ビスケットの缶

カテゴリ:キャンプ( 81 )

Big Sur キャンプごはん

c0033994_932026.jpg
初日の夜は我が家がごはん当番でした。
キャンプごはんのテーマは簡単おいしい。
c0033994_11133249.jpg
今回はグアカモレを作ってトウモロコシごはんを炊くだけで、だんなさまが家で作ったポークカルニタスとサラダでワンプレートにしました。

c0033994_944549.jpg
いつも私たちがメキシカンレストランのChipotleに行くたびに頼むポークカルニタス、お友達から教わったレシピでしっとりふんわりできました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-23 11:15 | キャンプ | Comments(2)

Big Sur キャンプ 冒険編

c0033994_1504252.jpg
勇ましくchoo choo trainが向かった先は

c0033994_1511328.jpg
川の上流にあるという滝。

c0033994_1512733.jpg
まずは流れの緩やかな下流で遊んでから

c0033994_151143.jpg
少しずつごろごろとした岩が増え、過酷な道のりに。(すれ違うお姉さまたちはビキニの人たちも多数)

c0033994_151407.jpg
途中はこんなきれいな景色。

c0033994_1515426.jpg
のぼりつめた先にはプールのような場所がありました。上った人だけのご褒美。

c0033994_152654.jpg
帰りも慎重に、冒険を終えた後はみんなご褒美のアイスクリームをほおばりました。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-22 15:11 | キャンプ | Comments(2)

Big Sur キャンプ 2日目

鳥の声で目を覚ましました。
とろとろと夢を見ていて、鳥の声にそうだキャンプに来ていたんだと我に返りました。
ホウホウッー、暗闇でフクロウの声。
サワサワという川の音。
しばらくすると、世がうっすらと明けてきました。
すぐ近くでコンコン、という固い木をつつくキツツキの音。
森の朝が始まります。
c0033994_6344944.jpg

お友達家族とのキャンプ、今回は食事を分担しました。
二日目の朝はお友達が担当してくれました。
だれかが淹れてくれるコーヒーは本当においしい。

c0033994_6331432.jpg

子供たちは近くの川へ朝の散歩へ。
朝晩は吐く息も白く、お兄ちゃんは
「僕、たばこ吸えるんだよ。」
と、たばこを吸うふりをしていました。
ダウンジャケットとジーンズを持ってきてよかった。

c0033994_6352525.jpg

朝ごはんを食べていると集まってきた青い鳥。
Steller's Jayかな。
c0033994_6353524.jpg

朝ごはんを食べたら車で5分のPfeiffer Beachへ。
c0033994_9134832.jpg

子供たちは町を作っていました。
近くまで川が流れていて、紫色の砂や、石もごろごろ、基地づくりが好きな子供たちには材料が豊富で楽しかったみたいです。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-22 09:31 | キャンプ | Comments(0)

セコイヤ国立公園 キャンプ二日目

c0033994_15155324.jpg

朝ごはんを食べたら、Visitor Centerへ。
今回はJuly 4thの連休だったので、公園内もとても混んでいました。
まず、入園するためのゲートで1時間近く待たされることに。(ここまで待つのは初めてです。)
Lodgepoleのマーケットのパーキングもいっぱいで封鎖。
マーケットもVisitor Centerも私たちが泊まったLodgepoleのキャンプグランドから徒歩5分くらいなので歩いて行きました。
c0033994_1533918.jpg
Visitor Centerで、Junior Rangerのバッチをもらったのですが、その脇にはこんなサインがありました。
手書きのホワイトボードのサイン、ぬくもりがあってすてきです。
c0033994_15351715.jpg
今回はモカも一緒だったので、トレイルには行けないのでのんびり川へ。
c0033994_1534227.jpg
c0033994_15342672.jpg
朝作っておいただんなさまの玉ねぎとハムのホットサンドで簡単ランチ。
c0033994_15291089.jpg
モカも川の水を飲んだり川に興味津々。
c0033994_1537434.jpg
川のせせらぎ、きらきらとした夏の日差し、おいしい空気、たくさんリフレッシュした後帰ります。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-07 01:03 | キャンプ | Comments(0)

鳥の声で始まる朝

c0033994_1595573.jpg
4:30am 鳥の声で目が覚めました。
寝袋の中で鳥たちのおしゃべりに耳を傾けました。
あまりに美しいさえずりに、眠りから覚めたばかりの頭で、一瞬自分が眠っている間にあの世に行ってしまったのではないかと錯覚するほど。
まだ太陽がのぼらないうちから鳥たちの一日は始まっているのだと、知りました。

c0033994_9352969.jpg
朝晩はとても冷え込んでいて、気温5度ほど。
ダウンジャケットを羽織って朝の散歩に出かけます。
今朝は川の上流へ。
とめどなく流れる川のさわさわという音が近づいていきます。
c0033994_9321450.jpg
散歩から戻って、朝ごはんはフレンチトーストとだんなさまの玉ねぎとハムのホットサンドイッチ。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-06 11:43 | キャンプ | Comments(0)

セコイヤ国立公園 キャンプ

c0033994_421121.jpg

車を4時間半走らせて、セコイヤ国立公園にキャンプに来ました。
深い森、こぽこぽという川の音、きらきらとした日差し。
この自然に会いたかった。
c0033994_443881.jpg

