ビスケットの缶

Isamu Noguchi

c0033994_214483.jpg
週末、以前オリーブさんがご紹介されていた、Isamu Noguchi展へ行ってきました。実は私もだんなさまも有名な彼のいくつかの家具のことしか知識が無いまま出かけた展覧会。彫刻などの作品を目の当たりにして、彼の家具の原点を見つけることができたように感じました。最後に展示されていた、家具の作品の木のベンチやソファなど(実際に個人で使われていたもの)は、使い込まれた姿がすてきに魅力を増していることに驚きました。彼の作品の力強さと静寂(優しさ)がとても印象に残る展覧会でした。さて、小人はというと…彫刻作品の迫力に圧倒されてか?(単にお部屋が暗かったから?)作品を前に半べそデシタ。
週末のおやつは…
c0033994_233356.jpg
           日本からお義母さんからいただいた抹茶プリン。和を満喫した一日デシタ。
[PR]
by cinnamonspice | 2006-04-19 02:34 | まいにちのこと | Comments(14)
Commented by sandy at 2006-04-19 09:38 x
Isamu Noguchiいいですよね~。
何年か前に、テレビで特集していて、機会があったら、展覧会とか行きたいな~と思っていました。

小人君を連れての、展覧会。小人君はきっと怖かったんでしょうね。
大人になると、展覧会とかの雰囲気は静かで、身の引きしまる気持でいいのですが・・・。でも、小人君はいつかこの展覧会のこと思い出すと思いますよ。本物を小さなときから見ているのって、いいと思います。

それに、小人君が感想を述べられるときになると、大人では考えられないようなこともいいますよ~。そんなおしゃべりも出来るといいですね。

抹茶プリンおいしそう!
我が家の今日のおやつは「lu」のビスケットです♪
Commented by annebm at 2006-04-19 19:27
こんにちは。イギリスのアツコです。
Isamu Noguchi、私の姉と義兄が大ファンで、その影響で私もとても興味がある人です。高知県にある彼の旧家が一般に公開されているんですが、とてもいいみたいですよ。特にそこにある、「エナジー・ボイド」という作品がすばらしいと、姉が言っていました。彼がデザインしたランプ・シェッドやソファー、コーヒーテーブルとか、たしかにアバンギャルドですごくすてきですよね。
展覧会とか美術館とか、いつまた行けるかなぁ・・アンを連れて・・う~ん、遠い先かな・・(笑)
Commented by 彩ママ at 2006-04-19 22:45 x
cinnamonさん、こんばんは!ここのところ、日本では暖かい日が続いていて、お散歩にちょうどいいです。いつもこうだと、日中いっぱい遊ばせて夜ぱたっと眠る!という好循環が生まれるんですけどねえ・・そうそう、muji4買いました♪cinnamonさんがおっしゃるように、本当に春を感じる音楽ですね!ずっとかけっぱなしにして、彩と2人で楽しみました。Isamu Noguchi、以前キムタクがナビゲーターでドキュメンタリー番組を見ました。小人ちゃん、緊張しちゃったのかな?それとも、感動して涙!かもしれないですよ!!!!!展覧会や美術館めぐり、したいなあ。あの研ぎ澄まされた空気が好きです。
Commented by Honig-Biene at 2006-04-19 23:12
こんばんは。
イサム・ノグチは明かりのオブジェも作ってるんですが、これが素敵なんです!岐阜県の㈱オゼキで買えるのですが、高くて・・・というか、わたしの部屋に似合わないんですが(^^;)
展覧会で半泣きのお子さまって、案外多いですね。「あの彫刻が怖い~」と泣き叫んでる子を見たことがあります。美術館の独特な雰囲気には、大人でも呑まれてしまうことがあります。小人くんはきっと感性が豊かなんですね。
しかし、おいしそうな抹茶プリンですね~。
Commented by cinnamonspice at 2006-04-20 03:47
sandyさん☆
こんにちは♪Isamu Noguchi展、小人を連れて久々の展覧会でした。日本で特集を組まれたのですね。私たちも行く前にもう少し勉強していけばよかったかなぁと作品を前にして、作品の生まれた背景などもっと彼のことを知りたくなりました。
展覧会、小人がお話しするようになったらsandyさんのおっしゃるとおり小人の視線の感想、おもしろいかもしれませんね。その日が楽しみになりました。「lu」のビスケットでおやつの時間、うふふ。おいしそうです☆
Commented by cinnamonspice at 2006-04-20 04:02
アツコさん☆
アツコさん、こんにちは☆高知県にある旧家、彼が生まれてお父様と別々に暮らされていたころのおうちでしょうか。彼のデザインした家具、時代を超えて本当にカッコイイの一言でした。小人を連れての展覧会、ちょっとハラハラドキドキですが、歩けるようになって小人もいろいろ楽しめるようになってきたところです。
Commented by cinnamonspice at 2006-04-20 04:06
彩ママさん☆
こんにちは(^_^)ぽかぽかのお日様の下(LAではギラギラのお日様になってきました。。。)お散歩、足取りも軽く弾みますね。本当お散歩はいっぱい刺激を受けて小人たちもバタンキューですね。うふふ☆
muji気に入っていただけてよかったです♪私もかけるときはいつもリピートにして聴いています。Isamu Noguchiのドキュメンタリー、私も見て見たいなぁ。作品を目の当たりにして、ますます彼のことを知りたくなりました。展覧会のぴりっとした空気を久々に感じた一日でした。
Commented by cinnamonspice at 2006-04-20 04:12
Honig-Bieneさん☆
こんにちは☆イサム・ノグチの明かりのシリーズ、展覧会で拝見しました。実は昔それとは知らず、似たデザイン(彼のではないのですが…汗)の明かりを日本の和室に使っていました。ちょっぴり甘酸っぱい思い出です。でもその照明のおかげで和室がぴりっとかっこよくなって好きでした。いつかホンモノを♪なんて思ってしまいます。
小人の半べそはさて、何を語ろうとしていたのでしょう(笑)美術館のトクベツな空気、少しずつ何かを感じ取って行ってくれたらうれしいです(^_^)
Commented by rizza at 2006-04-20 12:29 x
cinnamonspiceさん、はじめまして。
いつも更新を楽しみに拝見しています。

