ビスケットの缶

二つの世界

c0033994_826989.jpg
鎌倉で訪れたカフェ、「ミンカ」。
お日様さしこんで、緑がまぶしい心地よい空間でした。

アメリカで暮らすようになって、日本へ帰るたびに不思議な感覚になる。
ひとつの扉を隔てて日本とアメリカと二つの世界が存在するところをイメージする。
私たちはパタン、パタン、とその扉を開けて二つの世界を行き来する。
どちらもリアルな夢のように、アメリカにいるときは日本にいる自分の姿がぼんやりと影を薄める、逆に日本にいるとアメリカで暮らす自分の姿が夢を見るようにぼんやりとしてくる。
どちらも本物でどちらも夢。

日本へ来て一ヶ月、やっと人ごみを上手に歩けるようになった。
子供たちは電車の乗り方を覚え、PASMOも使いこなせるようになった。
そんな日本の生活も残り少なくなってきた。

日本が大好きなお兄ちゃんは、日本の暑さに弱い。
少し前の暑さとともにもらってきたお兄ちゃんの風邪は臨海学校前になんとかよくなって間に合った。
けれど、久しぶりにアトピーの症状が出てきていて臨海学校の後の疲れもあって少し気分もすぐれない。
今回、日本は湿度があるからと油断してお兄ちゃんの保湿クリームやボディーソープを持ってこなかったのがいけなかった。
慌ててドラッグストアに駆け込んだ。
「アメリカが恋しくなっちゃった。」
眠る前、これまでで初めてそんな言葉が漏れた。
アメリカと日本、お兄ちゃんと弟はどんな風に感じているのかな。
[PR]
by cinnamonspice | 2015-07-17 08:40 | いろいろ | Comments(4)
Commented at 2015-07-19 14:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinnamonspice at 2015-07-19 22:20
+鍵コメントさま+
こんにちは。
コメントありがとうございます!とてもうれしいです。
上のお子さんは小人と同じ年でしょうか。お近くに感じてうれしいです。

「二つの世界」を行き来する生活をされているのですね。
アメリカと日本、アメリカも場所によっては日本に近いところもあるのかもしれませんが、まったく違う世界を行き来すると不思議な気持ちになりますね。
特に日本は本当に近未来都市のようで、あらゆるスピードが速くて、ひしめくように建つ建物も、人もものも刺激的ですね。

静と動、あらゆる世界を経験することは心の中の世界が広がることになりますね。
小人たちも自分たちでたくさん外へ向かって、心の世界をもっともっと広げてほしいと思います。

鍵さんはアメリカと日本(横浜)そしてご実家と三つの世界を行き来していると考えることもできますよね。
鍵さんは夏は三つの世界のどちらですごされるのでしょう。
どうかすてきな夏を、おすごしください。
またお話させてくださいね。


Commented at 2015-07-25 01:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinnamonspice at 2015-07-26 17:34
+鍵コメントさま+
こんにちは。
おぉ、上のお子さんは我が家のお兄ちゃんと同じ歳なのですね。
難しい年齢、とってもわかります。
子供たちはこういうときにぐんと成長するのでしょうね。(私自身、実際には毎日苦闘しているところですが。苦笑)

日本はテーマパークみたいですよね。
いろんなおもしろいものがぎゅぎゅっと詰まっています。
大人も子供もそんなテーマパークにいる感覚で、いろんなアトラクションを楽しんできました。

鍵さんはカリフォルニアの暮らしを楽しまれているのですね。(私たちも昨日かえって来ました。)
こちらは流れる時間がゆっくりのんびりと感じますよね。
海外での暮らしは、その国では外国人ということで人とのつながりを日本にいるときよりも強く感じますね。
家事をすることのない生活、うらやましいです!!
アメリカと日本と、二つの国を行き来することで、それぞれにそれぞれのよさがありますね。
心地よいカリフォルニアの夏、どうか楽しまれてくださいね。