ビスケットの缶

カテゴリ:まいにちのこと( 706 )

vote

c0033994_132821100.jpg
じわじわと棚の上の木が増殖中。

今日はアメリカの大統領選挙の投票日です。
学校でも、キンダーガーテンの子供たちにも、一週間ほど前からこの大統領選挙について話をしています。
まだ5歳、6歳の子供たちですが、それでも、親がこう言っていた、こういうのを見たことがある、などときちんと大統領選挙について知っています。自分たちで国の代表を選ぶということ、その意味の大きさについて、このくらいの年からきちんと教えてもらうんだなぁとしみじみ感じました。
フェイスブックなどで見ていると、私のまわりカリフォルニア(ロサンゼルス)は、ヒラリーさんが優勢のように感じます。昨日は学校のママ友のフェイスブックのリンクからヒラリーさんの選挙演説をまとめたビデオを見ました。ちなみに私は選挙権がないので全く蚊帳の外ですが、興味があったのでそのビデオを見てみました。ヒラリーさんの演説の言葉を集めてたくさんの写真ととともに作られた映像はとても感動的に作られていました。国民を巻き込むような力強い言葉や希望のある言葉、熱意、実現されるかどうかは別としても、政治に夢や希望があって日本とアメリカの違いを感じました。そして何より、強いということ。
オバマさんが黒人として初めてアメリカの大統領になったときの選挙中継と当選したときの演説を思い出しました。あのときもとても感動したことを鮮烈に覚えています。
アメリカ初の女性大統領の誕生なるか、さて、選挙結果はいかに。
c0033994_1545340.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2016-11-09 02:02 | まいにちのこと | Comments(0)

Happy Halloween

c0033994_611398.jpg

みなさま怖くて楽しいハロウィーンを。
(モカは名前にちなんで、モカフラペチーノに。でも、夜はお留守番です。)
[PR]
by cinnamonspice | 2016-11-01 06:01 | まいにちのこと | Comments(0)

ピース

c0033994_451375.jpg

風邪で寝込んでいたら、家の中の細かなところが気になって、少しずつお掃除を始めました。
知らず知らずと余計なものがたまっていくのですね。

家族って本当に一人も欠けては毎日が成り立たないんだなぁと、風邪で寝込んでいる間思いました。
なにげない日々も、だんなさまと私の夫婦でそれぞれができることを担当していて、一人が欠けてしまうとその分の荷物ももう一人が背負うことになってしまう。
一人ひとりが持っている荷物はそんなに大きくないけれど、それを誰かが代わりをしようとするととても苦しい。
風邪で寝込んだ私の代わりに一人で二人分の荷物を背負っただんなさまの背中を見ていたら、とても申し訳ない気持ちになりました。
お兄ちゃんがいなかったら、さみしくてつまらないし、弟くんがいなかったらお兄ちゃんもそう。弟くんの宿題をお兄ちゃんが見てくれるし、弟くんはお兄ちゃんに笑いをプレゼントしています。ジェンガの積み木のようにみんな複雑に支え合っていて一つのピースを取ってしまうと崩れてしまう、家族ってそういうものなんですね。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-10-13 11:34 | まいにちのこと | Comments(0)

出発の前夜

c0033994_5225767.jpg
少しずつハロウィーン。
怖カワイイが癖になります。

弟くんが2泊3日の学校のキャンプ(お泊り遠足)へ出かけていきました。
しんと静かな家。
一人いないだけなのに、家の中にぽっかり大きな穴が開いたようでした。

出発の前日の夜、、初めてのお泊り遠足に弟くんの中でいろんな気持ちがこみあげているようでした。
夕飯のときには、
「僕がいない間に、みんなでカレー食べたらだめだよ。(弟くんの好物)」
とか、
「僕がいない間にお兄ちゃんにYoutube見せたらだめだからね。」
とか、家族が自分がいない間に宴でも開くかのようにスネていました。

そして寝る前になったら今度しゅんとして
「ママが死んだらお墓を作って僕はそのお墓の隣でずっと抱っこしてるんだ。
そのお墓の隣に僕の家をいっぱい作って住むんだよ。
それとも家の中にお墓を作ろうかな。」

そのあとはお兄ちゃんも加わってママが死んだら話で盛り上がっていた二人。
なんだか複雑な心境です。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-10-01 01:00 | まいにちのこと | Comments(0)

特別な一杯

c0033994_9524164.jpg

ハワイ島のコーヒー農園で自分たちへのお土産に買ってきたコーヒー豆を飲んでいます。
ハイビスカス柄もかわいいパッケージは緑と赤とあり、緑がオーガニックとのこと。
農園では、この農園で摘んだコーヒー豆だけで作ったものが売られていて、普段飲んでいるコーヒーを思うと高価でしたが、旅の思い出と奮発してオーガニックのものを購入してきました。左がミディアムローストのドリップ用のCloud Forest Estate Vienna Roast 、右がエスプレッソ用のPrivate Reserve French Roast。(ちなみにコナコーヒーは、ミディアムローストで飲むがの一番おいしいそうです。)
コーヒーの香りを楽しみながら、旅の思い出に思いをはせます。
今飲んでいるのはエスプレッソ用のもので、毎朝アイスカフェラテを。
思い出も重なって特別な一杯のコーヒーで毎日が始まります。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-08-19 09:58 | まいにちのこと | Comments(0)

