ビスケットの缶

カテゴリ:まいにちのこと( 705 )

12歳

c0033994_540127.jpg
お兄ちゃんの12歳の誕生日をお友達とお祝いしてもらいました。
晴れ男の誕生日はいつも夏日で、今年はこの2か月ずっと20℃を超える程度の涼しい日が続いていたのに、この日だけ30℃近い夏日。
c0033994_5412555.jpg
いつも暑くてケーキ作りにひと苦労。
今年はタルトを作ってみました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-06-06 05:55 | まいにちのこと | Comments(4)

さなぎ

c0033994_13292066.jpg

幼虫がさなぎになり蝶になるのを観察する、蝶の観察の授業。
教室の5匹のさなぎがこの数日の間に蝶になりました。
この日は、子供たちが見ている目の前で、さなぎから蝶が出て羽をゆっくりゆっくり広げていました。
毎日さなぎを見て、いつ出るのかな、何色の蝶かな、と楽しみにしていた子供たち。
子供たちの歓声が教室いっぱいに響きました。
カレンダーも時計もないのに、同じ時期にきちんとさなぎから出てくる蝶たち。
生物とは思えない茶色のさなぎの中から、たった今眠りから覚めるように。
言葉も話さないのに、あうんの呼吸で一羽、また一羽と、静かにさなぎの衣を脱いで、神聖な儀式のように、折りたたまれた羽根をゆっくりと広げていきました。
自然の不思議を、子供たちと一緒に息を呑んで見つめました。
c0033994_13293161.jpg

こちらは相変わらず遊んでは眠っての生活。
(ついにイームズのロッカーにも座れるようになりました。居心地のいい場所を知っている。)
スピッツの、「猫になりたい」の歌ではないけれど、犬になりたい。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-13 13:44 | まいにちのこと | Comments(2)

母の日

c0033994_1248227.jpg

母の日はおにいちゃんがパンケーキを焼いてくれました。
母になって、カードをいただいたり目に見える目に見えないプレゼントをもらうようになって、毎年母の日は子供のの成長をしみじみと感じます。
c0033994_12494315.jpg

弟くんが「ナイショがあるんだよ。」とわくわくしていたのは学校で作った左のカード。
上から顔をのぞかせたモカがカードをくわえています。
右にいるのは自分。
ママの絵は描き忘れてしまったそうですが。(汗)
おにいちゃんのカードはお花が飛び出すカード。
それぞれの味が出ているどちらもたからものです。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-10 12:54 | まいにちのこと | Comments(0)

花束

c0033994_14424258.jpg

5月3日はNational Teacher Appreciation Dayだそうで、今月は子供たちの学校でも先生たちにありがとうを伝えようと、毎週いろんなプレゼントを贈ります。
私もお花をプレゼントしていただきました。
花のある生活はすてきですね。
最近乾きがちな女子力がみずみずしくよみがえるような気持がします。

学校では子供たちが母の日に向けて、色画用紙を使って工作をしていました。
お母さんへ、色画用紙を切った茎の部分にメッセージを書いてその上に色とりどりの色画用紙を切り抜いた花をつけて植木鉢のポケットへ入れていくというもの。
この一年で習ったひらがなやアルファベットを使って書いた一本一本の茎に書かれたメッセージの文字に目の奥が熱くなりました。お母さんへの言葉の花束。花の数はみんなそれぞれ違うけれど、2本の子も20本以上の子も思いは同じなのだと思いました。
お母さんの話をするときは子供たちの顔が太陽に照らされたようにいつもの何倍も輝いていたのがまぶたに焼きついています。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-05-06 14:51 | まいにちのこと | Comments(0)

母の日に

c0033994_5102285.jpg

60歳で母は水泳を始めた。
母が子供のころは小学校にプールはなかったから、母はまったく泳ぎを習ったことがなく泳げなかった。
その母が思い立ってはじめた水泳をもう15年近く続けている。
水泳をはじめて、四十肩も肩こりもよくなったと笑っていた。
今では4泳法をマスターし、一番好きな泳ぎは背泳ぎなんだと言う。
毎日、何キロという単位で泳ぎ、孫の度肝を抜く。
晴れの日も、雨の日も、嵐の日も通い、退職し家にいる父に半ばあきれられながらもジムの女友達とわいわい通っている。
「毎日泳がないと体が重くて」
いつも止まっていられない、回遊魚らしい母の台詞だ。
その母に、ことしの母の日はMarimekko for Targetで買ったドレス(カバーアップ)を贈ろうと思う。
タオル生地なので、汗をかく日本の夏にも、プール上がりにもぴったりだと思う。
試着してみたら、さらりととても気持ちがよかった。
一目見ても、タオル生地と見えないのもいい。
ジーンズや白いパンツとあわせて着たらきっと母に似合うと思う。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-04-23 05:31 | まいにちのこと | Comments(6)

