冬乗るのがおしゃれなんだよ。」という言葉。コーヒーも同じ。そのときわからなかったその意味がやっとわかった気がしました。
[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-15 11:13 | 今日のおやつ | Comments(20)

オイシイ週末

c0033994_5175565.jpg
c0033994_564227.jpg
c0033994_582418.jpg
オリーブさんに教えていただいたおいしいバゲットを買いにパン屋さんへ。
クリスマスムードのロデオドライブでは不思議なキメキメわんこライダーに遭遇。

[PR]
by cinnamonspice | 2006-11-14 11:16 | まいにちのこと