イサム・ノグチさん、名前だけは知っていましたが、今日はじめていろいろ検索して作品をじっくり見ました。
可愛い・・・。あまりの可愛さに見入ってしまいました。
もう亡くなられていて新しい作品を見ることができないのは残念ですが、膨大な量の作品を遺されているようなので、これから少しでもたくさん見たいなと思います。

*トラックバックもさせていただきました。
Commented by arancia_1013 at 2006-04-20 14:44
Isamu Noguchi展昨年だったか2年前でしたか、日本でやっていました。私も名前を漠然と知っているくらいでした。
でも素敵な作品を沢山残されているのですよね。大阪にも大阪万博の折につくられた噴水があるようですが、今は噴水としてはうごいていないんだそうです。
美術館の独特の雰囲気、その作品に集中して入り込んでいて出てくるとへとへとになっていることもありますが、子供は何かオーラを感じるのでしょうか。
Commented by katorin2002 at 2006-04-20 15:17
イサムだぁ〜って知り合いじゃないのに呼び捨てにしてみました、へへ。日本でやった時、行けなかったのだよなぁ。あれと一緒なのかな。楽しめた洋でなによりです。でもまだ小人くんにはあの雰囲気は耐えられなかったのでしょうね。独特ですもの、美術館って。時々とても小さなお子さんを連れていらっしゃる方を見かけますが、みなさん苦労されているようで・・・静かにしなさい、とか、さわっちゃだめよ、とか、もう大忙し。本当にお父様お母様おつかれさまです。小さいときからふれられるっていい事だと思うのですがね。いかんせん、さわっちゃだめ!ってものが多いから。
うーん、鶯色だぁ、まるくてとろんとしていてかわいいね。いっただきまーす。

Commented by cinnamonspice at 2006-04-21 07:05
rizza さん☆
こんにちは♪コメントくださってありがとうございます(^_^)TBもとてもうれしいです☆
私も今回イサム・ノグチさんの展覧会に行って、さらにもっと彼のこと(作品や人生など)詳しく知りたくなりました。今回展示されていた以外の作品たちにも機会があったら見てみたいです☆時間を経てさらにカッコイイ、穏やかで(優しくて)力強い作品たち。きっと彼もそんな人だったのかなぁ、なんて、想像したらますます興味がわきます。
Commented by cinnamonspice at 2006-04-21 07:40
aranciaさん☆
こんにちは(^_^)今回の展覧会、想像以上にこじんまりとしたものだったので、見た後まますます彼のほかの作品や人柄についてもいろいろ知りたくなりました。同じ日本人の血を引くと思うととてもうれしくなります☆
Commented by cinnamonspice at 2006-04-21 07:43
カトさん☆
ふふふ☆イサムさん、本当にかっこよかったです(^_^)ときにspiritualな彼の作品たち、小人も彼の世界に圧倒されてしまったのかなぁ(笑)彫刻は確かに絵画以上に小人たちには魅力的なのかもしれませんね。触ってみたい甘い誘惑と…(笑)海外の展覧会は日本のものより自由な空気が子供を連れて行くのにもありがたいです。