旅を終えて

c0033994_10391718.jpg
ハワイから帰って夢の中にいたような気持ちでいます。
c0033994_211041.jpg

魚たちが暮らす透明な海、今も生きる力強い火山、熱帯の植物、溶岩の大地、牧草地、ハワイ島は変化に富むスケールの大きい自然が美しい島でした。
c0033994_11441114.jpg
c0033994_10182834.jpg

波打ち際でちょっと海面を覗くと、黄色や黒、緑や青、グレーやオレンジ色鮮やかな色彩豊かな熱帯の魚が泳いでいるのが見えました。(水面からも見えるほど。)
熱帯の魚たちは色だけでなく、斜めや縦、横にラインが入っていたり、色鮮やかなdotがあったり、とても斬新なデザインの洋服をまとっていて驚きました。
今回の旅で会えたらいいな、と思っていたウミガメにも会うことができました。藻や貝などを甲羅につけた大きな大きなウミガメが、徳を深めた仙人のような迫力で空をとぶように足を羽ばたかせてゆったりと泳ぎながら大きな海へ帰っていくのを見たとき胸がいっぱいになりました。自由に海を泳ぐウミガメはハワイの象徴のようにも感じました。
子供たちはずっと会いたかったHumuhumu-Nukunuku-Apuaaを見たんだよ、と興奮気味に教えてくれました。
いろんな魚たちのなかで、私の心に残った魚はBullethead Parrotfishという魚でした。緑の体が七色の虹色のように光る不思議な色の魚で、一メートル近い大きなものが目の前をゆうゆうと泳いで行きました。
c0033994_11221033.jpg
(画像はお借りしています。)

Parrotfishもウミガメも、ずっとここで暮らしているのだと思いました。
ハワイの海は水深2メートルもないような浅瀬でも、こんなにもいろんな魚がふつうに暮らしているということに驚きました。
カレイやフグ、ウツボ、水族館でしか見たことのないような魚たちも目の前を泳いでいきました。
そのたびに声にならない歓声をあげて(シュノーケリングの器具があるので)、身振り手振りで家族で教えあいました。
この7日間の滞在中、ハワイの海でみんなそれぞれに特別な思いれのある魚を見つけることができました。
c0033994_393872.jpg
c0033994_3101279.jpg

出発の日の朝、ラナイで食事をしていると、イルカの群れが沿岸を泳いでいくのが見えました。
カラフルな魚が泳ぎ、ウミガメが泳ぎ、イルカが泳ぐ海、ハワイはゆっくりと時間が流れているのを感じます。
いつもはもう少しいたいなぁ、もう少しあれをしたかったなぁと欲が出ますが、今回の旅は会いたい人(海の生き物)や、見たい景色を見ることができて、とても満ち足りた気持ちになりました。
大きな自然に包まれて美しいもので心もいっぱいになった7日間でした。
長い旅の記録にお付き合いくださってありがとうございました。
c0033994_11523957.jpg

c0033994_11522031.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2016-08-15 04:01 | まいにちのこと | Comments(2)

ハワイ島最後の日

c0033994_13462789.jpg

飛び立つ日も最後にまたこのビーチにきました。
飛行機の出発は夜なので、子供たちにはめいいっぱい遊んで疲れて寝てもらう作戦です。
ビーチのぎりぎりまで生えているこの木は立ち枯れているように見えるけれど、このビーチにたくさん生えていて、しっかり枝葉をつけている様子に生命力を感じます。
c0033994_13464731.jpg

この海の色、ため息がこぼれます。
海面に顔をつければすぐそこで魚が泳いでいる。
そんな海があるんですね。
c0033994_15271562.jpg

お兄ちゃんはいつだって砂遊び。
今日は特別いい壁ができたんだとか。
弟くんは隣でとんがり山の見張り台を作ったのだそう。
打ち寄せるたくさんの波に勝ったと二人で喜んでいました。
c0033994_15525161.jpg

c0033994_15274488.jpg

最後は泥団子。
売りに来ていました。
こんがりと日に焼けて黒光りした子供たちの顔がハワイ島ですごした充実した時間を語っています。
c0033994_15525164.jpg

砂浜で見つけた珊瑚のかけら。
とても綺麗で持ち帰りたかったのですが、ハワイの石や自然を持ち帰ると災いが起こると聞いて、写真に収めて思い出を胸にすることにしました。

