ビスケットの缶

2017年 09月 19日 ( 1 )

はじまり

c0033994_22553734.jpg
弟くんのお誕生日祝いは地元のサッカーチームLA Galaxyの試合観戦でした。

長い眠りから覚める、弟くんを見ているとそう思います。早くに眠りから覚める子、時間をかけて眠りから覚める子、子供によっていろいろなんだと思います。
c0033994_22554759.jpg
揺さぶってもなかなか目が覚めない子、弟くんはそういう子なんだと思います。
子供を見ていると、人は一生で親にかける苦労は平等なのかもしれないと思います。小さい頃、親に苦労かけた子はそのあとはそれほどでもなく、手がかからなかった子は後々違う形で手がかかるのだと。
小さい頃、お兄ちゃんは寝ない子でよく泣いて、夜泣きもひどく(夜驚症)、食物アレルギーがひどく(小麦、卵、乳製品)、風邪をひくたびに肺炎になり、気胸でICUに2週間入院したこともありました。忘れ物もひどく、授業中には鼻歌を歌ってばかりで親子で先生に叱られていました。一方、弟くんは、赤ちゃんの時からよく眠る子で、お腹がいっぱいになったらコトンと眠りに落ち、こんこんと眠り続けて存在を忘れるほど手がかからない子でした。風邪もほとんど引かず、なんでも食べていつも静かで、くまのぬいぐるみのようだとだんなさまと笑っていた子でした。学校に入っても、言われたことはきちんとできるそういう子でした。
c0033994_22555332.jpg
ところが、4年生くらいから、急に停滞して来ました。周りのお友達は冬眠から覚めるように、その頃にはみんなしっかりと目を覚まして自分の足で歩き始めているのに、弟くんはぼんやり夢の中にいるようでした。親や先生がいくら力ずくで眠っている人の手を引くように歩かせてもうまく歩けません。この二年間は親子で苦しい年でした。
c0033994_22555983.jpg
この秋、ミドルスクールに入ってその長い眠りからやっと本格的に覚まそうとしています。
周りへの気遣いや、説明も順を追ってきちんとできるようになって、比喩を用いるようにもなりました。11歳で当たり前の事だけど、そうした成長はその子その子で違うのだとおもいます。
脳のシナプスが繋がっていく。
弟くんを見ていると、今まさに脳のエンジンがかかり始めて、動き出そうとしているのだと思います。始めるのに遅いことなんて何もない。
このブログを見てくださっている方で、もし同じように悩んでいる方がいて小さな支えになったらうれしく思います。


[PR]
by cinnamonspice | 2017-09-19 22:54 | まいにちのこと | Comments(2)