ビスケットの缶

旅を終えて

c0033994_10391718.jpg
ハワイから帰って夢の中にいたような気持ちでいます。
c0033994_211041.jpg

魚たちが暮らす透明な海、今も生きる力強い火山、熱帯の植物、溶岩の大地、牧草地、ハワイ島は変化に富むスケールの大きい自然が美しい島でした。
c0033994_11441114.jpg
c0033994_10182834.jpg

波打ち際でちょっと海面を覗くと、黄色や黒、緑や青、グレーやオレンジ色鮮やかな色彩豊かな熱帯の魚が泳いでいるのが見えました。(水面からも見えるほど。)
熱帯の魚たちは色だけでなく、斜めや縦、横にラインが入っていたり、色鮮やかなdotがあったり、とても斬新なデザインの洋服をまとっていて驚きました。
今回の旅で会えたらいいな、と思っていたウミガメにも会うことができました。藻や貝などを甲羅につけた大きな大きなウミガメが、徳を深めた仙人のような迫力で空をとぶように足を羽ばたかせてゆったりと泳ぎながら大きな海へ帰っていくのを見たとき胸がいっぱいになりました。自由に海を泳ぐウミガメはハワイの象徴のようにも感じました。
子供たちはずっと会いたかったHumuhumu-Nukunuku-Apuaaを見たんだよ、と興奮気味に教えてくれました。
いろんな魚たちのなかで、私の心に残った魚はBullethead Parrotfishという魚でした。緑の体が七色の虹色のように光る不思議な色の魚で、一メートル近い大きなものが目の前をゆうゆうと泳いで行きました。
c0033994_11221033.jpg
(画像はお借りしています。)

Parrotfishもウミガメも、ずっとここで暮らしているのだと思いました。
ハワイの海は水深2メートルもないような浅瀬でも、こんなにもいろんな魚がふつうに暮らしているということに驚きました。
カレイやフグ、ウツボ、水族館でしか見たことのないような魚たちも目の前を泳いでいきました。
そのたびに声にならない歓声をあげて(シュノーケリングの器具があるので)、身振り手振りで家族で教えあいました。
この7日間の滞在中、ハワイの海でみんなそれぞれに特別な思いれのある魚を見つけることができました。
c0033994_393872.jpg
c0033994_3101279.jpg

出発の日の朝、ラナイで食事をしていると、イルカの群れが沿岸を泳いでいくのが見えました。
カラフルな魚が泳ぎ、ウミガメが泳ぎ、イルカが泳ぐ海、ハワイはゆっくりと時間が流れているのを感じます。
いつもはもう少しいたいなぁ、もう少しあれをしたかったなぁと欲が出ますが、今回の旅は会いたい人(海の生き物)や、見たい景色を見ることができて、とても満ち足りた気持ちになりました。
大きな自然に包まれて美しいもので心もいっぱいになった7日間でした。
長い旅の記録にお付き合いくださってありがとうございました。
c0033994_11523957.jpg

c0033994_11522031.jpg

[PR]
by cinnamonspice | 2016-08-15 04:01 | まいにちのこと | Comments(2)
Commented by pregood at 2016-08-16 14:57 x
ハワイベルトロードの真っ直ぐでありながら起伏のある道。私も大好きです。滑走路を走っている感じ。まるで空に飛び出してしまいそうな気がします。 
ハワイ島にアメリカ最南端とされる場所があるのをご存知でしたか? 四駆じゃあないといけませんが近くまでだったらいけるんです。 風力電気の白い風車が遠くに見えてくると あぁ、あそこだ。 って感じで。

昨日は相方の子供達が揃って(孫とか色々)マウララニのビーチに集合。いえ終結。 
で、今日は一人が仕事を早退して帰ってきました。
頭いたい。 って。 熱中症です。朝から夜まで遊んでたんだから仕方がない。 アイスノン引っ張りだして横にさせて暫くしたら落ち着いたみたい。 おい、ハワイアン。しっかりしろ。 っていいそう。(笑)

魚だけでなく植物も食物もハワイ固有の物もたくさんあり、野生動物もワイルドボア(野豚)や山羊も。(庭で飼ってる人もいます。)相方もベースで三匹の子豚ちゃん達にせっせとご飯を。 で、ある程度の大きさになったら召し上がります。 私はご辞退。 よく冷蔵庫を開けると顔がこっちを見てて ぎょっ! とします。(お祝い事には欠かせません)
マングース・ロバ・山羊・七面鳥なんかはコーヒー・砂糖農園、牧場等で使われてたのが野生化したみたいで、鳥にもハワイ固有の物 ネネ・プエオ等います。 プエオはうちのヤードにも居るみたい。夜にしか行動しないのですが羽音がし、獲物を捕っているみたいです。ちらりと姿を見たことあります。 フクロウの仲間です。

11月以降の鯨のお産シーズンもいいものです。
お母さんとちびちゃん。 潮吹きの練習やらしてるのが見えます。

私もこの島がゆるりとこのままいて欲しいと思っていますがデベロッパーはそういう訳にはいかないみたいです。
昔はエアポートの信号1つしかカイルアタウンに向かって無かったんですけどね。(そうですよ。まだ20年未満前の話) ま、それでお仕事請け負う人達が居て、生活に循環されると思うと そういうものかな。 って思うしかないのでしょうね。
Commented by cinnamonspice at 2016-08-17 07:04
+pregoodさま+
ハワイのまっすぐだけど、起伏のある道、気持ちがいいですね。(しかも混まない!)
空へ飛んでいきそうな感じ、本当におっしゃるとおりです!
ハワイ島はどこを切り取っても美しくて、気付いたらたくさん写真を撮っていました。

週末はご家族で集われたのですね。賑やかそうで楽しそうです~
マウナラニのビーチ、beach 69の近くでしょうか。
気持ちよさそうですね。熱中症大丈夫ですか?遊び疲れの熱中症ならちょっとハッピー?!(ってことないですね。)

ハワイ固有の生き物、とても貴重ですね。
空港の検疫なども厳しいのも納得です。
そうやって守っていきたいですね。
そうそう、動物といえば、空港の目の前の道路沿いの丘の上で、夕暮れ時ヤギ(野生化しら?)がりりしく立っているのを見かけました。Costcoのガソリンスタンドには鶏が「コケコッコー」と朝鳴いていましたっけ。ひよこさんたちもそれにくっついて歩いていました。そういうシーンひとつひとつに心がほどける思いがしました。さすがハワイ!ですね。
庭でワイルドボアやヤギ、すごいですね。今の時代にもこんなに自然にぴったり寄り添って暮らすことが当たり前になっているってすごいことですね。
冷蔵庫に豚さんの顔?!すごいですね(苦笑)日本人にはぎょっですが、ごちそうってことですね。
Neneちゃんは残念ながら国立公園へ向かう道の途中の道路で亡くなっているのを見かけたとだんなさまが言っていました。
でも、こんなに道路標識でいろんな動物のCrossingのサインを見かけたことがないくらい、さまざまな動物のサインを見つけるのも楽しかったです。

鯨のシーズンはまた特別ですね。
海も山もそのままでいてほしいけれど、少しずつハワイ島も変わっているのですね。
そのスピードが速まないことを心から祈るばかりです。
そうそう、エアポートもなかなか衝撃的でしたよ。
滞在中、空港前は唯一渋滞がありましたが、信号が一つという時代もあったんですね。
国際空港だけど、タラップの乗り降りで、しかも建物がすべて屋外というのも衝撃でした。
本当に自然とひとつということを実感しました。