ビスケットの缶

紅茶

c0033994_10321138.jpg

紅茶を飲もうと思うときは風邪をひいたとき、体が疲れているとき、体が冷えたときなど体がSOSのサインを出しているときが多いです。
私にとっては薬のようなものなのかもしれません。
紅茶の国から海を越えてはるばる私の誕生日にお友達がプレゼントを贈ってくれました。
包みを開けるとふわんと紅茶のよい香りがこぼれてきました。
大好きなアールグレイの紅茶と、私にちなんでapple cinnamon gingerの紅茶。
あたたかい気持ちがこもっていて胸がいっぱいになりました。
少し前に弟くんからお兄ちゃんと私が風邪をもらって、声が出ない日がありました。
そのときふと思い出して、いただいたapple cinnamon ginger teaを飲みました。
シナモンとさりげないジンジャーにお風呂上りのようにぽかぽかと体の芯まであたたまりました。
紅茶も友達も似ているように思いました。
苦しいときに体の奥まであたためてくれる。
本当にそういうものだと思います。

みなさまもあたたかくされて引き続きすてきな週末をおすごしくださいね。
[PR]
by cinnamonspice | 2016-02-28 10:54 | すきなもの | Comments(2)
Commented at 2016-02-29 21:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinnamonspice at 2016-03-02 01:58
+鍵コメントさま+
こんにちは。
風邪はいただいた紅茶の効果もあって、おかげさまでほとんどよくなりました。
コーヒーは体を冷やすと言うけれど、紅茶は体を温めてくれますね。体の芯まで暖かくすることって大切だなと思いました。自分を大切にしてあげる時間も大事ですね。
お仕事は弟小人の学校でのお仕事なんです。
可愛らしい幼稚園の子供たちに毎日笑顔を分けてもらっています。
アールグレイもいただきました。上品で優雅ですね。紅茶は香りを楽しむ要素が大きいですね。アールグレイと言っても、口に含んだ時それぞれ香りも違って奥深いですね。
アメリカでは美味しい紅茶を手に入れるのが難しいので、自分を甘やかす時間に大切にいただきます。ありがとうございます。