「足がきーんとなる、」
と子供たちが言った雪解けの水は、想像より冷たくて思わず一度足をすくめてしまうほど。
しばらくすると慣れてきました。
子供たちは石の銀行ごっこ。
その脇をアメンボがすいすい泳いでいきます。
カエルの卵らしきものを見つけたり、不思議な虫を見つけたり。そのたびに大きな歓声があがります。
c0033994_4135795.jpg

モカも川にそろそろと近づいて足を水につけていました。

+Lodgepole Campground #021
[PR]
by cinnamonspice | 2016-07-05 04:14 | キャンプ | Comments(0)

キャンプの朝

c0033994_635896.jpg
朝日が昇ると世界に色彩が加わる。
c0033994_64010100.jpg
まずはコーヒー。
c0033994_6414352.jpg
お兄ちゃんが焼いたパンケーキのタワー。
c0033994_6483526.jpg
自家製イチゴジャムと、メープルシロップ、家にあったバナナ、なんちゃってホイップクリームのスプレーと。
甘いものにはしょっぱいものも。
昨日の残りのクリームシチューとベーコンも。
c0033994_6435590.jpg
この方は食べる専門。
c0033994_655713.jpg
昨晩は、虫の声にもびくびく、夜中のコヨーテの声にも飛び起きていたこの方はお疲れ気味。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-04-08 07:11 | キャンプ | Comments(0)

自然時間

c0033994_940265.jpg

子供の学校の送り迎え、レポートや宿題、サッカーの練習、週末の試合、学校のイベント、毎日の暮らしを送っていると、酸欠の魚のように自然が無性に恋しくなります。
待ち焦がれていた春とともに再びキャンプの季節がきました。
自然にどっぷりとつかりに、Joshua Tree National ParkへLAから車で3時間半走らせて向かいました。
砂漠なので4月でも昼間は28℃まで上がり目をあけているのがつらいほど日差しが強く感じます。
乾燥しているので日陰に入るとひんやり冷たくて気持ちがいい。(じっとしていると肌寒いほど)
空を仰ぐとどこまでも青く高く広がる空があります。
ごつごつとしたとてつもないスケールの岩山を前にして思わず深呼吸。
みんなでテントをたてると、かんかんと照りつける日向を逃れ岩山を上って日陰を探します。
岩と岩の狭間で凍らせたレモネードでクールダウンしてから、近くを散策してみました。
c0033994_10223572.jpg

そこここに小さな白い花や、黄色い花が咲いていました。
LAではあまり見ない黄色いもんきちょうが春の訪れを喜ぶように飛んでいました。
c0033994_10225282.jpg

サボテンも花をつけて、砂漠にもきちんと命あふれる春が訪れていました。
標高1500メートルほどあり、このあたりでは割と標高が高いので岩山を歩いていると息があがります。
岩を登って下りて、岩陰で一休み。
再びキャンプサイトへ戻ったあとも、子供たちは空想を広げて岩山を探検、その間大人は岩陰で休息。
ひんやり冷たい岩の上に寝転ぶと、大地とつながっているのを感じます。
時折吹く涼しい風が心地よくて気がつくとうとうと眠っていました。
目が覚めると遠くで聞こえるお兄ちゃんと弟くんの声。
なんにもしない、が心地よい。
ちょうちょが飛び、岩の上でトカゲが日向ぼっこし、雲が流れ、ただ風を感じていると、時間から、日常から解き放たれて自由なんだと感じます。
お日さまはゆっくりとめぐり、沈んでゆきます。
c0033994_9421283.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2016-04-07 10:33 | キャンプ | Comments(4)

砂漠の夕暮れ

c0033994_123862.jpg
Joshua Treeは夕方から夜が特に美しいと思う。
日が傾き始めると、急にやさしい顔をのぞかせる。

c0033994_1203861.jpg
少し早めにおつまみをつまみながらビールと。
からからの喉に木々が水を吸うようにビールがしみじみ染みわたる。
今日は子供が好きなターキーチリとトルティーヤチップス、ソルトアンドペッパーピスタチオをつまみながら夕飯の用意。
今回は忘れ物無しかと喜ぶのもつかの間、スティック野菜を用意したのに、ディップを忘れたのは残念。

c0033994_120567.jpg
アボカドをつぶして簡単グアカモレも。

c0033994_121845.jpg
空の下お料理していると、食材がきらきら輝いて見える。

c0033994_1212444.jpg
メインのクリームシチューはお兄ちゃんと弟くんが作ってくれた。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-04-06 14:49 | キャンプ | Comments(0)

Joshua Tree National Park

c0033994_7245772.jpg
週末はJoshua Tree National Parkへキャンプへ。
c0033994_15431290.jpg
キャンプサイトの裏にはこんな岩山。
子供たちは岩山を上ったり下りたり、秘密の洞窟を探検したり虫や植物を観察したり冒険中。
c0033994_729277.jpg
心配したこの方は、相当なインドアぶりを発揮。
硬い岩山を登るのは好きだけど、砂利や砂の道は嫌いというお姫様っぷり。
c0033994_7281045.jpg
砂利の上で寝るのは嫌だと結局だんなさまのひざの上でお昼寝。

[PR]
by cinnamonspice | 2016-04-06 07:44 | キャンプ | Comments(0)