ビスケットの缶

カテゴリ:キャンプ( 76 )

ヨセミテ キャンプ 4

c0033994_10564289.jpg
3日目の朝、キャンプサイトに鹿が朝ごはんを食べにきました。

ヨセミテでは熊がよく出没する。入り口のレンジャーからは
「Active bear visits the campsite every night.」
と言われる。
渡された熊への注意書きと食べ物をきちんと管理することに宣誓する紙にも、
「You are now in bear world.」
と書かれていてちょっと怖くなる。

夜の闇は大きく、とっぷりと私たちを包み込む。日が沈むと、町にいたときには想像もしないほど心細くなる。熊やコヨーテなどの動物たちが動き出す夜は、底知れず怖い。彼らは山を知っている。私たちはよそ者だ。電灯の明かりのない夜、人間は頼りなく、キャンプファイヤーをしても夜の闇には到底太刀打ちできない。ここでは、人間は小さな存在だ。

朝、鹿が朝ごはんを食べにキャンプサイトに来た。のんびりと近くのやわらかそうな草を食む。
「鹿でよかったね。」
小人たちとつぶやいた。
c0033994_1053733.jpg
お昼のホットドックを用意して出かけます。
c0033994_10532415.jpg
この日は、Yosemite Fallsのトレイルを目指します。
これはヨセミテのUpper Fall。
c0033994_10533572.jpg
私たちが目指したのは簡単なLawer Fallのトレイル。
c0033994_10534462.jpg
この景色ともお別れ。
6時間運転して帰ります。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-28 11:11 | キャンプ | Comments(0)

命を吹き込む

c0033994_22984.jpg
朝、お日が目を覚ましたばかりの世界には色彩がないけれど、
太陽が昇ってお日さまに照らされたところから、色彩が生まれる。
モノクロからカラーに。
まるで太陽が世界にふぅっと息を吹きかけて命を吹き込むみたいに。
太陽は命そのもの。
c0033994_245294.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-28 02:45 | キャンプ | Comments(2)

my little baby

c0033994_1244181.jpg
 弟小人のことをmy little babyと呼ぶ小人。弟小人はもうベイビーと呼ぶような年ではないのだと伝えても、
「弟小人くんはmy little babyだよね。」
と、弟小人に言う小人。
「うん。」
と、うなずく弟小人。
 キャンプの夜、空に星が出る前に弟小人はタイマーが切れて、
「僕、もう眠いから寝るね。でも、一人で寝られないから、ママ一緒に来て。」
と、目をこすりはじめた。すると、
「僕がやるよ。」
と、小人が弟小人の寝かしつけを引き受けてくれた。
「小人くんがね、おもしろいペンギンの話をしてくれるんだよ。」
と、笑いをこらえながらうれしそうに言う弟小人。小人が作ったお話を聞かせてくれるのだとか。
小人は弟のために、おやすみの絵本(「The Dark」)もバックパックにつめて持ってきていた。テントからは、なにやら話し声とくすくす笑う二人の声がしばらく漏れてきた後、
「Sleep tight, baby.」
と、小人が言うのが聞こえた。弟小人のキャンプの一日が終わる。誰よりも甘く寝かしつけてくれる小さなお父さんと。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-27 12:50 | キャンプ | Comments(0)

ヨセミテ キャンプ 3

c0033994_1135061.jpg
c0033994_1143163.jpg
c0033994_1144171.jpg
たくさん歩いた後は、キャンプサイトへ戻ってお昼にします。
今日のお昼は炭火焼のハンバーガー。
c0033994_1145224.jpg
じゅうじゅう。
c0033994_115253.jpg
c0033994_1151026.jpg

c0033994_152112.jpg
食べ終わったら、また川へ。
10秒も浸すとじんじんかじかむほど冷たい川の水。
小人とだんなさまはwater fight。
ママは足を浸してcool down。
おなかがすくまで過ごします。
c0033994_3595944.jpg
夜は焼きおにぎりとオクラのグリル、豚汁、とガーリックを効かせたあさりの酒蒸し。
だんなさまの思いつきで、残ったあさりの汁にご飯を入れて作ったリゾット風が絶品。
c0033994_40821.jpg
おなかがいっぱいになったら、夕焼けに染まるHalf Domeを見に、Glacier Pointに向かいました。
出発が夜の7時。
くねくねと曲がる山道を1時間半。
途中鹿が道を駈けて横切るはらはらのシーンもありながら、
お日さまと追いかけっこで、なんとか夕焼けに間に合いました。
日が沈み、帰り道にはコヨーテを見ました。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-27 01:58 | キャンプ | Comments(0)

ヨセミテ キャンプ 2

c0033994_12202282.jpg
朝6時に起床。
いつもはなかなか起きれないのに、自然の中にいると、ぱっちりと目が覚めます。
朝ごはんを食べると向かったのはMirror Lake。
c0033994_1220349.jpg
トレイルの途中、朝ごはんを食べる鹿や、
c0033994_12204267.jpg
ヨセミテで初めての熊も見かけました。
c0033994_12205243.jpg
鏡のように景色を映し出すMirror Lake。
今年は記録的な干ばつのせいか小さめの鏡でした。
c0033994_13141391.jpg
次に向かったのは歴史あるAhwahnee Hotel。
森の中にひっそりと、自然に抱かれるように建ちます。
おとぎ話に出てくるようなロケーション。
お庭では結婚式が開かれていました。
c0033994_13341864.jpg
重厚なインテリアがすてきです。
ここで、一息してからまた散策は続きます。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-26 13:44 | キャンプ | Comments(0)

