ビスケットの缶

ガラスのボタン

c0033994_11524588.jpg
母の裁縫のボタンの缶の中で、透明の氷砂糖のようなボタンが大好きでした。四角いの、丸いの。たっぷりとおひさまの光が入る二階の部屋でミシンをかける母。その隣で小さな仕切りのついたクッキーの缶に詰まったボタンを、自分の好きなものごとに分けてみたりして。日なたの中できらきら輝くおいしそうなボタンをよく見ていたっけ。
そんな記憶を思い出したのは古いガラスのボタンを手にしたから。繊細にカットがほどこされたもの、小さな気泡が入ったもの(当時の空気が閉じ込められていると思うとどきどきするなぁ。)、エメラルドグリーンのボタンたち、おひさまの光を浴びて宝石のよう。どんな洋服についていたのだろう、その主はどんな人だったのかな…想像が膨らみます。
[PR]
by cinnamonspice | 2007-05-11 12:54 | すきなもの | Comments(2)
Commented by arancia_1013 at 2007-05-13 21:41
思わず口にポンッと入れたくなるような、キレイな色のボタンですね。本当にどんなものに付いていたのか、いろいろ想像がふくらみますね~。
私も洋裁は苦手ですが、ボタンはかわいくてついつい集めてしまいます。cinnamonさんはいつも上手に使われていますよね。私もその内、何か形になればいいなぁ…。妄想だけはふくらんでいます(笑)
↓ベランダカフェ、うらやましいです。うちの狭いベランダじゃ無理です…
Commented by cinnamonspice at 2007-05-14 10:35
aranciaさん☆
こんにちは(^^)ドロップのようなうふふ、おいしそうなボタンですよね。ミント味かなぁ。。。ナンテ、想像してみたりして。ガラスや貝殻のボタン、古いものはとても贅沢ですよね。
aranciaさんもボタンを集めていらっしゃるのですね。どんなボタンさんたちがいるのだろう。今度ぜひご紹介ください(ボタンおたくの会話のようですが。笑)そうそう、ボタンを前にいろいろ妄想が楽しいのですよね☆私も妄想派です。
ベランダカフェ、お客さん二人で満席になってしまう小さなカフェですが(笑)暑い夏も少し楽しみになりそうです。