ビスケットの缶

コーヒーの香り

c0033994_2042127.jpg
マーケットで見つけたレースとことり形の抜き型

一番最後まで時差ぼけをしていたのは私と弟小人。明け方一人起きては目がパチパチ。眠れないときはホットミルクが効くと聞いていたのを思い出して飲んでみたりするもののやっぱり目はパッチリ。時差ぼけのせいか、山の天気のように晴れたり曇ったりの体調に家篭り巣篭もりの日々。そのなかで一番うれしかったのはコーヒー好きの父とコーヒーを淹れて飲んだこと。「あなたがいなくなってから、お父さんはインスタントのものを飲んでいるのよ。」という母。「おいしいコーヒーでも飲むか。」という父とポトポトと落とした一杯はほうっと心にしみました。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-10-30 20:12 | すきなもの