ビスケットの缶

春休み

c0033994_06014351.jpg
家の中に少しずつイースターを。
アンティークのシェーカーボックスにポーランドの手描きのイースターエッグを入れて。
作られた国も年代も違うけれど、古いものはすっぽりまあるくひとつの空気を作ります。
たまごのまあるい形は見ていると心もまるくなるように感じます。


子供たちの春休みが始まりました。
春休み前の大きな学校のプロジェクト、弟くんの大きなState Reportが終わり、みんなほっと一安心しました。
7th Gradeのお兄ちゃんは英語の授業で自由なテーマでエッセイを書く宿題をいつの間にかおわらせていましたお兄ちゃんはミドルスクールに入って一人で大きなレポートもいつの間にか終えるようになり、自立しました。
みんなそれぞれやり遂げて楽しい春休みへ。

母が好きな言葉に、海援隊の曲で「贈る言葉」の「人は悲しみが多いほど人には優しくできるのだから」という言葉があります。
人の痛みが分かる人、はそういう人なのかもしれません。
少し前から、子供たちにたずさわるお仕事をさせていただいています。
そういう気持ちで、心をこめて子供たちと向き合う日々です。

さて、そろそろ自然が恋しくなってきました。
からからの大地に水がしみこむように、春休みの間に自然のエネルギーのシャワーを受けにキャンプに行けたらいいなと思います。





[PR]
by cinnamonspice | 2017-03-26 06:17 | すきなもの | Comments(0)