冒険のはじまり

c0033994_643864.jpg
弟くんの嵐が吹き荒れる中作ったケーキは不恰好だけど、おいしくできました。

週末、だんなさまの誕生日をお祝いしました。
毎日泣いたり笑ったり、目下初めての反抗期中の弟くんはこの日も涙雨いや、嵐が吹き荒れましたが、それでも、家族みんなで囲んでお祝いできる日常を感謝したいと思いました。
子供たちと選んだ誕生日カードは、キャンピンググッズの描かれたもの。
夢を追いかけて、4人1匹、新しい冒険の始まりです。
これからもずっと。
c0033994_6124033.jpg
Trader Joe'sのカードはシンプルでかわいいイラストが大好きです。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-04-19 06:14 | まいにちのこと | Comments(2)

Easter

c0033994_14431941.jpg
春の訪れを告げるイースター。
ことしも友人がイースターランチとエッグハントに招いてくれました。
c0033994_14433295.jpg
まずはエッグハント。
ことしはモカも一緒に。
c0033994_14434111.jpg
合計128個用意した卵を隠しました。
あっという間に見つけていく子供たち。
c0033994_14435746.jpg
エッグハントで乾いた喉に、フランシスコッポラのスパークリングワインがうるおしてくれます。
女性らしい植物柄のラベルもかわいいのです。
c0033994_14462862.jpg
友人の用意してくれたイースターランチをご馳走になりました。
友人お手製の芸術的な野菜のテリーヌ。
下からレッドパプリカ、チーズ、グリーンピース、カリフラワー、にんじんの層。
まわりに巻かれているのはビーツの葉だそう。
野菜の甘みがしみじみおいしい。
c0033994_14441254.jpg
レモン汁と粉砂糖を振りかけていただくダッチベイビーはさわやかな春の味がしました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-03-28 14:52 | まいにちのこと | Comments(2)

大きくなったら

c0033994_435585.jpg
のんびりの週末はクレープを焼いて朝ごはん。

キンダーガーテンの子供たちが「大きくなったら…」の夢を書いていました。
先生、動物のお医者さん、絵描き、考古学者、ダンサー、警察官。
シャボン玉のようにふわふわと膨らんだ夢は、夢を語る子供たちの声とともに虹色に輝いて教室いっぱいに。
たくさんの夢に囲まれて、夢のような時間でした。
みなさんは小さいころの夢、覚えていますか?
[PR]
by cinnamonspice | 2016-03-23 05:39 | まいにちのこと | Comments(2)

海へ

c0033994_12175429.jpg
夕焼けを見ようと、海へきました。
c0033994_1218635.jpg
モカも一緒に。
c0033994_12183125.jpg
初めて波打ち際へ近づいたモカ。
波が生き物だと思って追いかけっこ。
見とれているうちに一瞬でずぶぬれになりました。
c0033994_1218573.jpg
ボーイズはビーチバレーのコートでサッカー三昧。
汗だくになって遊んでいました。
素足に砂の感触が気持ちがいい。
素足で遊ぶ、普段なかなかできないけれど、とても大切なこと。
c0033994_12382924.jpg

家に帰って、モカもおにいちゃんも弟くんもみんなお風呂に入りました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-03-15 12:24 | まいにちのこと | Comments(0)

生きるということ

c0033994_1311259.jpg

カリフォルニアミッションの本を弟くんと読んでいたとき、こんなことを書かれていました。
インディアンの人々の信仰は特別な神ではなく自然すべてを崇めるもので、彼らは「死」をも喜んだ、と。
「死」は悼むものとするスペイン人たち西洋人たちには、それがどうしても理解できなかったとありました。
日本でも、神道ではいわゆるお葬式のようなもののとき、紅白の幕をかけて行うのだと、子供のころ母から聞きました。
人は死んだら神様になる、そのお祝いなのだと。
同じ「死」でも受け入れかたが違うのですね。
誰もがいつか迎える「死」。
あなたはどのように受け入れますか。

自然は命を与え奪っていく。
東日本大震災から5年。
まだ、5年、もう5年という気持ちになります。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-03-12 05:51 | まいにちのこと | Comments(0)