ビスケットの缶

小さな

c0033994_4444484.jpg
貝殻の鳥のブローチを胸にぽつん、小さなお気に入り。
鳥の巣だったらなぁ…。
数日前の暑い日のこと、ふと外を見ようと窓に近づくと、窓の網戸と窓ガラスの間窓枠に絵本の中で見たことがあるような蜂の巣が目に入りました。一瞬自分の目が信じられなくてもう一度目をやると、一匹の蜂がせっせと作っているところ。しかもスマートな無駄のない体はミツバチではなくどうやらスズメバチのよう。巣の大きさは5センチもないくらいでしたが、でもシャワーヘッドのような形の見事な蜂の巣がぶら下がっていました。思わず二年前の悪夢がよみがえって、興味津々の小人たちと格闘しながらすぐにだんなさまにレスキューを求めました。職場からあわてて帰ってきただんなさま、「よし、俺がやる!子供たちを頼む。」とタオルを巻いていざ出動。はたから見たらいでたちは怪しい人そのものでしたが、その背中はとても頼もしく大きく写りました。さて、蜂の巣はというとなんと窓枠の外にももうひとつ小さな別荘?が作られていたとのこと。せっかく立派な家を築いていた蜂さんには申し訳ないけれど、撤去させていただいて…ひとまず胸をなでおろしました。初夏を思わせる暑い日は、蜂たちの活動の季節だということ、改めて思い出しました。
[PR]
by cinnamonspice | 2008-05-02 05:14 | すきなもの | Comments(8)
Commented at 2008-05-02 08:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinnamonspice at 2008-05-02 09:22
鍵コメントさま☆
こんにちは♪やさしい言葉ありがとうございます。
また!?と、(だんなさまはニヤニヤ帰宅。)ただただびっくりでした。こんなにたくさんおうちが並ぶなかでナゼこんな狭くてマニアックなところに?というのが正直な感想だったり(涙)。小さかったけれどプーさんのお話に出てきそうな見事な巣でした。ただただ早く見つけてよかった…としみじみです。花は枯らしてばかりで虫にばかり好かれて…トホホです(><)
Commented by duck-rie at 2008-05-02 14:47
cinnamonspiceさん、こんにちは。
大変だったんですね!2年前も!!
一般庶民にとって蜂は危険ですもんね。あんなに美味しいハチミツを作ってくれているのに、申し訳ないですけど^^
でも、ひとまず解決、よかったです。
↓マルコメ弟小人くん、かわいいです☆
Commented by koharu827 at 2008-05-02 16:27
こんにちは。
キレイな貝のブローチ♪ 
鳥の巣ではなかったんですね。 刺されなくてよかったです。 
蜂の巣を撤去してくれたパパ、頼もしい!
難しそうですよね、撤去作業も。  見守るほうもビクビクハラハアラ。
小さい頃にハチに刺された記憶が蘇りました~。
Commented by arancia_1013 at 2008-05-03 23:29
こんばんは。
可愛いブローチ♪と思ったら、内容はなんだかいろいろ大変だったのですね。
この時期、飛んでいるのを見ただけで、ヒヤッとしますよね。私は職場が郊外で、たまに迷い蜂が・・・ドキドキですね。
旦那さまの大きな背中、頼もしかったでしょうね。見て育つ小人君たちもきっと頼もしくなりますね♪
Commented by cinnamonspice at 2008-05-07 10:27
duck-rieさん☆
こんにちは(^^)
蜂騒動に温かい言葉、ありがとうございます。
以前は遠い存在だった蜂たちですが、こちらにきてぐんと身近な存在になりました。行動パターンなど蜂にについて少し詳しくなったような…ハハハ(^^;)そんな悩ましい蜂さんたちですが、おいしいハチミツにはお世話になっているのですけれどね。ふふふ。
マルコメにも温かな一票ありがとうございます。
Commented by cinnamonspice at 2008-05-07 10:30
koharu827さん☆
こんにちは♪
鳥の巣ならぬ小さな蜂の巣でしたが、本当に怖かったです。。。プーさんのお話とかだととってもかわいらしくて楽しいのですけれど。ふふふ。
蜂の大群がきたらどうしよう…なんて、撤去した翌日までどきどきハラハラでした。
koharuさんも小さいころに蜂に刺された経験がおありなのですね。実は私も(涙)それ以来、蜂恐怖症だったりします。そういう人の元ほどやってきたりするものですね(><)
Commented by cinnamonspice at 2008-05-07 10:33
arancia_1013さん☆
こんにちは☆
うふふ、乙女なブローチの写真とうらはらになかなかハードな?!内容になってしまいました。それにしてもこの気持ちのいい季節は、蜂の季節なのですよね。とても頭のいい軍隊のような蜂たち、いつもアタックがあるたびに勉強になります。共存していくということの難しさを感じます。
虫が苦手なママと一緒にキャーキャー走る(でも少しお祭り気分の小人たち)、いつか虫退治名人になって守って欲しいものです。