目に見えないもの

c0033994_23131032.jpg
キャンプサイトで空を見上げる。
花火のような枝葉。

豊かな自然がある。
逆を言えば、豊かな自然しかない。
私たちが学校で習うことはほんの一握りで、生きていくのに必要なことすべては、自然が教えてくれるのかもしれない。
今を生きること、耐えること、滅びること、命をつなぐこと、時間の流れ、美しいもの。
ほんとうに大切なものは何かを示してくれる。
川がざわざわと絶え間なく流れる、風が数十メートルにもなるようなとてつもなく高い杉の木をゆっさゆっさと揺らす、滝がごうごうという勇ましい水音をたてて流れる、ぽきぽき、かさかさ、と動物たちが落ち葉や小枝を踏みしめる音、こんこんと木の幹をリズミカルにつつくきつつき。
自然は偉いと思う。
みんな堂々として、自分の命を全うしている。

夏の山では、朝早起きしてトレッキングする。ひんやりと冷たい澄んだ空気が心地よく、動物たちにも会える。暑い昼間は何もしないで川で休む、体も心も空っぽにする、五感だけを澄ませる。余計なものを落として、美しいものだけで心を満たす。夕方、お日様がやさしい顔になったら夕食を食べてまた少し散歩する、夜、闇が山をすっぽりと包み込むころには焚き火をして星空を仰ぐ。眠くなったら寝る。それが私たちの夏の山でのキャンプのすごし方だ。とても原始的で、とてもシンプルだ。一日を終えると、目には見えないけれど、ずっしりとたくさんのものを受け取っていることを感じる。
c0033994_23285883.jpg

c0033994_2329962.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-25 23:30 | キャンプ | Comments(0)

ヨセミテ キャンプ 1

c0033994_7585691.jpg
深い木々の緑。緑にもいろんな緑があることを知ります。
テントをたてると、キャンプサイトのすぐ裏を流れる川へ行きました。
だんなさまに石投げを教わる小人たち。
小人はダブル、トリプルができるようになりました。
c0033994_7592528.jpg
流木のかけらを船に見立てて。
石ころの乗組員たち。
たびたび沈没しては救助されていました。
c0033994_802114.jpg
川で遊んだあとは早めに夕飯。
c0033994_803533.jpg
夕飯はみんなで作ります。
c0033994_8748100.jpg
今晩は焼き鳥。
c0033994_804983.jpg
熊もびっくりな大きな口!


+ North Pine 402
[PR]
by cinnamonspice | 2014-06-25 08:09 | キャンプ | Comments(0)

風という生き物

c0033994_14323794.jpg
風がすべてを吹き飛ばして、そんな風にも揺るがない星たちがきれいでした。

風が強い日でした。(天気予報通りでした。)
着いたときはそれほど強くなかった風が、夜になるにつれ強さを増していきました。
不思議と、天気予報どおり夕飯の後には一度ぴたりと止まり、ほっと胸をなでおろしていると、また夜中すぎに再び強くなってきました。前回キャンプに来たときとは比べ物にならないくらいの風が吹いて、眠る前にはテントの杭を増やしました。時折ひしゃげるように風につぶされるテントの中で、遊びつかれた小人たちはぐっすりと眠っていました。そしてだんなさまも。私一人起きて残されたテントで、風にもてあそばれるテントを見つめていたら、風が生き物のように感じました。山から獲物を探しに下りてくる魔物だと。遠くから、ごぉーっという音が響くと、しばらくしてテントを大きく揺らしました。魔物は何か獲物をさらうと、また帰っていくのだと思いました。スリーピングバッグにもぐって、目を閉じて、耳もふさぐと、不思議と怖さが消えました。視覚と聴覚で、人はいろんな想像を作り出すのだと思いました。音も光もない世界で、ことんと眠りに落ち、朝が来ました。
[PR]
by cinnamonspice | 2014-05-13 16:16 | キャンプ | Comments(0)

eat, drink, sleep, play

c0033994_5382928.jpg
夕日が沈むのを見ながら夕飯のしたくをはじめます。
c0033994_5385981.jpg
いろいろつまみながら、ビールと。
砂漠で飲むビールは格別。
c0033994_5384921.jpg
お友達は七輪を持ってきてくれました。
c0033994_5392813.jpg
アスパラベーコン、うずらの卵(しょうゆがけ)、オクラ、ソーセージ、アサリの酒蒸し(ガーリックと生姜が悶絶のおいしさ)、焼きおにぎり…至福のひととき。

c0033994_5522792.jpg
我が家はだんなさまのバターチキンカレーを持って行きました。
c0033994_539208.jpg
遊んで、食べて、飲んで、眠る。
キャンプのテーマ。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-05-13 05:48 | キャンプ | Comments(0)

c0033994_1142372.jpg
綿菓子のようなどこまでも甘くておいしそうな夕焼け。
影絵のような山の稜線。
Joshua Tree National Parkへお友達家族とキャンプに行きました。

c0033994_1141284.jpg
空は高くて広いということ。
自然はやさしくも厳しいということ。
今回は気まぐれに吹く突風に、翻弄されました。
翌朝にはますます風が強くなり、テントをたたむときにテントが壊れてしまいました。
キャンプをするたびに自然の力に畏敬を感じます。

[PR]
by cinnamonspice | 2014-05-12 11:29 | キャンプ | Comments(0)