ビーチで思い切り遊んだあとは、空港近くのショッピングモールへ。
ここにはTargetもありました。
その近くのこだわりのあるハンバーガー屋さん”Ultimate Burger”で夕飯にしました。
ここのお店は食材をハワイ島のものを使っているのだとか。
ビーフはハワイ島でGrass Fedで放牧で育てられたものだそう。
メニューはシンプルだけど、お肉の焼き加減や加えるチーズの種類、トッピングの野菜など、いろいろ選べるようになっています。
これだけこだわりがあるだけあって、これまで食べたハンバーガーで私の好みで一番おいしいと思いました。(カリフォルニアにも美味しいハンバーガー屋さんはたくさんありますが。)
香ばしくグリルされたパテは外側はかりっと、中は空気を含んでふっくらとしていてジューシーで肉汁がこぼれてほろほろっと崩れる感じ、パンもふわふわとしていて本当においしかったです。
c0033994_15525127.jpg
店内もとてもおしゃれ。
c0033994_15535964.jpg

私はシンプルにスイスチーズとグリルオニオンをトッピングして、slightly pink(ミディアム)でお願いしました。
c0033994_16020176.jpg

ポテトも細くて繊細でとても好みでした。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-08-12 15:33 | まいにちのこと | Comments(2)

Big Sur キャンプ 1日目

c0033994_2445010.jpg
車を7時間走らせて、Big Surへキャンプに行きました。
途中きれいな海に引き寄せられるようにして何度も車を止めて休憩。

c0033994_2452185.jpg
日差しは夏でも、絶え間なく吹く風はとっても冷たくて、10分もすると寒くて車に戻りました。
c0033994_3335566.jpg
途中、San Luis Obispoで大きなサンドイッチを買って、
c0033994_3341122.jpg
Morro Bayでランチ。
たくさんの人の視線の先には野生のラッコの兄弟?がいました。
とても仲良くて、くるくる水に潜っているのがかわいらしかったな。
c0033994_325165.jpg
朝8:30amに出発して、着いたのは4:00pm。
キャンプグラウンドへ着いたら、テントを建てて近くの川へ向かいます。
c0033994_2535494.jpg
今回はPfeiffer Big Sur State Parkというcampgroundへ。
森があり、川が流れ、近くにビーチもあります。


+ #149
[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-21 03:26 | まいにちのこと | Comments(0)

スケートボードsummer camp

c0033994_11151296.jpg

アメリカの長い夏休み、日本に帰る年は日本を、アメリカですごすときはアメリカを楽しむようにしています。
アメリカですごす夏は、子供たちにサマーキャンプをとらせるようにしています。
そのたびに何を取ろうかと頭を悩ませるのですが、せっかく長い夏休み、新しいことに挑戦するのにはぴったりということで、今年はお兄ちゃんはスケートボードのクラスをとることにしました。(ちなみに弟くんはお勉強のサマーキャンプ)

全くの初心者なので、ボードの上に立てるだけでもすごいかな、という親の予想に反して、2週間のクラスで坂道も階段もできるようになりました。
最後の日は、子供たちは親の前で技をお披露目。
慎重なお兄ちゃんはゆっくりでしたが確実にいろんなランプや技を見せてくれました。
c0033994_11151249.jpg

お兄ちゃんよりももっと小さな子が、転んでも転んでも立ち上がって技に取り組む姿はたくましくてすっかり少年の顔で微笑ましく感じました。
c0033994_11151380.jpg


このサマーキャンプでは、最後の日に子供たちが自分でデザインしたスケートボードをプレゼントしてくれます。
自分のデザインしたスケートボードを抱えて、お兄ちゃんもとても嬉しそうでした。
気が付けば夏休みももう半分が過ぎました。お兄ちゃんも弟くんも、少しずつ日焼けしていい色になってきました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-09 08:53 | まいにちのこと | Comments(0)

父の日

c0033994_12391297.jpg
父の日にはバナナロールケーキを焼きました。
この日は焼き終えた後にまさかの二度にわたる停電。
父の日眼鏡と、Blue Bottle Coffeeのコーヒー豆と一緒にプレゼント。

父になって12年。
父の日に、お兄ちゃんがごそごそと私たちのベッドルームの本棚から、お兄ちゃんを生んだときの育児ダイアリーを出して読んでいた。一時間ごとや二時間ごとの授乳の記録に、
「見て!おっぱいとお○っこ、ばっかり。」
と目を丸くして笑っていた。
つけたことも忘れていた育児ダイアリー。
ある日のメモには、ひいひい言う声を聞いて駆けつけると、お兄ちゃんがベッドの下に詰まって出られなくなって泣いていたことや、救出したしばらく後には、ティッシュの箱からティッシュペーパーを全部出して、ティッシュの海にいたことなどもつづられていた。
またある日には、かわいい絵のビスケットの包みがはさんであったのを見つけて、お兄ちゃんが自分が好きだったビスケットなんだと思ったらそれは、彼がアレルギーを起こした市販のビスケットの包みだった。
今では、すっかり遠いとぎれとぎれの記憶になっているけれど、当時はお兄ちゃんの小麦、乳製品、はちみつ、ナッツのアレルギーと必死で戦っていた。
泣いて笑ってお父さんとお母さんをやってきた。
たくさんの愛が詰まった一冊。
お兄ちゃんはとても幸せそうに本を閉じた。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-06-21 12:46 | まいにちのこと | Comments(2)